英会話だって地道な努力がものを言う!

「英語を母国語としている国に行けば、自然と英語力が伸びる!」ですとか、「外国はいるだけで自然と英語が身に付く」ですとか、はたまた「何も知らない状態でポーンと海外に行ったって、英語は自然と話せるようになるんだからー」などと言っている人がいますけれど、私からすれば「それ全部ウソやで!」と、思わず突っ込んでしまいたくなるのですよね。

いや、実際にそのような人もいるのかも知れませんが、けれども「自然に身に付く」なんて、10歳以下の子ども限定だと思うんですよね。現に私は、10代の頃は親の転勤にともなって、いくつかの国に住むことがありましたけれど、やっぱり「自然に」は身に付いていないと思ったからです。やっぱり努力をしないと、英語は身に付かないと思いますね。

そりゃあ、ヒアリングに関しては、英語漬けの環境ですから自然に上達していったでしょうけれど、しかし知らない言葉を知らないままにしていては、英語力はアップしませんよ。「自然と身に付く」のを待っているのではなくって、やっぱり自分でたくさん英単語を覚えて使っていかないと、身に付いていかないですから。

やっぱり英語力がグンと伸びるかどうかは自主勉強にかかっていると思うんですよね。英単語を覚えたもの勝ちというか、英単語をたくさん知っていれば、後はなんとかなったりしますので。英単語を覚えることに関しては努力ですが、その他の部分は自然と会話の中で身に付いていくものも多いとは言えるでしょう。

T.U、女性、30歳

トップへ戻る