【洋楽】ショーン・メンデスとカミラ・カベロの”Señorita”で英語学習

GoogleAdManager

全世界のティーンに絶大な人気を誇るのが、ショーン・メンデスとカミラ・カベロ。2人はプライベートでも仲が良いことで知られていますが、2019年2度目となるコラボ曲Señorita”を発表しました。情熱的でラテンな雰囲気を感じられるMVも話題になりましたね。今回はショーン・メンデスとカミラ・カベロのコラボ曲”Señorita”で英語学習しましょう。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

”Señorita” – カミラ・カベロ、ショーン・メンデス

I love it when you call me señorita
I wish I could pretend I didn't need ya
But every touch is ooh-la-la-la
It's true, la-la-la
Ooh, I should be runnin'
Ooh, you keep me coming for ya
あなたが私をセニョリータと呼ぶ瞬間が好きなの
あなたなんて必要ない振りができたらいいのに
でも、あなたの手が私に触れると
これは本当なの
走り出すべきなんだけど
あなたを追いかけるのを止められない

【単語解説】
・I love it when~
これはよく使われる表現。Itが示すのは、When以降の文章です。歌詞では、「あなたがセニョリータと呼ぶ時」=Itということ。
・pretend – ~の振りをする
・Keep O C – OをCの状態のままにする

Land in Miami
The air was hot from summer rain
Sweat drippin' off me
Before I even knew her name, la-la-la
It felt like ooh-la-la-la, yeah, no
Sapphire moonlight, we danced for hours in the sand
Tequila sunrise, her body fit right in my hands, la-la-la
It felt like ooh-la-la-la, yeah
マイアミの大地
夏の雨のせいで空気は熱くなっていた
汗が流れ落ちる
彼女の名前さえ知らなかったのに
まるで歌いだしたくなったよ
サファイアの月の光に照らされながら、砂浜で何時間も踊った
テキーラサンライズを飲みながらね、僕の手に彼女の体がフィットした

【単語解説】
・sweat – 汗
・drip off – 落ちる、滴る
・sapphire – サファイア
・moonlight – 月の光
・tequila sunrise – カクテルの名前

I love it when you call me señorita
I wish I could pretend I didn't need ya
But every touch is ooh-la-la-la
It's true, la-la-la
Ooh, I should be runnin'
あなたが私をセニョリータと呼ぶ瞬間が好きなの
あなたなんて必要ない振りができたらいいのに
でも、あなたの手が私に触れると
これは本当なの
走り出すべきなんだけど

Ooh, you know I love it when you call me señorita
I wish it wasn't so damn hard to leave ya
But every touch is ooh-la-la-la
It's true, la-la-la
Ooh, I should be runnin'
Ooh, you keep me coming for ya
知ってるでしょ、あなたが私を「セニョリータ」と呼ぶのが好きって
簡単に立ち去ることができたらいいのに
でも、あなたの手が私に触れると
これは本当なの
走り出すべきなんだけど
あなたを追いかけるのを止められない

Locked in the hotel
There's just some things that never change
You say we're just friends
But friends don't know the way you taste, la-la-la (La, la, la)
'Cause you know it's been a long time coming
Don't ya let me fall, oh
Ooh, when your lips undress me, hooked on your tongue
Ooh, love, your kiss is deadly, don't stop
ホテルに閉じこもって
いつまでも変わらないものは少ししかないわ
私たちはただの友達とあなたは言った
でも、友達たちはあなたがどんな風に味わうかを知らない
だってずっと待っていたんだから、分かっているでしょ
がっかりさせないでよ
ああ、あなたの唇が私を裸にする、舌が絡んだの
ああ、あなたのキスが大好き、止めないで

【単語解説】
・just – 数を強調するJust、「~だけ」
・taste – 味わう
・it’s been a long time coming – ついにやってきた、ずっとこの時を待っていた
・deadly – 致命的な
・undress – 脱がす
・lips – 唇

I love it when you call me señorita
I wish I could pretend I didn't need ya
But every touch is ooh-la-la-la
It's true, la-la-la
Ooh, I should be runnin'
あなたが私をセニョリータと呼ぶ瞬間が好きなの
あなたなんて必要ない振りができたらいいのに
でも、あなたの手が私に触れると
これは本当なの
走り出すべきなんだけど

Ooh, you know I love it when you call me señorita
I wish it wasn't so damn hard to leave ya (So damn hard to leave ya)
But every touch is ooh-la-la-la
It's true, la-la-la (True la-la)
Ooh, I should be runnin'
Ooh, you keep me coming for ya
知ってるでしょ、あなたが私を「セニョリータ」と呼ぶのが好きって
簡単に立ち去ることができたらいいのに
でも、あなたの手が私に触れると
これは本当なの
走り出すべきなんだけど
あなたを追いかけるのを止められない

All along I've been coming for ya (For you)
And I hope it meant something to you (Oh)
Call my name, I'll be coming for ya (Coming for you)
Coming for ya (Coming for you)
For ya
For ya (Oh, she loves it when I call her)
For ya
Ooh, I should be runnin'
Ooh, you keep me coming for ya
いつまでもあなたのところへ行くわ(君のために)
あなたにとって何か特別だといいな
私の名前を呼んで、あなたのところへ行くから
君のために
君のために(ああ、僕が呼ぶのを彼女は好きなんだ)
走り出すべきなんだけど
あなたを追いかけるのを止められない

官能的な歌詞が描いているのは、友達以上恋人未満の曖昧な関係性です。ファンの視点から見れば、ショーンとカミラの関係性をそのまま歌に表しているかのよう。カミラには恋人がいましたが、今曲リリースの数日後に破局が判明しました。そのため、ファンたちは2人がくっつくことを願っているようです。ただ、あくまでも2人の関係性はJust Friendsなのかもしれませんね。

まとめ

今回はカミラ・カベロとショーン・メンデスのコラボ曲”Señorita”の歌詞を見てきました。レトロで情熱的な曲調は、いつまでも頭に残りますよね。英語のインプットにも最適なので、何度も歌って実践で使えるようにしてください。これからも2人にはコラボ曲を出してもらいたいですね。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

トップへ戻る