【あの人はネイティブじゃなかったの!?】ハリウッドスターの英語学習法を大紹介

英語学習をしている皆さんは、自信の英語力が英語圏に住むことができるレベルではないとお考えの人も多いのではないでしょうか?ほとんどの方が自分の英語力に自信がないと思います。なかなか自信をつけるのは難しいですよね。ここで皆さんが自信を持てるような驚きの話をします。

ある男性がアメリカに移り住むと決めたとき、彼は英語をほとんど話せない状態でした。彼はスピーキング、リスニング、ライティング、発音矯正などのありとあらゆるクラスを受講したのです。長年の努力の結果、彼は英語を流ちょうに喋れるようになっただけではなく、アメリカ合衆国で最も有名で偉大な男の1人になったのです。

彼の名はアーノルド・シュワルツェネッガー。おそらくほとんどの方が彼のことを知っていると思います。彼は有名なハリウッドスターでありカリフォルニア州の州知事も務めました。

何と彼の母国はアメリカ合衆国ではなく、オーストリアなのです。アーノルド・シュワルツェネッガーのこの驚くべきストーリーは、一生懸命英語学習に取り組んだ成果でもあるのです。彼も最初から英語が流暢に喋れたわけではありません。しかし私たちが知っている彼の姿はまるでネイティブのように英語を使い演技をし、州知事としても活躍していたものだと思います。英語学習は続けていると必ず実を結ぶことを証明した話の1つです。

今回はアーノルド・シュワルツェネッガーだけではなく、まるでネイティブのように英語を使って活躍するハリウッドスターたちの英語学習法を紹介します。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

アーノルド・シュワルツェネッガー

アーノルド・シュワルツェネッガーはボディビルダーとしてキャリアを開始しました。ボディビルダーとして偉大な成績を残した後は、皆さんご存知の映画『ターミネーター』で主役のターミネーターを演じるなど、多くの映画で活躍します。その後は州知事になりました。

アーノルド・シュワルツェネッガーはオーストリアで生まれました。もちろん彼の母国語は英語ではありません。では彼は一体どのように英語をマスターしたのでしょうか?

1.根気強く勉強を行った
これはとても大切なことですね。一朝一夕で言語をマスターすることは不可能です。長い努力を積み重ねることによってはじめて言語を喋ることができるようになります。

アーノルド・シュワルツェネッガーは例え人々が彼の英語のアクセントはおかしいと指摘されても落ち込むことはなかったそうです。その代わりに彼は訛りを取る努力をして、できるだけたくさん英語を学ぶように心がけていたそうです。また彼を助けてくれる正しい人々を探すことにも取り組んだそうです。

2.明確な学習目的を持つ
アメリカ合衆国に移り住むことは彼の子供のころからの夢でした。彼の目標はいつも成功してアメリカンドリームを掴むこと。アーノルド・シュワルツェネッガーはアメリカで成功するためには、英語のクラス、スピーチレッスン、アクセント矯正レッスンを受講する必要があることを知っていたと述べています。そして成功するために英語のレッスンをたくさん受けたそうです。

言語学習をする際にはやはり明確な目標を持つことが必要ですね。明確な目標があるとアーノルド・シュワルツェネッガーのようにそこに向かってひたすら努力を積み重ねることができます。

3.英語圏の文化に身を浸ける
アーノルド・シュワルツェネッガーは英語を上手に喋りたければ、可能な限り英語漬けになる必要があることに気付いていました。彼は英語の新聞や雑誌を読むことができるように英語の授業を受講しました。彼はできる限りアメリカの文化をも学びたかったのです。

アメリカに移住したアーノルド・シュワルツェネッガーはあるルールを決めました。それはアメリカ人の女の子とだけデートするというものです。彼はドイツ語を知っている女の子と遊びたくなかったのでした。もちろん英語の練習をするためにドイツ語で会話をするのも禁じていたそうです。

実際に彼のようにアメリカに移住することはできなくても、現代はインターネットで簡単に語学パートナーを見つけることができます。実際に勇気を出して語学パートナーを見つける、そして快適だと思える環境から抜け出すことが大切です。

