短期間で英語を学ぶなら日本人のいないところを選ぶ

留学したら、誰もが英語をマスターして英会話もぺらぺらになって帰国したと思うことでしょう。しかし、実際留学してみたら、その学校には意外にも日本人が多く、日本語を話す機会もたくさんあるために、英語力が伸びなかったという人もいます。そのようなことを避けるために、もしも本気で英語を学びたい、短期で集中して学びたいという時には、日本人のいない学校、地域を選ぶ方がいいでしょう。
周りに日本人がいなければ、現地の人と英語で話すことは必須です。英単語がはじめは分からなくても身振り手振りで一生懸命話すでしょう。はじめはそれでもいいのです。一生懸命さが伝われば、相手も一生懸命聞き取る努力をしてくれます。そしてだんだん友人関係、信頼関係が生まれてくるのです。
それを来る返すうちに、次第に英単語を覚え、日常フレーズなど習得し、英会話もスムーズにできるようになるのです。短期間であっても、英語漬けの環境に自分の身を置いておくと、知らず知らずのうちに英語力が身に付いていることもあります。
日本人が全くいなくても大丈夫です。もしもの時は、留学をサポートしてくれる会社も相談に乗ってくれます。また学校の先生や友人も相談に乗ってくれるでしょう。
M・A、40歳、女性

トップへ戻る