知らずに使ってませんか?大きな違いを生むwishとhopeの使い分け

海外渡航の準備をしていると、現地とのやり取りが必要になることもあるでしょう。
メールを送ったけれど返事が届かない、
ということがないように、文末にこんな風につけておきましょう。

|Could you please (  ) at your earliest convenience ?
|「できるだけ早くお返事をお願いできるでしょうか」

かっこの中には、reply かrespond がはいります。
この二つの言葉は、意味がとても似ているのですが、微妙なちがいもあります。
上のケースではどちらを使っても同じことを伝えることができますが、
一方しか使えないこともあるんです。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

■「答える」と「応える」

向こうからの問い合わせに答えるときの定番表現 Replying to your question, ~「ご質問にお答えすると、」では、respond はあまり使いません。

逆に、

|He responded to her offer with a laugh.
|「彼女の申し出に笑いで答えた」

では、reply は使いません。

Reply : 返事をする(答える)・反応する(応える)
Respond : 反応する(応える)・返事をする(答える)

二つの語はどちらも、同じ二つの意味を持っているのですが、第1番目に意味することが違っているんです。返事の意味ではreplyを、反応の意味ではrespond を使います。

ちなみに、休日に会社の大掃除をしようとだれかが言ったとして、

|Most of the colleagues replied “yes,” but only a few actually responded to the call.
|「同僚の大半は来ると答えたのに、実際に呼び掛けに応じたのはほんの少しだった」

とすると、
返事(reply)はしたけれど、呼び掛けられた行動(respond)はしなかったわけですから、
みんな理由をつけてさぼっちゃったってことになるんでしょうね。

<関連広告>初心者から確実に上達を実感したいなら『イングリッシュベル』

■「可能なお願い」と「かなわないお願い」

海外生活の不安について、アドバイスがほしいとき、丁寧にお願いすると次のようになります。

|I’m hoping you would give us some advice.
|「なにかアドバイスをしていただけると嬉しいんですが」

また、海外生活中に誰かのお家を訪問する際、手土産を持っていくのは文化を問わず共通していますね。
食事に呼ばれたらワインなどの飲み物、または、お花やお菓子など、その場で楽しめるものが喜ばれるでしょう。
相手に渡すときの定番はI hope you’ll like this.「気に入ってもらえるといいんですが」です。

ところで、相手を励ますときやエールを送る時に言うGood luck. はI wish you good luck.で、このような場合にhope は使いません。
どちらも願うことを表すのですが、次のような違いがあります。

hope : したいと思う、であることを希望する
wish : できたらしたいと思う、可能ではなさそうなことを望む、祈る

|Do you think it will rain tomorrow ?

と尋ねられて、

(今日は降っていなくて)明日雨に降られては困るなら

|I hope not.

雨が続いていて止みそうにないけれどそろそろ止んでほしいなら、

|I wish it would stop raining.
となります。

<関連広告>英語教材「集中5分!スラスラ話せる英会話<ビジネス編>」

■まとめ

返事をすることと呼びかけやお願いに応じることは、相手の意図に沿った答えができる場合はたいした違いはありませんが、相手の意に沿えないときにはreply「答える」 してもrespond 「応える」ことはできません。

また、I hope you will succeed in your career. と願うのはいいことですが、I wish you will succeed ~とは言いません。
それが実現すると話し手が思っているかどうかがhope とwish の使い分けに現れるので、間違ってwishを使ってしまうと、成功すると思っていないことになり失礼になります。

このほかに、医療系の海外ドラマなどでrespond が使われるケースには、

|The patient didn’t respond to any kind of treatment. 
|「患者はどんな治療も効かなかった」

というのがあります。
薬や治療法に反応することから、「効く」という意味に解釈します。反応がないから「効かない」になります。chemotherapy「(ガンなどの)化学療法」などについて使われたりします。resistant bacteria 「耐性菌」に感染した場合などでこのように言われたら、さらに深刻ですね。

|I hope you won’t have such terrible misfortunes.
|「みなさんがそのような不運にみまわれませんように」

|I wish you success, prosperity, and good health.
|「成功と繁栄と健康をお祈りします」

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る