iPhone発売10周年!ジョブズの伝説的プレゼンから学ぶ英会話

世界を変えてしまった画期的なデバイス、それは「iPhone」。オリジナルのモデルが発表、発売されたのは2007年。
iPhoneは2017年6月29日に発売10周年を迎えました。iPhoneは普段、スマートフォンの先駆けとしても始まり、iPhoneを含めるスマートフォンなくして、生活することはできないとまでに至りました。

その発表は、インターネット産業における歴史的瞬間となっています。アップル創業者・スティーブジョブズによる鳥肌が立つような製品発表は、プレゼンを行なう人たちにとっても学ぶべきものであり、そしてこれによって人生を変えられたような人たちも少なくないはずです。

今回は、そんなiPhoneが世の中に向けて、はじめて発表された時のプレゼンを見ていきましょう。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

Every once in a while, a revolutionary product comes along that changes everything. And Apple has been – well, first of all, one’s very fortunate if you get to work on just one of these in your career.
Apple’s been very fortunate. It’s been able to introduce a few of these into the world.

In 1984, we introduced the Macintosh. It didn’t just change Apple, it changed the whole computer industry.
In 2001, we introduced the first iPod, and… it didn’t just – it didn’t just change the way we all listen to music, it changed the entire music industry.

長い歴史の中で、革新的な製品があらゆるものを変えてしまうことがありました。Appleもそうでした、そうした変遷に一度でも立ちあえることができれば幸運なものではありますが。Appleはかなり運が良かったのです。そのうち、幾つかを世界に入れ込む機会に恵まれました。

1984年に、マッキントッシュを発表しました。Appleを変えるだけでなく、それはコンピュータ業界をまるっきり変えてしまいました。
2001年に、初代iPodを発表しました。これは音楽の聴き方だけではなく、音楽業界全体を変えてしまうことになりました。

iPhoneの発表がどれだけ、これから歴史的な立会いであるかを説明しています。その前座として、Appleがこれまでどんな風に世界へ激震を震わせてきたのかどうかをここで説明しています。1984年に、マッキントッシュ。そして、2001年にiPod。私は、iPodが販売された当時に小学生だったのですが、それでも、あの衝撃は忘れられません。多くの人たちが音楽をポケットに持ち歩けるようになってしまったのです。

<関連広告> テキストいらずの聞くだけ学習 英会話教材【ネイティブイングリッシュ】

Well, today, we’re introducing three revolutionary products of this class.
The first one: is a widescreen iPod with touch controls.
The second: is a revolutionary mobile phone.
And the third is a breakthrough Internet communications device.
So, three things: a widescreen iPod with touch controls; a revolutionary mobile phone; and a breakthrough Internet communications device.
An iPod, a phone, and an Internet communicator. An iPod, a phone … Are you getting it?
These are not three separate devices, this is one device, and we are calling it iPhone.

今日、私たちはこうした3つの革新的な製品を発表します。
1つめは、ワイド画面、タッチ操作ができるiPod。
2つめが、革新的な携帯電話。
そして、3つめに画期的なインターネット通信機器です。
3つですよ。タッチ操作ができるiPod、革新的な携帯電話、画期的なインターネット通信機器。

iPod、電話、そしてインターネット通信機器。iPod、電話、もうお分かりですよね?
これらは別々のデバイスではなく、一つのデバイスなのです、そして私たちはそれをiPhoneと呼んでいます。

アップルは電話を再発明しました。その後、表示されるのはiPodにダイヤルがついているもの。もちろん、これは冗談です。プレゼンテーションの途中に、冗談に挟んでくるところも、よくオーディエンスとの呼吸が取れているみたいですよね。3つの製品があるといいながら、これは3つの機能だったというところもワクワクしますよね。言い回しが本当に上手です。

<関連広告>【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材

Now, how are we gonna communicate this? We don’t wanna carry around a mouse, right?
So what are we gonna do? Oh, a stylus, right?
We’re gonna use a stylus.
No. No. Who wants a stylus?
You have to get em and put em away, and you lose em. Yuck.
Nobody wants a stylus. So let’s not use a stylus.
We’re gonna use the best pointing device in the world. We’re gonna use a pointing device that we’re all born with – we’re born with ten of them. We’re gonna use our fingers.
We’re gonna touch this with our fingers. And we have invented a new technology called multi-touch, which is phenomenal.

それでは、どうやってこれを操作すれば良いのでしょうか?マウスを運ぶことはできませんよね?
私たちはどうすれば良いのでしょうか?スタイラスかな?
いやいや、誰がスタイラスを望むのでしょうか。
すぐにどこかへ置いてしまったり、なくしてしまいそうではないでしょうか。
私たちはもっと、最高のデバイスを使いたい。私たちは生まれながらにして、もっと適したデバイスを10個もっています。それは、指です。
私たちは指でそれを操作することができます。そして、新技術を開発しました。マルチタッチと呼んでいて、魔法のように機能するのです。

世界最高のデバイス、指。こうした表現には誰もが引き込まれてしまいます。マルチタッチの操作はシンプルなものではありますが、このシンプルな設計を思いつき、実現するまでに途方もない努力と時間を感じられます。従来のブラックベリーのようなスマートフォンの考えが一新され、新しく打ち出された歴史的な発明が届けられた瞬間でした。

最近では、プレゼンテーションのような「伝える」行為そのものに焦点が当てられており、プレゼンテーションのイベントも各地域で行われたりしています。しかし、そのプレゼンの裏に密かに弛まなく続けられてきた技術と開発を、このiPhone発表から感じることができます。

世界を変えてしまった歴史的瞬間は、いつでもYoutubeの動画サイトから見ることができます。もちろん、iPhoneから見ることもできるのです。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る