【Tell Me About Yourself】英語面接の攻略法

海外で働きたい、外資系企業で働きたいと思っている方が避けては通れないのが英語面接。
日本語の面接でも緊張するのに英語面接だとなおさらですよね。私も英語面接を経験したことがあるのでわかります。

今回は少しでも英語面接の緊張を減らすために、私が実際に経験して感じた英語面接の攻略法を紹介したいと思います。
将来外国人と働きたい方にとっては必見の内容となっています。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

英語面接と日本語面接の違いは?

英語と日本語の面接に大きな違いは特にないように思います。というのも私は外国現地で英語面接を受けたことがないので、実は大きな違いがあるのかもしれません。
しかし外国人の友人に頼んだ面接練習や実際に外資系企業で受けた外国人との英語面接などから振り返ってみても特に大きな違いはありません(日本の企業も受けたことがあります)。

しかし私が日本語の面接と英語の面接で敢えて違いを作っていたことはあります。以下が私が英語面接を受けた際に気を付けていたことです。

堂々とする
英語面接の面接官は日本人の時もあれば、外国人の時もあります。日本でもそうですが、特に外国ではぼそぼそと話したり、おどおどとしていたりするとネガティブなイメージを与えます。
そのため英語面接の時は少し大げさかなと思うくらい堂々とするのがおすすめです。

私は面接官が外国人だけの場合の時には、まずは着席する前に握手をしたりしていました。
この行為がプラスかどうかは分かりませんが、一応握手した面接で落ちたことはないのでマイナスではないでしょう。
極端な話、握手を行ったくらいで面接で落とされることはないと思います。外資系企業や外国企業では能力が第一に見られます。そのため普通のマナーを身につけて堂々としていれば問題ありません。

よく英語面接で見るのが、丸暗記した感じが出ている回答です。
グループ面接で私は何度も暗記したことを思い出そうとして目線を上に向けて解答している人を見たことがあります。個人的に丸暗記した感じを出すのはネガティブな印象を与えても、ポジティブな印象を与えないと思います。面接という場はあなたの強みをアピールする場でもあり、面接官と対話をする場でもあるのです。
面接官あっての面接なのに、まるで面接官がそこにいないかのように一生懸命暗記したことを話すのはあまりよくないですね。暗記が完全に悪いのではなく、しっかりと相手の目を見ながら答えることが大切です。

<関連広告> テキストいらずの聞くだけ学習 英会話教材【ネイティブイングリッシュ】

自己アピールはしっかりと
英語面接では自己アピールをしっかりと行うことが大切です。
皆さんに1つ覚えておいて欲しいのが、英語は結論から述べる言語だということです。日本語の場合は「~という理由で、…という結論です」というように、初めに理由を述べて最後に結論を述べますよね。しかし英語では「~という結論です。理由は…だからです」のように初めに結論を述べるのです。
簡単に日本語と英語の構成の違いを表すと以下のようになります。

日本語
理由 → 理由 →… → 結論

英語
結論 → 理由 → 理由 →… → 結論

この英語の文章構成は面接だけではなく、英作文の時も同様です。日本語面接でもそうですが、英語面接では結論から述べることが重要です。

さらに自己アピールをする際にも根拠ある理由と共に行うことが大切です。
これは日本語面接でも同じですよね。私は英語圏の国で働いたことはありませんが、スペイン語圏のアルゼンチンでは働いた経験があります。
実際に働いてみて思ったのは、能力に関しては非常にシビアということです。企業は即戦力のつもりで雇っているので、もし結果を出せなかったらすぐに解雇という結果になることもあります。

おそらくこの考え方は外国現地の企業はどこでも一緒でしょう。そのため面接の段階から「こんな風に貢献できる。理由はこんな能力があるからだ」等のように具体的な能力を添えて自分を売り込みましょう。

私が英語のグループ面接で非常によく見かけたのは、面接官が「英語で自己アピールしてください」と質問を与え、各応募者がまず「I can’t speak English」という場面です。
正直このようなアピールはいりません。自分でネガティブな印象を与える必要はありません。もしかしたらこのような場面にあなたは遭遇するかもしれません。
皆が「I can’t speak English」と言っていると、思わず自分も言ってしまいそうになりますが、絶対にそんなことは言ってはいけません。

<関連広告>今だけ、無料体験レッスン50%増量中!オンラインレッスンのレアジョブ英会話

よく尋ねられる質問集

Tell me about yourself あなた自身のことについて教えてください。


これは必ずと言ってもいいほど尋ねられます。この質問は言い換えると、「あなたのキャリアプランは?あなたの能力は?」です。
面接官はあなたに兄弟がいるのかどうか、あなたの好きな食べ物などは知りたくありません。面接官が知りたいのは、あなたが何をすることが出来て、どのように企業に貢献できるのかということです。そのため自己紹介をしつつ、あなたの能力に関係あることを話しましょう。

My name is Shumpei Okugawa, pleased to meet you. First I would like to thank you for giving me the opportunity to interview. I have been working as a receptionist at a hotel for 3 years. I always have liked to give my best hospitality to people, which is why I would like to follow this career path. I studied Japanese Literature at ~ college, where I gained …

簡単な例文ですがこのように今までの職歴や、大学で学んだこと、そしてそれらの経験から得たスキルなどを混ぜるといいですね。

What are your strengths? あなたの強みは何ですか?

この質問の裏に隠された意図は「あなたがどのように企業に貢献できるか」ですね。だからその企業や業界で役に立ちそうな能力を言わないといけません。
例えばIT企業を受けているのに、「料理が得意です」と言ったらほぼ落ちるでしょう。面接では自分自身を商品と考えるべきです。あなたは「自分」という商品を面接官に売り込まなければいけないのです。そのため可能な限り魅力的に、説得力あるエピソードを交えて自分を売りましょう。

事前にその業界で役に立ちそうな能力などはリサーチしておくといいですね。
英語では、例えば「IT Job Interview Questions and Answers」などで検索すると、その業界での強みとなる英語表現を見つけることができます。

Where do you see yourself 〇 years from now? 今から〇年後のあなたはどうなっていると思いますか?

これはよく尋ねられる質問なので覚えておきましょう。この質問に対する回答では、キャリアに関する回答を行いましょう。
例えばBy then I would have like to be a manager, because~のようにキャリアプランを考えましょう。この質問ではあくまでも現実的な将来展望を答えることが大切です。

<関連広告>産経オンライン英会話

英語面接は暗記で乗り切ろう

英語面接は事前に回答をいくつも作っておいて乗り切りましょう。
「暗記はダメみたいなこと言ってたじゃん」と思う方もいるかもしれません。丸暗記している感じを出すのがダメなのであり、暗記は別にしてもOKです。実際に私はオンライン英会話や友人に頼んでいくつもの質問とそれに対する回答を暗記しました。

しかし実際に面接の場合では暗記している感じを出さないように演技をしたのです。
相手の目を見るのはもちろんですが、時には言うことを考えているフリをしたり、少し小さな声で「What shoud I say?」とあたかも今言うことを考えているフリをしていました(実際には全て完璧に覚えていました)。

家で自分の英語を録音して、丸暗記していながらもまるで今考えながらしゃべっているかのような雰囲気になるまで何度も研究と練習を重ねました。オンライン英会話では英語面接のシミュレーションを行ってくれます。英語面接対策にはピッタリなので、面接前だけでもオンライン英会話を使用するのをおすすめします。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る