【リーディング学習】死ぬ前に1度は読むべき海外漫画を大紹介!

海外のマンガ

せっかく英語学習をやるなら楽しくやりたいですよね?何かいい学習法はないかとお探しではないでしょうか?我々に馴染みがあって、楽しく行える英語学習法、実はピッタリのものがあります。それはコミックスを使った英語学習法です。我々日本人と漫画は切っても切り離せない関係で、多くの人々が楽しんでいるのではないでしょうか?
今回は日本の漫画ではなく、海外の漫画を紹介します。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

コミックスを使用した英語学習

コミックスを使用した英語学習には様々な利点があります。数ある利点の中でも一際目立つのがリーディング力向上です。時々スピーキング・リスニングだけ重要視されていて、リーディングとライティングがおろそかにされている気がします。しかし英語を使用できるということは、喋れるということだけではありません。リーディングもライティングもできて英語を使用できると言えます。

コミックスを読むことはリーディング学習にピッタリです。英語を読むスピードが速くなるだけではなく、読解力向上も期待できます。

さらに海外コミックスからはスラングからフォーマルまでの実生活で使われるばかりの英語を学ぶことができるので、インプット学習にはピッタリですね。また英語圏の文化に基づいて描かれることが多いので、文化・価値観をも学ぶことができます。

そして最大のメリットは楽しく勉強し続けることができるということです。海外コミックスに触れる機会はあまりありませんよね?でも英語を学んでいると、海外コミックスも読むことができるのです。海外コミックスと日本の漫画の違いも楽しみながら英語学習を行ってください。

<関連広告>TOEICスコアアップ!イーラーニング英会話】スピードスピーキング習得

海外コミックスはどこで買えるの?

普通の書店ではおそらく海外コミックスを見つけることは難しいと思います。一番のおすすすめはAmazonで購入することです。Amazonだと簡単に見つけることができ、さらにKindleを持っていると、即座に読むことができます。

<関連広告>分かる! 解ける! 英文法!

死ぬ前に1度は読んでおくべき海外コミックス

The Invisibles - Grant Morison

グラント・モリソンはコミックス・ヒットメーカーです。代表作に『Son Of Batman』や『Batman:Arkham City』等がありますが、今回紹介するのは『The Invisibles』。DCコミックスから出版された今作はやはり特殊能力満載のバトルものです。内容を簡単に述べると、The Invisible Collegeという秘密組織が人間を虐殺するエイリアンと戦うというものです。

かなりアダルトな要素も入っていますが、芸術性が高い作品と評価されています。小説をコミックスにしたような印象を受けるので、少し理解するのが難しいかもしれませんが、一度理解できるとグラント・モリソンの作り出した世界から抜け出せなくなること間違いありません。

Fables - Bill Willingham

DCコミックのVertigoとは大人向けの漫画を発行しているレーベルです。そんなVertigoがプッシュして出版したのがFables。実は多くの方がVetigoはもう人気を保つことができないのではと恐れていました。しかしそんな人々は間違っていたと証明したのがFablesなのです。

物語は、我々が知っているおとぎ話がたくさん入っています。例えば白雪姫やピノキオ、シンデレラなど。おとぎ話のキャラクターたちを現代世界へ連れてきたのがFablesという作品です。アクションやアドベンチャーはもちろんありますが、注目すべきは政治面についても描いているということです。おとぎ話のキャラクターたちが、現代の政治にどのように対処していくのかが見ものです。

Y:The Last Man - Brian.K.Vaughan

Veritigoから出版された最も成功したコミックスの一つが『Y:The Last Man』です。舞台は謎のウイルスによって世界中から男性だけがいなくなった世界です。つまり女性だけは生き残っているのですね。そんな世界に残った最後の男(=The Last Man)がペットの猿と共にウイルスの出現の謎と自分だけが生き残った理由を探す旅に出るのです。

笑いあり、感動あり、そしてサスペンスあり、全てが詰まった名作コミックスです。

The Killing Joke - Alan Moore

Alan Mooreが今作で描いたのは、誰もが知るバットマンとジョーカーの関係です。物語はジョーカーが収容されている精神病棟から逃げ出し、バットマンをおびき寄せるためにゴードンを誘拐するというものです。

物語はシンプルながら、ジョーカーのバイオレンスには恐怖を抱くこと間違いありません。またジョーカーの起源も書かれているので、普通の男が狂気のサイコパスに変化する様子も見ることができます。

Daytripper - Fabio Moon and Gabriel Ba

比較的新たな作品ながら、各方面から大絶賛の声があがっています。主人公のBrasは人々の死について書く新聞記者です。どのチャプターもBrasの人生の重大なイベントで始まり、どのチャプターも彼の死で終わるという斬新な手法です。

コミックスを読むと、死は誰の元にも突然、そして平等に訪れるということがよくわかります。だから目的をもって毎日を生きることが大切なんだと作者が語り掛けているような作品です。

詩のような美しさと悲しみが混じった、この数年間で1番の名作です。

Essex County - Jeff Lemire

スーパーパワーやファンタジー要素は全くありませんが、『Essex County』は正直でリアルなドラマのようなコミックです。物語は兄弟喧嘩、父親の抱える問題、失恋等、本当に誰の日常にも起こりそうなことばかりを扱っています。

Jeff Lemireは現実よりもリアルな感情を持ったキャラクターを描いています。そんなキャラクターたちの姿に感情移入してしまうこと間違いありません。

Ghost World - Dan Clows

『Ghost World』のことを知っているという方も多いのではないでしょうか?映画化もされた今作の主人公は2人の少女。青春の良いところだけではなく、冷たく厳しいところもありのままに描いた名作中の名作です。あの『ライ麦畑で捕まえて』と並べて評価されることもありました。まさに死ぬ前に1度は読んでおくべき名作です。

Maus - Art Spiegelman

優れた文学作品に贈られる最高の賞はピューリッツァー賞です。そんなピューリッツァー賞を漫画が受賞したことがありました。その受賞作品が『Maus』。これは死ぬ前に読むべきコミックであり、人生で触れるべき芸術でもあります。

内容は作者Art Spiegelmanの父親の実体験を基にして描かれています。父親はユダヤ人で、アウシヴィッツから生還した数少ない人物であったのです。シリアスな内容ですが、やはりコミック。登場人物は全員動物として描かれています。例えばユダヤ人はネズミ、ドイツ人は猫、アメリカ人は犬など。

これは人間の歴史、人々の人生を描いた芸術です。20世紀最高文学の1つと称されるほどの今作は絶対に死ぬ前に読むべき作品です。

今回紹介した作品以外にも名作と呼ばれるものはたくさんあります。海外ドラマ・映画もコミックを原作としていることが多いので、好きなドラマや映画のコミックを読んでみるのもいいですね。ぜひ海外コミックスと共に英語学習を楽しんでください。
<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る