【意外と簡単!?】英語で考えるために必要なトレーニング

皆さんが頭の中で何かを考えるときには、当たり前ですが日本語で考えると思います。日本語で考えることによって、誰かと話している時には素早いレスポンスができ潤滑なコミュニケーションをとることができますよね。つまりあなたが話している言語で考えることはとても大切なこと。

英語学習をしている皆さんは頭の中で何か考えるときに英語を使っていますか?実はこれができるようになると英語を話せるようになったとほぼ言えることができます。しかし難しそうですよね?もちろんいきなり日本語で考えるように英語で考えることは不可能です。でも少しずつ英語で考える練習をしているといつの間にかスラスラと英語で考えることができるようになります。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

なぜ英語で考える必要があるの?

結論としては潤滑なコミュニケーションをとるため。おそらく多くの方が英語を話すときに言葉が上手く出てこないで止まってしまう瞬間やためらってしまう瞬間を経験したことがあると思います。原因は様々ですが、共通して言えることは英語で考え事をしていないから。どういうことかというと、英語を話している時に日本語で考えていたら単純に会話のテンポ・リズムが遅れてしまいますよね。

自分が言いたいことを日本語から英語へと訳してから言葉に出すということは、日本語で言いたいことを一度考えるという無駄な過程が出てきます。しかし英語で考えるようになると、日本語から英語に訳すという工程が無くなるためテンポのいい会話につながるのです。

実際に私の経験からも英語で考えるようになったことでスムーズな英会話を行うことができるようになりました。英語で考えることは英語を喋るうえで必須です。もちろん英語で考えることができるようになるためには、英語圏の国で生活をしないといけないというわけではありません。私自身も英語圏の国で生活をした・留学をしたという経験はありませんが、英語で考えることができます。ここからは私が英語で考えることができるようになった際に助けとなったことをシェアしたいと思います。

<関連広告>良くある質問に対する回答を準備できるオンライン英会話スクール
「ベストティーチャー(Best Teacher)」

英語で考える手助けとなる学習法

1.妄想会話
これは自分自身に話しかけることです。私はこれを妄想会話としてよく行っていました。やり方は簡単、自分自身に話しかけるだけ。声に出しても出さなくてもOK。ルールは絶対に日本語を使わないこと。

おすすめのやり方は1人2役で会話を行うことです。シチュエーションは友達同士の会話、恋人同士の会話、インタビュアーと有名人の会話など無限大。

これを行う際には別に発音や文法の正確さを気にする必要はありません。大切なのは英語でスラスラと考えることができるようになること。この学習法のメリットはいつでも、どこでもできることです。電車の中に乗っていようが、家の中にいようがどこでもできます。
私がよくやっていたのはテレビを見ながら1人でしゃべること。何度も観ているようなドラマや映画だと俳優に話しかけてもいいですし、友達と見ている設定で友達(自分自身)に話しかけてもいいです。意外とこの妄想会話は楽しいですよ。

もちろん効果も抜群。普段の英語学習と並行してこの妄想会話を行うと、設定したシチュエーションで使われる英語が自然と身についてきます。実際に妄想で行ったシチュエーションが現実で起こった場合にも慌てる必要はなし。

2.英英辞書を使う
これは英語で考える力を養うのに一番効果的なやり方。英英辞書で学ぶということは英語を英語で学ぶということ。私が英語学習を始めたのは大学3年生の時。その時のレベルはTOEICで400点前後。一生懸命勉強したということもありますが、半年でTOEIC900点越えを果たした、1年で外国人が多い職場で働けるようになったのは、かなり早い段階から英英辞書を使用していたからだと思います。

もちろん英語学習を始めたばかりの頃はなかなか簡単に理解することはできませんでした。しかし時間はかかりましたが理解できないということではありません。英英辞書を利用するメリットは強制的に英語で考えなければいけないこと、単語が持つ微妙なニュアンスを理解できることです。

3.SNSを活用する
今はオンライン上で簡単に外国人とチャットすることができますよね。Skypeなどのビデオコールで実際に話してみるのは抵抗がある方も、LineやMessengerなどのアプリでメッセージのやり取りは気軽に取りかかれるのではないでしょうか?

実はこのメッセージのやり取りが英語で考える練習にピッタリ。ほとんどの方はLineなどでメッセージのやり取りを行ったことがあると思います。その時に相手がメッセージを次々と送ってきて、相手のメッセージを読みながら瞬時に返信も行わないといけないという状況を経験したことがある方も多いと思います。
これは日本人同士だと日本語を使えるので簡単ですよね。しかし相手が英語を使用してきたらどうでしょうか?英語で次々とメッセージが送られてくると、かなり焦ると思います。やっと理解して返信したと思ったらもう返事が返ってきている。そして追加メッセージが次々と英語で送られてくる。

自分も瞬時に送るためには英語で考えることが必須ですよね。日本語で考えていると相手のペースに飲まれてしまうので、会話のテンポを保つためにも英語で考えるようにしなければいけません。この学習方法では英語で考える練習ができるだけではなく、英語に対するレスポンスの速さ・瞬発力も鍛えることができます。英語を話すためには必須の能力なのでぜひオンライン上ででもパートナーを見つけて、どんどんメッセージを送ってください。

4.英語だらけの環境にする
英語を喋るようになるためには英語に囲まれた生活をするのが一番。これはよく言われることですよね。そしてこの言葉を聞いた時に多くの方が思うのは留学やワーキングホリデーなどではないでしょうか。しかし日本では英語に囲まれた生活が送れないのでしょうか?そんなことはありません。私は英語圏で生活した経験、もちろん留学などの経験もありません。しかしできるだけ英語に包まれた環境に身を置こうと思いやれるだけのことはやってきました。

まず行ったのはベタですが家の中にある家具やモノなどにその名前を英語で書いた紙を貼ることです。そして携帯電話の設定は英語に変えました。英語の学習をしない時は洋楽や海外ドラマ・映画を見るなど家の中ではほとんど日本語を見ない、聞かない、話さない生活をしていました。
特に英語学習を始めた最初の半年は本当に家で日本のテレビを見ることはありませんでした。家の中で日本語を聞くときは友人が家に遊びに来た時だけ。ここまでする必要はありませんが、携帯の設定を英語に変える、たまには英語の漫画や小説を読む、好きな海外ドラマを見つけて定期的に見ることは誰にでもできますよね。やろうと思えば日本国内にいながら英語に囲まれた生活ができます。

5.単語を覚えない!?
単語を覚えるのではなく、文を覚えることがおすすめです。例えばRockという単語。これは「岩」という意味で有名ですよね。しかし動詞で「揺り動かす」という意味もあるのです。この意味を覚えるときに「Rockは揺り動かす」と覚えていても頭に入りませんし、イメージがつきません。しかし文章で覚えたら使い方も分かり、状況もバッチリ想像できます。無料の英英辞書Cambridge DictionaryではRockの例文で次のようなものがあります。
He picked up the baby and rocked her to sleep.
彼は赤ちゃんを抱きかかえて眠らせるために揺らした

どうですか?単語単体で覚えるよりも例文を通したほうがイメージしやすくて覚えやすいと思います。こういった短い文・フレーズを覚えていくとボキャブラリーの数が増えるのはもちろん、必然的に英語で考える力も養われます。おすすめは自分で覚えたい単語を使った例文を作ること。もし思いつかないようだったら辞書やGoogleで調べてください。

初めは思うように言いたいことを表現できずにストレスもたまると思います。でもポジティブに考えて英語で考える練習をする時間を作ってみてください。絶対にやる価値はあります。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る