知っておきたい!英会話スクール選びの3つのポイント

a8e50113b2ac954b21b423014d266657_m

英語の勉強を始めたい!英語が話せるようになりたいと思ったら、まずはラジオでしょうか?それとも英会話スクールでしょうか?

私はインタラクティブな会話のやり取りから英語が学べる「英会話スクール」をおすすめめします。

でも、英会話スクールは世の中にたくさんあります。
たくさんの英会話スクールの中から、どのように選べばいいのでしょうか?

そこで、今回は私の経験から英会話スクール選びの3つのポイントをお教えしたいと思います。

これから英会話の勉強を始めたい!英会話スクールに通いたいと思われる方はぜひ参考にしていただければと思います!!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

1:グループレッスンorマンツーマン?

私は社会人になって、仕事で英語を使うことが多くなり、英会話スクールを探し始めました。

海外旅行で片言の英語しか話さず、大学卒業後にここまで来てしまった私はまずは抵抗感なく英語が話せる機会を作ろう!!と思い、英会話スクールに通うことを決意!!

でも、他の人と一緒だと気になって半分も話せないかもということで、マンツーマン英会話に通うとこにしました!

他の人と切磋琢磨しながら学びたいという方はグループレッスンほうがよいと思いますが、できるだけ先生を独り占め!してとにかく話したいという方にはマンツーマンをオススメします。

一人占めすればそれだけ英語を話す機会も増えるので、グループレッスンよりも効果的です。

<関連広告> ワンミニッツイングリッシュは1分聞くだけ!の英語プログラム

2:費用は?一般教育訓練の教育訓練給付金支給制度を利用しょう!

英会話スクールに通う!と決めてスクールを探す時に、一番のポイントは費用ですよね。
例えば、マンツーマンの英会話スクール(例えばGaba)なら1レッスン40分。

かなり濃厚な時間を過ごせますが、グループレッスンに比べて1レッスン当たりの料金がく、概ね5000円~7000円くらいとなります。

料金に幅があるのは契約時に30レッスンでいくら、50レッスンでいくらとなっているからです。

確かに、英会話スクールは生きた英語が学べるので、英会話上達に適していますが、料金の高さで尻込みしてしまうということもあるかもしれません。

そんな方におすすめなのが、「教育訓練給付金支給制度」です。
「教育訓練給付金支給制度」とは、受講費用のうち最大10万円(総受講費用の20%)がハローワークより支給される制度です。

金額面でお悩みの方は、この制度を利用できるスクールに通うこと、事前にスクールにお問い合わせすることをおすすめします。

「教育訓練給付金支給制度」を上手に利用しながら、向上心をもって勉強してくださいね。
実力テストや授業出席数も考慮されますので、事前にスクールに確認しましょう。

<関連広告> 英語・英会話の上達を目指すなら【ロゼッタストーン】

3:継続は力なり。継続して学べるスクールを選ぼう!

社会人として働いていると、急な残業や出張が入るもの。
しかし、英会話スクールの場合、授業の振り替えが可能なので、継続的に英会話を学ぶことができます。

ただし、スクールによって、振り替えの制限もあります。

残業や出張が多い方は、振り替えがしやすい、キャンセル料が発生しないスクールを選ぶといいでしょう。

また英会話スクールは世界中の国の講師がいるので、話せば話すだけ上達することができます。
なので、色々な国の講師の授業を受け、決して受け身にならずに積極的に話し続けることが大切です。

思ったら即行動が習得への第一歩です!
英語取得に大切なのはマスターすることではなく、継続することだと思います。

例えば、会社の近くにあるスクールや自宅の最寄り駅にあるスクールを選べば、継続的に学ぶことができます。

<関連広告> テキストいらずの聞くだけ学習 英会話教材【ネイティブイングリッシュ】

■まとめ

いかがでしたか?
英会話スクールを選ぶ際の参考になりましたでしょうか?

まとめると、
1、グループレッスンorマンツーマンは、自分に合ったものを選ぶ。
2、教育訓練給付金支給制度を利用する。
3、継続して学べるスクールを選ぶ。

みなさん、英会話学習を一緒に頑張りましょう♪

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る