とっさに言いたいことがでなくなったら、Filler Wordsで解決!

It’s very fun to…あー、えっと、learn English!
このように、途中で言いたいことが英語で出てこないがために、つい「あー」や「えっと」のような日本語を使った経験は、英語学習者なら一度はあると思います。問題は途中でつまってしまうことではありません。日本語を話してしまっていることが問題なのです。途中でつまったときには、英語で「あー」や「えっと」のような単語を言えばいいのです。
今回はFiller Wordsと呼ばれるつなぎ言葉を紹介します。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

Filler Wordsってなに?

Filler Wordsとは、つなぎ言葉のことです。しゃべっているときに沈黙が訪れるときがありますよね。Fillerは「埋める」という意味のFillが変形したもの。つまり、Filler Wordsとは話しているときに訪れる沈黙を「埋める」ための単語やフレーズのことです。
Filler Wordsは、特に大きな意味を文章に付け加えません。日本語の「あー」や「えっと」も意味がありませんよね。つなぎ言葉であるFiller Wordsの最大の役割は、話しているときの沈黙をなくすことです。

Filler Wordsの使い方ですが、そこまで難しく考える必要はありませんよ。あなたはどんなときに「あー」や「えっと」を使いますか?次に話すことを考えているときですよね。会話の途中で黙り込んでしまうのは、いい印象を与えることがなければ、気まずさを生み出すだけです。
一見すると便利なFiller Wordsですが、あんまり頼りすぎるのもよくないです。これは日本語の例を考えると分かりやすいかと思います。「えっと」や「あの」などを会話で多用されると、気が散ってしまい、肝心の内容が入ってこない可能性があります。ベストなのは、Filler Wordsに頼ることなくスラスラと自分の言いたいことをしゃべることです。あまりにもFiller Wordsに頼りすぎるのは止めましょう。

<関連広告> テキストいらずの聞くだけ学習 英会話教材【ネイティブイングリッシュ】

Filler Words使用を避けるとき

Filler Wordsが使われるシチュエーションは主に以下の2つ。

1.スピーキングをしているとき
2.一般会話をしているとき(家族や友人などと話をするフォーマルなスピーキングではないとき)

見方を変えると、使うのを避けた方がいいシチュエーションも見えてきますよね。まず初めに押さえておきたい使うべきではないときは、ライティングです。特に論文やプレゼンテーションなどには入れるべきではありません。何度も述べましたが、Filler Wordsは大きな意味がありません。はっきり言うと、Filler Wordsはなければいい余計なものです。スピーキングとは違い、じっくりと書きたいことを整理できるライティングでFiller Wordsを書く必要はありませんよね。書いたら確実に減点対象となってしまいます。

もう1つ使うのを避けた方がいい場面があります。それは、ビジネスや面接などのフォーマルなシーンです。フォーマルなシーンでは堂々とふるまうことが求められます。たまに使う分には問題ありません。しかし、多用すると相手の信用を失う可能性があれば、面接だと落とされる可能性が高くなることもあります。

Filler Wordsはライティングでは一切使わない、フォーマルなシーンでは使用しないことを心がける。この2点を心がけるようにしましょう。

<関連広告>
42日で話せる実感!「スピークナチュラル」

知っておくと便利なFiller Words4選

ここからは、知っておくと便利なFiller Wordsを4つ紹介します。ネイティブスピーカーがよく使用するFiller Wordsとその使い方を解説するので、気まずい沈黙を埋めることができるようになってください。

1.Well
Filler Wordsの代表格といえば、Well。「上手な」という意味が先行しがちですが、実はFiller Wordsとして非常によく使われます。意味は「えっと」。

・考えていることを示すWell

Well, I think you shoudn't have done that.
そんなことをするべきではなかったと思うけどね。

・躊躇(ちゅうちょ)を示すWell

Well, fine, deal.
えっと、わかったよ、それでOKだ。

2.Uh
基本的にUhは、ためらいを示すときに使われます。同意語にEhやUmmがあります。

I think uh you are wrong.
君が、あのー、悪いと思うよ。

この例文のように、言いにくいことを言うときによく使われます。

Umm, hamburger! I want to eat a hamburger tonight!
う~ん、今夜はハンバーガーが食べたい!

ためらいを示すほかにも、考え事をしているときにも使用されることが多いです。

3.Like
「~が好き」という意味でおなじみのLike。そんなLikeはFiller Wordsとして大活躍します。意味は「なんていうか」や「みたいな」です。

・不確かさを示すLike

She works out like three times a weel
彼女はたしか1週間に3回ワークアウトを行うよ。

・次の言葉を考えているときに使うLike

My ex-boyfriend was like, totally selfish. 
元彼は、なんていうのかな、本当に自己中だったの。
I’m pretty sure I made a reservation, but they said I didn’t, so I was like, like “What the hell are you talking about??”.
私は絶対に予約をしたのよ。でも彼らは、私は予約していないっていうの、だから私はさ、なんていうか「何を言ってるんだよ??」って感じだったの。

Filler WordsとしてのLikeは非常によく使われますが、ネガティブな印象を与えることがあります。Likeを多用すると、相手は「この人、自分が話していることに自信がないのかな?」などと思われるでしょう。使いやすくて便利なLikeは多用しがちだからこそ、なるべく使わないように意識しましょう。

4.You know
重要なFiller Wordsが続きます。You knowは今回絶対に覚えておいてほしいFiller Wordsです。直訳すると「あなたは知っている」ですが、つなぎ言葉としては「わかるでしょ」や「ほら~よ」などです。

You know, I like coffee.
ほら、私ってコーヒー好きじゃん。
I don't like to take a plane. I always get that hurt in my ears, you know?
飛行機乗るの好きじゃないの。いつも耳が痛くなるの、わかるでしょ?

<関連広告>ジオスオンライン

まとめ

今回は数あるFiller Wordsの中から厳選して4つを紹介しました。機会があれば、映画やドラマを見るときにはFiller Wordsを意識してみてください。You knowやLikeなどが多用されていることが分かりますよ。実際に映像とリンクさせることで、Filler Wordsの使い方がわかってきます。ぜひ、映画やドラマでFiller Wordsを学習してみてください。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る