時間を表す表現を使いこなそう!

時間に正確な方も、どちらかというとルーズかな、という方も、重要な約束をした時間には遅れることがあってはまずいですよね。相手が遅れそうだからと言って自分もゆっくり支度していたら自分の方がギリギリになってしまった、という経験はみなさん一度くらいあるんじゃないでしょうか。私はあります。
今回は主に時間に関係した記事をまとめました。時間を正しく相手に伝えることが不安という方にとっても役立つ記事もあります。見てみてください!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

暮らしの様々な局面でTIMEというありふれた単語をもっと使いこなそう!

日本語にもたくさんありますが、時に関係した表現は海外にも多く存在します。初めに紹介するこの記事では、「時間ギリギリで到着する」や「楽にしてください」といったような、特にたくさん使われているものを教えてくれています。数は多いですが、少しでも覚えておけばきっと使う場面は訪れるであろう重要表現ばかりです。チェックしてみてください!

忠実に伝えたい!時間感覚を表す英語表現

次も先ほどと同じ、時に関する表現方法を紹介していきますが、この記事の方がやや高度かもしれません。よく使う表現に間違いはないので、スラっと使えるようになったら便利ですね!
回数や頻度に関するフレーズは特に普段の会話の中にも取り入れやすいので、ぜひ覚えて使ってください。

<関連広告>1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座

時間はコミュニケーションの基本!~「時」に関する英語の表現まとめ

最後は、似た意味で使われる2つの単語の違いと使い方を解説してくれている記事です。どちらを使っても良いわけではないので、複雑でもきちんと覚えて正しい表現をするようにしましょう。時間に関してあいまいな表現をそのまま使ってしまうと、自分だけでなく相手にも迷惑がかかってしますかもしれません。ここで身に着けてしまいましょう!

時間を大切に

いかがでしたでしょうか。海外は日本よりも時間を重要視する傾向がない印象ですが、それでも有限なものには違いありません。同じ時間の中で人と関わっていくことにおいて、正確な英語表現は絶対に必要なものです。
実際に必要な状況で慌てることの無いように、学習してみてください!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る