英語だと思って使ってるかも。伝わらない和製英語

グローバル化を推進している日本では普通に生活をしていてもカタカナを使用しますね。例えばパーカーとか、ベビーカー、モーニングコールなどなど。しかし、カタカナだからと言って海外へ出て話してもすべて通じるとは限りません。先ほど挙げた例も全て海外で話しても通じません。これらはすべて日本人間でのみ通じる和製英語です。そんな私たち日本人が普段使っている和製英語を取り上げている記事を紹介します。これらの記事を読んで海外で和製英語を使用しないようにしましょう。
<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

海外で絶対に使ってはいけないジャパニーズイングリッシュ!慣れてるから要注意。

最初のこの記事は結構いろんな言葉の和製英語を紹介してくれています。世の中の最も多い職種であるサラリーマンは実は和製英語です。また、OL(=Office Lady)も現地では使われていません。正しくは双方ひっくるめて“Office Worker”です。
このようによく使用している一見英語のような日本語がたくさん載っている記事です。ただ、絶対に使ってはいけないと書いてありますが、禁止用語とかではなく意味が通じないというだけなので、そこまで身構えずに読んでみてください

“コンセント”は和製英語!意外と知らない本当の英語表現

この記事でもサラリーマンやコンセントについて書いてあります。この記事では和製英語を実際の英語だとどのような意味になるのかも載せている記事なので、和製英語から正しい英語に直すことと同時に間違って使っていた英語の本当の意味を知ることができます。また、そのまま通じるカタカナ語もあるのでぜひ目を通してみてください。
<関連広告>驚きの価格!海外格安航空券 スカイチケット

“コンセント”は和製英語!意外と知らない本当の英語表現

こちらの記事でも間違って使ったときに相手に伝わる内容を書いてくれている記事です。こちらの記事では一つ一つの和製英語の意味と用法をしっかりと説明してくれているのでとても親切な記事となっているでしょう。間違った単語だけを知りたい場合は最初の2記事を読むとスムーズですが、ゆっくりどう使えばいいのかを知りたいのであれば、この記事をお勧めします。

通じないって知ってました?職場で使っている和製英語10選

こちらの記事も和製英語を紹介していますが、今回は職場や、お仕事に関係があるような和製英語に焦点を絞って紹介してくれている記事です。“サラリーマン”の方は海外転勤や出張を言い渡されることもあるかと思います。そんなとき、この記事に載っているような和製英語を使わないように、社会人の皆さんは一度目を通しておくといいかもしれませんね。
<関連広告>
クレカの準備は大丈夫?「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード」

まとめ

和製英語特集いかがでしたか。わりとよく使うような言葉が挙げられていましたね。私も使うような言葉ばかりで気を付けなくてはいけないなと思いました。“Office Worker”は男女関係なく「オフィスで働いている人」という海外ならではという感じですね。
ということで今回の和製英語いかがでしたか。海外へ行く前にぜひこれらの記事を読んでよく使う言葉だけでもリストアップしてみてはいかがでしょうか。

それではみなさんの自分に合った良き英語学習を。
<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°


トップへ戻る