“will”と “be going to” の違いって?

未来の予定や、「~するつもり」のことを話すときに欠かせないのが、未来を表す助動詞 “will”です。

この “will”ですが、確か中学・高校時代に 「“be going to”に置き換えても同じ意味になる」と習いませんでしたか?

例えば、

「私はパーティーに行くつもりです。」という意味の

I will go to the party. は、

I am going to go to the party.

と言うこともできる、ということです。

これは間違いではありません。

ですが、 “will” を使うか“ be going to”を使うかで、意味に差がでてくる場合があるのです。

今回は、 “will”と “be going to”の使い分けについてご紹介します。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

“will”と “be going to”の比較①

まず、下記の例文を見てみましょう。

|A: I think you should apologize to her as soon as possible.
|(できるだけ早く、彼女に謝るべきだと思うよ。)
|B: OK, I will call her later.
|(わかった。あとで電話するよ)

数分後…

|C: Hey, you have to apologize to her.
|(ねぇ、君は彼女に謝らないとだめだぞ)

|B: I know! I’m going to call her later.
|(わかってる!あとで電話するよ)

いかがでしょう、違いがわかりますか?

簡単に言うと、 話しをする中で決めた未来のことには“will”を、話す前から決めていた未来のことは “be going to”を使うのです。

この場合、 “will” と “be going to” は置き換えることができません。

例えば、

|A: Why won’t you come to the house party tonight?
|(今夜のホームパーティーに来ない?)

と誘われて、

|B: Sounds nice! I will visit your house around 7pm.
|(いいね!7時頃君の家に行くよ)

と答えるなら自然ですが、もしここで、

|B: Sounds nice! I’m going to visit your house around 7pm.

と答えると、「誘われる前からA君の家に7時頃行こうと思っていた」というニュアンスになってしまいます。

<関連広告>
ワールドビジネスサテライトや産経新聞でも紹介
25分129円~のマンツーマン英会話

“will”と “be going to”の比較②

下記の例文を見比べてみましょう。

|A: It is 3pm, but it’s dark outside. It’s going to rain.
|(午後3時なのに、外が暗い。雨が降りそうだ)

|B: For some reason, I think it will rain tomorrow.
|(なんとなく、明日は雨が降る気がする)

Aのように、「現在の状況から起きると予想出来ること」については “be going to”を使います。

一方で、理由もなく「起きるかもしれない」ことを言うには、Bのように “will”を使います。

ちなみにAの方は “will”へ置き換えることはできませんが、Bの方は、 “be going to”に置き換えも可能です。

意味にも大きな違いはありません。

<関連広告> テキストいらずの聞くだけ学習 英会話教材【ネイティブイングリッシュ】

これは “wll” ?“be going to”?

次の場合、どちらが当てはまるのか考えてみましょう。

① I already told my mother… I (   ) go to school tomorrow.

(もう母に言ったけど…明日は学校へ行きます。)

② Oh, I forgot to tell her. I (     ) send a message to her now.

(あ、彼女に言うのを忘れてた。今メッセージを送ろう)

③ I feel so cold. I think I (   ) be sick.

(すごく寒く感じる。病気になる気がする)

答えは、

① am going to ② will ③ am going to

です。

①は、話す前から決まっていたこと。

②は、話しながら決めたこと。

③は、現在の状況から起きると予想できること、です。

<関連広告> 英語・英会話の上達を目指すなら【ロゼッタストーン】

まとめ

同じ未来を表す “will” と “be going to” ですが、いつでも置き換えることができるわけではありません。

普段本を読んだり、洋画を見たりするなかで、「ここではどっちを使ってるかな?」と注意してみると面白いかもしれません。

“will”と“be going to”のニュアンスの違いがわかったあとは、会話の中でどんどん実践してみてくださいね。

<今回ご紹介した内容を要約すると>

・話しながら決めた未来には“will”、あらかじめ決めていた未来には ”be going to”を使う

・状況から想像できる未来には、“be going to”を使う

・洋画などを見る中で、どちらで使われているか注意してみるのがおススメ

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る