コーヒー大好きな国民性が嬉しい!オーストラリアでコーヒーを楽しもう!

オーストラリアの人は、コーヒーが大好きです!とにかく朝はコーヒーがないと始まらない、という人が多いですし、大手のカフェチェーン店が参入しようとも、動じることはありません。大手カフェに屈することなく、素敵なスペシャリティコーヒーをいただけるカフェがたくさんあり、みんな各々自分の好きなコーヒーを楽しみます。
のんびりしていて、どのビジネスも競争がなく、とかく一つの企業やお店の独占営業になりがちな筆者の住むケアンズでも、カフェだけは星の数ほど!唯一競争の激しいビジネスです。せっかくですから、オーストラリアにいらしたら、コーヒーをあれこれ楽しんでみてくださいね。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

1.オーストラリアにはいろいろなコーヒーがあります

カフェの種類もヨリドリミドリですが、コーヒーの種類もまたたくさんの種類があります!
初めは、何を頼もうか迷ってしまうかもしれませんね。
そこで、ここでは、あるカフェのメニューから、コーヒーの種類を見てみましょう。
・Cappuccino
・Latte
・Flat White
・Long Black
・Chai Latte
・Mocha
・Espresso
・Ristretto
(エスプレッソの半分の水で淹れる濃いエスプレッソ)
・Short Machiato
・Piccolo
(小さいラテですが、濃いめのコーヒーが楽しめる)
・Affogatto (アイスクリームにエスプレッソをかけたもの)
・Cold Drip
・Turkish coffee
(トルココーヒー、水からコーヒーを煮出して上澄みを飲むコーヒー)
・Baby Chino(小さいカプチーノ)

たくさん種類があって、楽しいでございましょう?ちょっと耳慣れないコーヒーの名前には、説明を加えてみたのですが、それでもいくつか日本と異なる点があります。
日本でよく飲まれるブラックコーヒーが飲みたいときは、Long Blackを頼むと良いです。オーストラリアのいろいろなカフェで一番人気のコーヒーを尋ねると、たいてい Latteか Flat Whiteと言われます。いずれもsteamed milk(温めたミルク)が入ったコーヒーですが、Latteにはふわふわのfoamed milk(泡立てたミルク)が1cmほどの厚みがあり、優しい口当たりです。それに対し、Flat Whiteは「flat」(平らな)という名前がついているように、steamed milkだけを入れて、ふわふわ盛りあがったfoamed milkがありません。
ミルクのふわふわがない分、一層コーヒーの味わいが楽しめるとも言えます。オーストラリアならではのコーヒーでもあります。

また、冷たいコーヒーが飲みたいときは、iced latte、 iced long black、 iced coffee、 iced mocha、「 iced」をつけると冷たいコーヒーが出てくるのですが、ここでも注意が必要です。
オーストラリアでは、iced coffeeというと、コーヒーの上にこれでもかというくらいホイップクリームが乗った、日本のコーヒーフロートのようなコーヒーです。それはそれでとっても濃厚でおいしいのですが(笑)、冷たいコーヒーを頼むときは、iced long blackを選ぶと良いでしょう。

このいろいろなコーヒーの中から飲みたいものが決まったら、

Can I have flat white with 2 sugars please?
(フラットホワイトをください。お砂糖はスプーン2杯で)

というようにオーダーできます。
この文さえ覚えておけば、flat whiteの部分を変えて好きなコーヒーをオーダーできます。
with 2 sugarsの部分もアレンジ可能です。例えば、

with sugar(砂糖入りで)
with milk(ミルク入りで)
without sugar(砂糖なしで)

ミルクといえば、オーストラリアでは、多くのカフェでミルクも選択可能です。
オーストラリアはビーガンの人や健康志向の方も多く、Soy milk(豆乳)、 almond milk(アーモンドミルク)、 coconut milk(ココナッツミルク)など種類豊富で、いやいや普通の牛乳でお願いします、ということを改めて言う場合は、 cows milkと言います。また、オーストラリアでは、カフェでも家庭でもコーヒーを淹れるときいつもミルクを使い、日本でよく使う小さな1回きりパックに入ったコーヒークリーマーをあまり使いません。

<関連広告>TOEICスコアアップ!イーラーニング英会話】スピードスピーキング習得

2.オーストラリアのコーヒーをお土産に♪

オーストラリアでは、それぞれのカフェが、とてもコーヒーにこだわりがあるので、roaster(ロースター)も兼ねているカフェが多いです。coffee roaster とは、コーヒーの焙煎もしていて、それを小売や卸売でも売っている業者さんのことです。そんなこだわりのコーヒーをお土産にするのも楽しいですね。
その場で味を試せれば一番良いのですが、全種類飲むわけにもいきませんので(笑)、いくつかコーヒーの味わいを表現する英語がわかると選びやすいのではないかと思いました。例えば、よくコーヒーについている説明は、こんな感じです。

Excellent balance, rich and syrupy, low bitterness, well rounded body medium roasted and long lasting cacao finish.
(非常にバランスのとれた、豊かな甘みのある味わい、苦味控えめ、ふくよかなコクがあるミディアムローストで、カカオのような味わいが後を引きます)

Balanceは日本語でも使いますが、コーヒーでは、acidity(酸味)とbitterness(苦味)
のバランスを指すことが多いです。

Well-rounded bodyもコーヒーの味の説明によく登場します。コーヒーの話題では、bodyはコクを指します。後味すっきり軽い味わいなら、light bodyと言えます。軽い順に、light body 、medium body 、full bodyといいます。
a coffee with light body やa full-bodied coffeeのように使います。
Finishとは、後味のことで、aftertasteという言葉もよく使われます。
a coffee with a clean finish(すっきり心地よい後味) a coffee with a smooth finish(スムーズな後味)というように使われます。

<関連広告>■英会話上達のコツが判明─。

3.おうちでお土産コーヒーを淹れてみよう

お土産にコーヒーを選んだら、早速飲んでみたいですね♪
コーヒーでも淹れながら、コーヒーを作るときに交わすであろう英語表現をついでに覚えてしまいましょう!

コーヒーは、仲間とおしゃべりしながら楽しめるもの♪
「コーヒーを淹れましょうか?」
と提案するときは、

Would you like a cup of coffee?
Would you like some coffee?

などということができます。

人によってコーヒーの好みは違いますからね、

How would you like your coffee?
(どうコーヒーを作りましょうか-例えば濃さとか砂糖有無とか)

と尋ねるのも忘れずに。

もし、コーヒーを淹れてもらう機会があったら、自分の好みを伝えるには、

I would like it strong.(濃いめでお願いします)
I would like it weak.(薄めでお願いします)

コーヒーだけでなく、お茶も、濃い薄いはstrong やweakを使います。

I would like it with sugar.
I would like it without sugar.

などと伝えることができます。

オーストラリアでコーヒーが大人気なのは、オーストラリアの人がコーヒーそのもの大好きなだけでなく、コーヒーを味わいつつ、大切な人と一緒におしゃべりして楽しめる時間を大切にしているからかもしれません。
そんなゆったりした時間をお楽しみください!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る