これで自己紹介も怖くない!簡単英語表現

中高で英語を習ったきりで、再び勉強したい!と思っている人の中には、「とりあえず英語で自己紹介ができるようになりたい」という方が多いような気がします。

では英語で自己紹介ができるようになるには、どうすればいいのでしょうか?

簡単です。

基本的な言い方を覚えてしまえば良いのです。

今回は、簡単にできる自己紹介の英語表現について紹介します。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

■まずは名前を言いましょう

名前を言うときは、“I am (名前).”または“My name is (名前).”を使います。

My name is~で習った方が多いと思いますが、私はどちらかというと、I am~の言い方を好んで使います。

I am~だと、「私は~です」という感じですが、

My name is~だと、「私の名前は~です」という感じです。

日本語で普通に自己紹介するときに、

「私の名前は山田です」とはあまり言いませんよね。

「(私は)山田です」というほうが自然です。

一方で、日本語を習ったことのある外国人は、

「私の名前はトムです」という風に言うことが多いです。

海外の日本語テキストに、自己紹介のときは「私の名前は~です」と言いましょう、と書かれているのだと思います。

どちらも間違いではありませんし、 “My name is~”も使われないわけではありません。

好きなほうを使いましょう。

I am Yamada.

My name is Yamada.

<関連広告>今だけ、無料体験レッスン50%増量中!オンラインレッスンのレアジョブ英会話

■ニックネームを言いましょう

もし覚えやすいニックネームがある場合は、それも教えてあげるといいでしょう。

名前によっては、海外の人にとって発音が難しいものもあり、ちゃんと呼んでもらえるまで練習が必要な場合があるからです。また、ニックネームがあると印象にも残るし、親しみもわくため、海外用に自分で作るのもいいかもしれません。

私が留学していたカナダの日本人友達でも、イングリッシュネームを使っている人が何人かいました。

さて、それではニックネームを言うときはなんと言えばいいのでしょうか。

“Please call me (ニックネーム).” 「(ニックネーム)と呼んでください。」

これで大丈夫です。簡単ですね。

最初の流れと合わせると、こんな感じになります。

I am Yamada. Please call me Yama.

<関連広告>本格的な留学の前にまずは0円留学

■出身地を言いましょう

名前のあとには、出身地を言うことが多いです。

出身地を言うときは、「~から」という意味の前置詞 “from”を使ってこう言います。

I’m from Tokyo, Japan”「日本の東京出身です」

■「好きなこと」を言いましょう

名前・出身が言えたら、あとは趣味を話せたら素敵ですね。

「趣味は~です」というと、 “My hobby is ~”というフレーズが頭に浮かぶ人も多いかと思いますが、日本語の「趣味」と “hobby” は少しニュアンスが違います。

日本語ですと、「趣味は何ですか?」と聞かれると「買い物」とか「漫画を読むこと」とか答えたりしますよね。

でも、「買い物」「漫画を読むこと」って、趣味ではあるかもしれないけれどhobbyではないのです。

趣味→楽しみとしてやっている事柄全般(暇つぶしにやっていることも含む)

hobby→本業以外の積極的・創造的な活動(スキルや努力を要するもの)

つまり、「フィギュア集め」や「テニスをすること」、「絵を描くこと」などがhobbyに当たります。

なので、あなたがこれらを好きな場合には、

“My hobby is painting.” (趣味は絵を描くことです)

という風に言えます。

一方で、「買い物」や「漫画を読むこと」が趣味と言いたい場合には、 “I like~”を使って、

“I like shopping.” “I like reading comics.”

と言えば大丈夫です。

余談ですが、このように“hobby”は暇つぶし以外の積極的な趣味を意味するものなので、“hobby”を持たない人もいます。

そのため、初対面の人に“What is your hobby?”と聞くのは一般的ではありません。

日本語の「趣味は何?」というニュアンスで質問をしたいときには、

“What do you do in your free time? ”(暇なときは何をしていますか?)

などと聞くと良いでしょう。

<関連広告>大学生向け実績No.1海外インターンシッププログラム

■まとめ

「英語で自己紹介」と聞くと、「難しそう」と身構えてしまうかもしれませんが、実際は難しい言葉は一切使わずに簡単にできるものです。

今回出てきた言い回しで作ってみますと、こんな感じになります。

“Hi, I’m Taro Yamada. Please call me Yama.

I’m from Tokyo, Japan. I like shopping, reading comics, and playing video games.”

もちろん、趣味の内容など、もっと詳しく話しても良いと思います。

まずはシンプルな自己紹介文を自分で考えて、スラスラと言えるようにすることから始めてみてはいかがでしょうか。

<今回ご紹介した内容を要約すると>

・自己紹介のときは、名前のあとにニックネームを言うと良い

・「趣味」と “hobby”の違いに注意

・まずは簡単な自己紹介からできるようにすることがオススメ

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る