【バレンタイン間近】デートへの誘い・告白につかえるフレーズ集

新年が明けて、すぐに迎える大きなイベントと言えばバレンタインですよね。男性も女性もこの日にはウキウキしてしまうはずです。女性の皆さんは今年のバレンタイン誰かにチョコレートを渡す予定はありますか?もしかしたら手紙と一緒にチョコレートを渡すかもしれませんね。
男性の皆さんはチョコレートをもらうのを待っているだけでいいのでしょうか?このまま草食男子と呼ばれ続けていいのでしょうか?実は外国ではバレンタインの日に贈り物をするのは女性ではなく男性なのです。今回はバレンタインの日にも、日常生活にも使えるデートへの誘い・告白につかえるフレーズを大紹介します。
<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

日本のバレンタインと外国のバレンタインは違う!?

バレンタインデーは言わずもがな外国の文化です。日本に輸入されたバレンタインデーは、女性だけが好きな男性にチョコレートを与えるものとなっています。アメリカでも同様に人々はチョコレートを渡します。その点では、日本は上手に西洋文化を取り入れていますよね。
しかし問題は1つだけ。なぜか日本のバレンタインでは女性だけがチョコレートを与える日になってしまったのです。つまり西洋では男性も女性にチョコレートを贈るのです。この事実を知った皆さん、特に男性は今年のバレンタインに女性に贈り物をしてみてはいかがでしょうか?

<関連広告>
DMM英会話は、時間や場所に縛られずに自由にレッスンできます!

友チョコって何て言う?チョコレートに関する単語

日本のバレンタインデーで女性がチョコレートを贈るのは気になる男性だけじゃないですよね。友達に与える友チョコ、付き合いで与える義理チョコ、そして本命の人に与える本命チョコと種類があります。そんなチョコレートたちの言い方を英語でご紹介します。

・友チョコ
「友チョコ」とは友人に与えるチョコレートのこと。これは英語にするのも簡単ですよね。英語で言うと”Friend Chocolates”。仲が良くて気になる女性からだけは貰いたくないですよね。もし貰ったら友達以上恋人未満の関係という烙印を押されることになります。友達以上恋人未満は英語で”flirtationship”です。

・義理チョコ
義理チョコも日本のバレンタインでは欠かせませんよね。よくクラスの中心的存在だった女子がバレンタインの日に義理チョコを配って回っていたのはいい思い出です。そんな義理チョコを英語にすると”obligation chocolates”です。”obligation”には「義理、義務」という意味があります。

・本命チョコ
これが男子にとっては何よりも大切なチョコレート。そんな本命チョコを英語でいうのはとっても簡単。皆さんが知っている”favorite”とという単語をつけて”favorite chocolates”と言います。
<関連広告>子ども専用オンライン英会話

デートの誘い・告白につかえるフレーズ集

ここからは今回の本題に入っていきます。異性をデートに誘うとき、異性に告白をするときに仕える英語を一気に紹介します。

・Pick Up Line
“pick up line”とは「口説き文句」のことです。映画やドラマを見ているとよくpick up lineが使われています。主なpick up lineは以下の通り。

Let me get you a drink. 一杯おごらせてよ
Do you live around here? この辺に住んでいるの?
Have I seen you before? 前に会ったことある?

・Can / Could I get your number?
まずは相手の連絡先を知らなければ、デートにも誘えません。相手の連絡先を聞くときの定番フレーズが”Can / Could I get your number?”、「電話番号教えてもらってもいい?」です。

・Are you on~?
~にはFacebookやTwitter等のSNSを入れてください。今ではほとんどの人がSNSを使用していますよね。電話番号を聞くのはハードルが高くても、SNSをしているかどうかを聞くのはそれほど難しくないですよね。

Are you on Facebook?
Facebook使っていますか?

・Are you seeing anyone lately?
意味は「最近誰かと会っているの?」です。気になる相手に恋人がいるかどうか知りたいときに使えますね。

もし”I’m seeing someone”と言われたら、「デートしている人がいる」という意味になります。

・Are you free for ~ on…?
これは相手の予定を尋ねる時に便利なフレーズです。例えば”Are you free for dinner on Sunday?”とすれば「日曜日一緒にディナー食べれる?」となります。onの後ろには曜日を入れましょう。

・Let’s go for a~?
これは「~に行ける」という意味です。デートに誘うときに仕えます。

Do you have any plans today?
今日なんかすることあるの?
Not especially.
特にないよ
Good, then let’s go for a movie?
よかった、じゃあ一緒に映画見に行ける?
Sure, sure.
もちろんよ

・Do you want to go on a date sometime?
直接的ですが、意外とよく使えるフレーズなのではないでしょうか?意味は「今度デートしない?」です。

・I have aways loved you
これは愛の告白に使えるフレーズです。”have always loved”とすることで意味は「ずっと好きでした」となります。

・Will you go out with me?
“go out with~”で「~と交際する」という意味です。そのため”Will you go out with me?”は「付き合ってくれる?」となります。

・I love everything about you.
これは「あなたのことが全部好き」という意味です。確実に愛が伝わります。

・You’re very special to me.
これは結構ドラマ・映画で耳にするセリフです。意味は「君は特別な存在なんだ」です。気になる相手や恋人だけではなく、自分の子供にも使えますね。

<関連広告>大学生向け実績No.1海外インターンシッププログラム

最後に日本語特有のフレーズを英語に訳してみたいと思います。

・Would you make me miso soup everyday?
ご察しの通り意味は「味噌汁を毎日作ってくれないか?」です。外国人に行っても、おそらく理解されないと思います。

・Will you share my grave with me?
“grave” は「墓」という意味の単語です。この文を訳すと「一緒のお墓に入らないか?」です。

外国人をデートに誘うとき、告白をするときは自信を持つことが大切です。英語が苦手だからと、下を向いてぼそぼそと喋ったらマイナスな印象しかありません。今回紹介したフレーズはほんの参考程度にしてください。大切なのは文法の間違いを気にすることよりも、好きという感情を自信をもって伝えることです。

さらに今回に記事では西洋のバレンタインの在り方もご紹介しました。女性だけがチョコレートを渡す日ではないのですね。今年のバレンタインデー、女性だけではなく男性もチョコレートを渡してみてはいかがですか?favorite chocolatesの他にfriends chocolatesもやってみると案外盛り上がるかもしれませんよ。バレンタインデーももうすぐです。皆さんが素敵なバレンタインデーを過ごすことを願っております。
<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る