<関連広告> テキストいらずの聞くだけ学習 英会話教材【ネイティブイングリッシュ】

ペネロペ・クルス

ハリウッドのセクシーな女優の代表格と言えばペネロペ・クルスでしょう。『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』、『それでも恋するバルセロナ』で知られる大女優の出身地はスペイン。2009年にはスペイン人女優で初めてアカデミー賞助演女優賞を受賞しました。

彼女は10本以上のスペイン映画に出演した後、アメリカに移り住んでいます。ペネロペ・クルスは移住してきた当初は英語をほとんど話すことができなかったことを認めています。彼女は” How are you? “と” Thank you. “ しか知らずにアメリカへ来たと述べています。そんなペネロペ・クルスはどうやって英語を学んだのでしょうか?

1.生涯学習
すでに流暢に英語を喋ることができるペネロペ・クルスですが今でも毎日が勉強だそうです。キャリアをスタートした当初、ペネロペは台本を覚えるときは音声を重視したそうです。どのような発音で話せばいいのかを学んで、何度も何度も繰り返し口に出したそうです。そして次第に彼女はボキャブラリーの数を増やしていきました。

ペネロペ・クルスは映画の撮影がない日には今でも英語学習を行っているそうです。また専属のボイストレーナーとのトレーニングも続けています。

言語学習をする際には、発音を学ぶことは重要です。英語には我々日本人にはなじみのない音がたくさんあります。正しい口の形、舌の位置、そしてリエゾンと呼ばれる音のつながりを学ぶことは大きな財産となります。

2.徹底的にこだわる
ペネロペ・クルスはいつも台本、仕事に不可欠なフレーズを覚えているように心がけています。例えある単語の意味が分からなくても、どのような発音、アクセントで読めばいいのかは完璧に分かるようにして、正しい感情をセリフに入れるようにしているそうです。いつも映画やドラマの撮影を行う時には、発音とアクセントの手助けをしてくれる人を用意しているそうです。

彼女は女優という職業柄、インタビューは欠かせません。そのためインタビューで聞かれそうな質問や答えを用意する、出演映画に関する単語を学ぶなど準備は徹底的に行うそうです。我々もこれはできますよね。ビジネスで英語が必要な人はビジネスに関する英語をまず初めに学ぶべきです。

3.ミスから学ぶ
ペネロペ・クルスはインタビューで英語を話すときにはたくさんミスをしていることを認めています。そして中にはとても恥ずかしいミスもあったそうです。ある時、髪の毛を整えてもらっている時に、誤って性的な口説き文句を言ったことがあるそうです。我々がするミスなんて大したことないように思えますよね。

<関連広告>ジオスオンライン

シャキーラ

シャキーラと言えば世界中で活躍するまさにグローバルスターです。英語を巧みに操り歌うシャキーラですが、生まれは何とコロンビア。

彼女はスペイン語での曲をリリースしていましたが、2001年ごろから英語圏を意識した歌を制作し始めます。結果的に大成功したシャキーラはどのように英語を学習したのでしょうか?

1.明確な目標を持つ
シャキーラは意志がとても強くストイックなスターとして知られています。彼女はスペイン語以外の言語で彼女の経験、感情、考えを表現したいという強い思いがありました。それが彼女が英語をストイックに勉強するモチベーションになったのです。

2.優先事項を決める
英語学習をする際に文法や、単語、リーディングなど様々なものに手をつけがちですが、シャキーラは初めに英語の音から学び始めました。どのようなリズムで英語は話されるのかなどです。そして文法に移り歌詞を英語で表現する力を身につけたのです。

<関連広告> ワンミニッツイングリッシュは1分聞くだけ!の英語プログラム

まとめ

彼等の学習法をまとめると以下のようになります。
1.根気強く学ぶ
2.英語の記事や雑誌など実生活から学ぶ
3.何故英語を勉強したいのかを理解する
4.快適な環境から抜け出し、英語漬けの生活を送る

いかがでしたか?彼らに共通するのは英語を生涯学習として根気強く学んでいることです。なかなか上達しているかどうかは分かりにくいですが、勉強した分だけ必ず上達しています。ぜひ根気強く学び続けてください。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る