SNSで英語アカウントを作るべき理由を大紹介!SNSでスピーキングを伸ばせる!?

多くの方がSNSを利用しているはずです。SNSは気軽に他者とコミュニケーションが取れて楽しいですよね。しかしひと工夫をして、SNSをしながら英語学習をしてみませんか?実は、英語学習者こそSNSで英語アカウントを作るべきなのです。
今回は英語アカウントを作るべきSNSとその理由を大紹介します。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

どのSNSが英語学習に向いている?

Facebook、Twitter、Instagramと多種多様な SNS アカウントがあります。 実際に英語用のSNSアカウントを作りたいけど、どのSNSで英語アカウント作ればいいか迷う方もいるでしょう。そこで今からは英語学習に最適なSNSアカウントを紹介します。

私が絶対にオススメするSNSアカウントは、Twitterもしくはインスタグラムです。Twitterを オススメする理由は後ほど紹介します。まずはインスタグラムのオススメ理由を紹介しましょう。

インスタグラムが英語学習で優れている点は、イメージと結びつけてインプットできるからです。ご存知のように、インスタグラムは写真や画像投稿がメインです。投稿文章が完璧に理解できなくとも、写真は理解の手助けとなります。

またイメージと英単語を結び付けることも可能です。単語だけ見るよりも、単語とイメージを結びつけるほうが、長期記憶に残りやすいと研究で判明しています。バイリンガールのチカさんのアカウントはフォローしておくべきでしょう。日本語と英語で文章投稿されており、英語学習には最適です。

個人的にオススメなのは、rina_englishさんです。「逆光」や「ペアルック」など日常生活でよく使うけど、意外と言えない単語を紹介してくれます。例文も実践的なので、ぜひフォローしてください。

その他にも海外セレブや有名人はどんどんフォローしましょう。インスタグラムはインプットとアウトプットの場に最適です。

<関連広告>ジオスオンライン

Twitterが英語学習に最適な4つの理由

英語学習者が絶対に作るべきSNSアカウントこそがTwitter。ここからはTwitterが英語学習に優れている理由を紹介しましょう。

1.280字以内と文章が短い

Twitterには文字制限があります。投稿する内容は日本語だと140文字、英語で最大280文字 まで書くことができます。280文字と言うと少し多いように感じますが、英語だとそれほどでもありません。

この文字数の制限が英語学習に最適なのです。FacebookなどのSNSに英語日記や投稿を挑戦してみた方は多いはずです。もちろん出来る方はそれでもいいですが、なかなか思うように英語が書けなくて挫折、もしくは時間がかかり過ぎて毎日続けられない方が多いのも事実。

Twitterには文字数の制限があり 強制的に280文字以内でつぶやかないといけません。そのため気軽に英語投稿できます。覚えたばかりの単語を使った文章を作って、投稿するのもいいですね。またGood morningなどでも構いません。大事なのは毎日続けること。

またTwitterは見知らぬ人とつながる点も魅力的。Facebookは友人や家族とのつながりをメインとしているので、なかなか知らない外国人とつながるのは難しいです。しかしTwitterは知らない人とのつながりがメインなので、気軽に外国人に話しかけることができれば、リアルな友人とつながる必要もありません。

2.要点だけを伝える練習になる

文字数に制限があるということは 、決められた文字数内で伝えたいことだけを書かないといけません。英語を話す時に重要なのは、まずは結論から述べること。結論→サポート論1→ サポート論23・・・、そして再び結論という流れで話すのが英語の基本です。

私たち日本人にとって、この結論ファーストの話し方は少し難しいです。学校の朝会での校長先生の話を思い浮かべてください。多くの方は、校長先生がだらだらだらだらと話している姿をイメージするのではないでしょうか?これが日本人の話し方の特徴です。ある程度論を述べてから、結論を紹介します。日本人にとっては普通の話し方ですが、英語を話すときには話の構成内容を大幅に変える必要があります。

Twitterに英語投稿するということは、決められた文字数内で要点をしっかりと述べる必要があります。論ばかり述べては、言いたいことが言えません。まずは結論を述べ、それから2~3文説明を付け加えると良いでしょう。この英語特有の話し方の練習をするのにTwitterはピッタリなのです。

どんなに発音が良くても、文法に正確性があっても、言いたいことが伝わらなければ意味がありません。逆に言えば要点さえしっかりしてれば、文法のミスがあっても発音が少し悪くても伝えたいことは伝わります。

3.毎日英語に触れられる

SNSの最大の利点は、毎日英語に触れることができるからです。毎日SNSを使用している人は多いでしょう。SNSは基本的に楽しいもので、毎日5分間だけでも英語を触れるのにピッタリのツールです。タイムラインを眺めるだけでもいいですし、ほかのユーザーと交流してもいいですよね。言語学習は毎日続けることが重要。

言語学習はポケモンのようなものです。ポケモンは戦っただけ、経験値が積まれますよね。一定の経験値がたまるとレベルアップして、新たな技が使えるようになる。これは言語学習も同じ。毎日適切な学習を行うことで、少しずつですが確実に経験値はたまります。レベルアップしたら、実践で新たな単語やフレーズを使えるようになるのです。

毎日英語に触れるのは難しいですが、毎日SNSに触れるのは難しくない。SNSを楽しみながら英語を学びましょう。

4.スピーキング練習ができる

意外かもしれませんが、SNSでスピーキング学習を行えます。その方法は音声入力。スマホやパソコンの音声入力の精度は高まっています。日本語はもちろんですが、英語の精度の高さは特に素晴らしいです。英語の音声入力は、あなたの発音を正確に文字化します。
つまり正しい発音ができていれば正確に単語をうつしだし、発音に間違いがあれば誤った単語をうつします。

Twitterで英語アカウントを使用する場合は、ぜひ音声入力でツイートしてみてください。ツイートは「つぶやき」とも訳されます。以前までは音声入力の精度が低かったので、タイピングでつぶやくことしかできませんでした。
しかし精度の上がった今は、本当につぶやくことができるのです。特に難しいことをツイートする必要はありません。思いついたことを、どんどん音声入力でツイートするといいですね。

発音矯正だけではなく、英語の瞬発力も鍛えられます。英語を話すうえでは、瞬時に英作文をする必要があります。いちいち言いたいことを日本語から英語にしていてはテンポのいい会話はできません。瞬時に英作文を作る能力を英語の瞬発力と言い、これは練習しなければ伸びません。ぜひTwitterの温英入力を利用して、発音スキルと英語の瞬発力を鍛えてください。

<関連広告>たった60日で英語が話せる!?楽天3部門1位の英会話!<七田式>

まとめ

今回はSNSで英語アカウントを作るべき理由を紹介しました。上手く利用すれば、ほぼすべてのスキルを伸ばすことが可能です。なによりSNSは世界を知る最も簡単なツール。見知らぬ外国人と会話できれば、世界のトレンドも簡単に知ることができます。
ぜひSNSを有効活用して、英語スキルを伸ばしてください。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る