せっかく海外旅行に出かけることだし、飛行機の中から英語を楽しもう!

海外旅行に出かけると、旅行先で何をしようかとワクワクするものですが、意外と飛行機の中では、寝る時間に使ったり、ひたすら映画を見たり、飛行機自体を楽しみ足りていない(笑)気がします。
飛行機の中でも十分いろいろな英語の練習もできるので、一緒に楽しんでみましょう!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

CAに質問したり受け答えすることだけが飛行機の英語じゃない!

「機内の英会話」といえば、CAさんとのやりとりを思い浮かべる方も多いと思います。

Would you like beef or fish?(ビーフ、またはフィッシュいかがですか?)

みたいな。
でも、飛行機の中では、スピーキングの練習だけじゃなく、リーディングやリスニングも練習できますよ〜!例えば、飛行機の座席に座ったら、座席前のシートポケットを見てみてください。
英語のわからない人にもわかりやすい、安全上の注意点が書かれたラミネートシートがあります。わかりやすく書かれているので安全上のボキャブラリーが楽々覚えられます。
ページの上には、

Onboard Safety Instructions(機内での安全上の説明)

とあります。

emergency exit(非常口)
rafts(救命イカダ)
life jacket(ライフジャケット)
oxygen mask(酸素マスク)
seat belts(シートベルト)
brace positions(不時着時の姿勢)

などの単語がすぐに目に入ります。全部ご存知でしたか?タイトルの「Onboard Safety Instructions」のonboardもとても機内でよく使われる単語です。

to get on board(搭乗する)
boarding pass(搭乗券)

などのようにボキャブラリーを広げることもできますね。
onboardに似ていますが、inflightという単語も機内でよく使われます。

inflight entertainment(機内での映画などの娯楽)
inflight magazines(機内雑誌)

単語以外にもこんな文がありました。

Not permitted anytime.(常時禁止)

日本でも「たばこを吸わないで」という代わりに「禁煙」とわかりやすいサインを作るように、英語でも表示はわかりやすく簡略化されています。
Not permitted anytime.の場合、Something is not permitted anytime.というように受動態のbe動詞が省略されています。このbe動詞を省略する方法は、新聞の見出しなどでも使われるので慣れておくと便利です。

もう少し長めの「禁止」のサインも見つけましたよ。

Not permitted during take-off and landing.(離着陸時禁止)

携帯とか電子機器の使用のことですね、お馴染みの禁止事項です。

All passengers must comply with safety instructions including signs, placards and instructions of crew members.
(全乗客の皆様は、サイン、プラカード、乗務員の指示を含む全てのインストラクションに従わなければなりません)

安全上の注意点以外にもシートポケットを探ってみると、

inflight magazine(機内雑誌)

もございますでしょう?あれも読んでみると旅の豆知識などが書いてあってなかなか面白いものなのですよ。ちょっとページをめくってみると、ありましたありました、Travel Hacks!(旅の知恵)のページが♪
こんな豆知識がありましたよ。

Did you know that rolling your clothes made the most of room in your suitcase?
(洋服をロール状に畳むことでスーツケースのスペースを最大活用できるって知ってました?)

Did you know that placing a belt in your shirt collar helped hold its shape?
(ベルトをシャツの襟に巻いておくと、襟の形を保つのに役立つって知ってました?)

旅に出かけるときに活用してみてくださいね♪

<関連広告>スカイスキャナー

飛行機のアナウンス、何て言っているんでしょうか?

ごちゃごちゃ機内雑誌を読んでいる間にすぐに離陸の時間です!CAの方と話すより前に、まず聞こえてくるのが機内アナウンス。いつも結構聞き流してしまっていませんか?機内アナウンスだって良いリスニングの練習です!
それぞれの航空会社、行き先によってアナウンスは微妙に異なるものの、伝えている内容は大体同じですので、パターンに慣れれば、すぐに聞きやすくなるはずです!

離陸前に、

Onboard Safety Instructions(機内での安全上の説明)

を読み込みましたからね(笑)、ライフジャケットの着用などのデモンストレーションも聞きやすくなっているかと思います!ライフジャケットのデモンストレーションでは、

A life jacket is located under your seat.
(ライフジャケットはお座席の下にございます。)
An oxygen mask will automatically appear in front of you.
(酸素マスクは自動的にご自身の前におりてきます。)
Please fasten your seat belt while the seat belt sign is on.
(シートベルトサイン点灯中はシートベルトをお締めください。)

などのアナウンスが聞きやすくなっていることでしょう。

シートベルトに関しては、こんなアナウンスもお馴染みですね。

The captain has turned off the seat belt sign, which means you can leave your seat now if you wish.
(只今機長がシートベルトサインを消灯させました。ご希望であればお座席を離れてもよいです。)
However, for your safety, you must keep your seat belt fastened while you are seated.
(しかし、安全上、お座席にご着席の際は常にシートベルトを締めてください。)
If the seat belt sign comes on again during the flight, please return immediately to your seat.
(飛行中、シートベルトサインが再度点灯した場合、直ちにご自身のお座席にお戻りください。)

さて、着陸の時間が近づいてきました。

We are now preparing to land.(着陸の準備態勢に入りました)

というアナウンスが入ります。そして、

On behalf of ◯◯Airlines, I would like to thank you for joining us on this trip and we are looking forward to seeing you on board again in the near future. Have a great stay.
(◯◯航空を代表して、ご利用いただき誠にありがとうございます。近い将来またお目にかかれるのを楽しみにしております。楽しいご滞在を。)

というアナウンスで締めくくられます。

この記事を読んだ後旅に出たら、きっと飛行機内の英語が気になって仕方ないはず(笑)。
飛行機から旅を思い切り楽しんでくださいね〜!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る