【今話題!?】Whatever it takesの使い方をマスターしよう!

”Whatever it takes”というフレーズを聞いたことはありませんか?私は最近よく耳にするフレーズで、初めて聞いたのは好きなバンドの曲のタイトルとなった時。そして、2019年からは、あの超話題の映画の予告動画で繰り返されることから再び注目を集めました。そこで今回は、使えたら格好いいWhatever it takesの使い方をマスターしましょう!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

Whatever it takesの意味を確認!

結論から言うと、Whatever it takesの意味は「何としてでも」や「どんなことでもする」です。オンライン辞書のThe Free Dictionaryは、Whatever it takesを以下のように定義しています。

Anything necessary to complete a task or goal, usually with a sense of reckless abandon
タスクや目標を達成するために必要な全てのこと。

出展:The Free Dictionary

Whatever it takesを使う上で、覚えておくべきニュアンスが、目標やタスクなど何かをやり遂げるということ。達成すべき目標や困難などが前提としてあるわけです。そして、それは時に無謀な挑戦であったり、不可能と思える目標だったりします。そのような、困難な目標を達成するためなら、何でもするというのがWhatever it takesのニュアンスとなります。

例文を見ていきましょう。

I will do whatever it takes to achieve the goal.
ゴールを達成するためなら、どんなことでもする。
He will do whatever it takes to win the game,
彼はゲームに勝つためなら、何でもする。

このように、Whatever it takes to 動詞の原型(~するために何でもする)という形で使われることが多いです。

では、ここからは実際にどのように使われるのかを見ていきましょう。

<関連広告>英語教材「集中5分!スラスラ話せる英会話<ビジネス編>」

Avengers Endgameの場合 

※アベンジャーズインフィニティウォーの簡単なネタバレあり

2019年になって、Whatever it takesを頻繁に聞くようになった理由は、アベンジャーズシリーズの新作「アベンジャーズ/エンドゲーム」でWhatever it takesが頻繁に繰り返されているからです。

上の動画の1分30秒あたりから、ヒーローたちがWhatever it takesと口にします。前後のセリフを書き出してみましょう。

Even if there's a small chance, we owe this. To everyone who’s not in this room, to try.
可能性がほぼ0だとしても、私たちはやらなければいけない。失った仲間たちのために、やらなければいけない。

We will. Whatever it takes.
やるさ。
Whatever it takes.

Whatever it takes.

Whatever it takes.

ここでの、Whatever it takesの意味を考えていきましょう。その前に、少し前作インフィニティウォーのネタバレに入ります。前作のラストで、サノスが指ぱっちんをして、宇宙の生命体が半分消え去りました。上のセリフでの、「失った仲間たち」とは、消え去ったヒーローや生命体のことを指します。

そして、ヒーローたちが達成しなければいけない目標は、サノスを倒すこともしくは宇宙を救うことかもしれません。どのような目標であるとしても、生半可な覚悟で達成できるものではありません。

史上最強の敵サノスに立ち向かうということで、命を落とすリスクは十分にあります。そのリスクを承知して、ヒーローはサノスに立ち向かう。つまり、彼らは命をかけて目標達成に向かっているのです。

上の動画の日本語訳では、Whatever it takesを「命をかけて」と訳しています。確かに、「何としてでも」や「何が何でも」より「命をかけて」と訳した方がしっくりきますよね。

<関連広告>ジオスオンライン

“Whatever It Takes” – Imagine Dragons

次に見ていくのは、イマジン・ドラゴンズの人気曲”Whatever it takes”です。タイトルに今回のテーマであるWhatever it takesが入っています。この曲のテーマは、「どんなに高い壁や困難な障害物があっても、ベストを尽くす」というもの。まあ、目標に向かって全力に走り続けるということですね。Whatever it takesが出てくる部分を見ていきましょう。

Whatever it takes
何としてでも
'Cause I love the adrenaline in my veins
血管にアドレナリンが駆け巡る感じが好きだから
I do whatever it takes
何としてでも、やってみせる
'Cause I love how it feels when I break the chains
鎖を引きちぎった時の感覚がたまらないから
Whatever it takes
何としてでもな
Yeah, take me to the top
トップへ連れていってくれよ
I'm ready for whatever it takes
何でもする準備はできているぜ
'Cause I love the adrenaline in my veins
アドレナリンが血管を駆け巡る感じが好きだから
I do what it takes
何でもするさ

この曲では、Whatever it takesがあるおかげで、意思の強さを感じられますね。特に、Yeah, take me to the top, I’m ready for whatever it takes(てっぺんへ連れていってくれよ、何でもする準備はできているぜ)の部分は注目です。

トップになるためなら、どんな犠牲や努力も払う(何でもする)というのは、とても強力なメッセージではないでしょうか。実際に、何でもするかどうか、命を失うかどうかは別として、Whatever it takesを使うことで意思の強さを表現できます。

<関連広告>Bizmates

まとめ

Whatever it takesのポイントをまとめると以下の通りになります。

    ・意味は「何としてでも」や「何でもする」
    ・困難な目標や仕事などを達成するというニュアンス
    ・意志の強さを示すこともできる

Whatever it takesは、日常生活でも使われることが多いフレーズです。その時に、しっかりと理解できるように、そして自分も使えるようになるために、ぜひWhatever it takesの理解を深めてください。

We will keep learning English whatever it takes to achieve the goals!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°


トップへ戻る