ハリウッドがポケモンを実写化!?大こけ、いや予告動画がすごいぞ!

GoogleAdManager

ハリウッドがポケモンを実写化した映画を製作しています。そのタイトルこそ、「POKÉMON Detective Pikachu(ポケモン 名探偵ピカチュウ)」です。タイトルから推測できるよう、ピカチュウを主人公としています。前評判では大コケ間違いなしと言われていましたが、予告動画が公開されてからは大絶賛の嵐。ピカチュウを演じるのはデッドプール!?今回は「POKÉMON Detective Pikachu」の予告動画を中心に英語学習しましょう。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

POKÉMON Detective Pikachuのあらすじ

Welcome to Ryme City.
ライムシティへようこそ。

A celebration of the harmony between humans and Pokemon.
人間とポケモンの美しき調和のお祝いへ。

博士?:Tim, your dad was a legend in this  precinct. If you are anything like your dad, 
ティム、君の父親は、この行政管区の伝説だった。君が父親のようであるならば、

ティム:I'm not.
僕は違います。

博士:I remember you wanted to be a Pokemon trainer when you were young.
君が小さかったころ、ポケモントレーナーを目指していたのを覚えているが。

ティム:Yeah, that didn't really work out.
上手くいかなかったんですよ。

【単語解説】
celebration – 祝い
legend – 伝説
precinct – 行政管区
work out – 上手くいく

ティム:Someone there? Whoever you are, I know how to use this.
そこに誰かいるのか?お前が誰であろうと、俺はこれの使い方を知っているぞ。

ピカチュウ:Aw, jeez. Here we go.
見つかっちゃったか。

ピカチュウ:I know you can't understand me, but put down the stapler or I will electrocute you.
君が俺の言葉を理解できないのは分かってる。だが、そのホッチキスを下ろすんだ。そうしなければ、電気ショックを与えなきゃいけないからな。

ティム:Did you just talk?
今、しゃべった?

ピカチュウ:Whoa, did you just understand me? Oh my God! You can understand me!
俺の言葉を理解したのか?なんてこった!君は俺を理解できるんだ!

ティム:Stop!
やめろ!

ピカチュウ:I have been so lonely!
ずーっと孤独だったんだよ!

【単語解説】
jeez – なんてこった
put down – 下す
stapler -ホッチキス
electrocute – 感電死させる

ピカチュウ:They try to talk to me all the time. All they hear is Pika-Pika.
いつも人間は俺に話しかける。でも、彼らが耳にするのは決まって「ピカピカ」なのさ。

ティム:You can hear him, right?
ピカチュウが聞こえるでしょ?

ピカチュウ:Pika-Pika.
ピカピカ。

女性:Yeah. Pika-Pika-Pika. He's adorable.
ええ、ピカピカピカ。とっても可愛いわね。

ピカチュウ:You're adorable. They can't understand me, kid.
君の方が可愛らしいさ。人間は俺のことを理解できないんだよ。

ティム:Can no one else hear him?
誰もこのピカチュウを理解できないのか?

【単語解説】
all the time – いつも
adorable – 可愛らしい

ピカチュウ:I don't need a Pokemon Period.
ポケモン時代なんていらないさ。

ピカチュウ:Then what about a world class detective? Because if you wanna find your pops, I'm your best bet. We're gonna do this, you and me.
じゃあ、世界クラスの探偵なんてどうだ?お前の父ちゃんを探したいなら、俺は最高の相棒になれる。君と俺でやるんだ。

ピカチュウ:There's magic. It brought us together. And that magic is called hope.
マジックが、俺たちを引き合わせたんだ。希望という名のマジックがな。

ピカチュウ:Listen up, we got ways to make you talk or mine. So tell us what we wanna know.
聞いてくれ、君をしゃべらせる方法がある。だから、俺たちが知りたいことを教えてくれ。

ピカチュウ:Pipe. Yes. Okay. A can. Shoving? Pushing.
パイプ。イエス。缶。押し合う?押す。

ピカチュウ:My problem is that I push people away and then hate them for leaving.
問題は、俺は人々を押しのけて、彼らが立ち去ったら嫌うことだ。

ティム:He's saying you can shove it.
彼はくそくらえと言ってるよ。

ピカチュウ:What? I can shove it? Okay. That's it. No. We're switching roles. I'm bad cop, you're good cop.
なんだって?くそくらえ?オッケー、もういい。役割が変更しちまった。俺は悪い警察で
お前は優秀な警察だ。

ティム:No we're not cops!
俺たちは警察じゃない!

ピカチュウ:In my head, I saw that differently.
頭の中で、違う見方をしていたよ。

【単語解説】
period – 時代
detective – 探偵
pop – 父ちゃん
listen up – よく聞く
push away – 押しのける
hate – 嫌う
switch – 変更する
role – 役割
cop – 警察

名探偵ピカチュウは史上初となるポケモンの実写映画です。ジャンルはアクション・ミステリで、主人公はピカチュウ。

気になる映画のあらすじはというと、iMDbで以下のように記載されています。

In a world where people collect Pokémon to do battle, a boy comes across an intelligent talking Pikachu who seeks to be a detective.
人々がポケモンバトルに熱狂する世界で、1人の少年がスマートでおしゃべりな探偵ピカチュウと出会う。

【単語解説】
collect – 集める
come across – 出会う
detective – 探偵

予告動画を見ても分かりますが、ポケモンマスターの夢を諦めた少年がピカチュウと共に、行方不明になっている父親を捜すというもの。面白い点は、少年はピカチュウの渋い声が聞こえ、話している内容も理解できますが、他の人にはお馴染の「ピカピカ」としか聞こえないということ。

また、お馴染のポケモンたちもたくさん登場するので、観てるだけでワクワクしますよね。「どうせ失敗に終わるんだろう」と思った方も、予告を観ただけで心変わりしたのではないでしょうか?私はそうでした。

デッドプールがピカチュウ!?

最後にキャストを紹介しましょう。すでにお気づきの方は多いと思いますが、ピカチュウの声優を務めるのはライアン・レイノルズ。彼はデッドプールを演じていることで知られています。

そして、ピカチュウの相棒ティムを演じるのは、近年注目を集めているジャスティス・スミス。彼は「ジュラシックワールド/炎の王国」でフランクリン・ウェッブ役を演じ、ドラマ「ゲットダウン」など話題作にも出演しています。

また、予告編にも登場していましたが渡辺謙も出演していましたね。キャストの豪華さも注目ポイントです。

まとめ

今回は話題の映画「名探偵ピカチュウ」の予告動画で英語学習をしました。失敗作になるかなあと思いきや、予告動画のクオリティは非常に高いです。出演キャストも豪華なので大きな期待ができるでしょう。日本での公開予定日は未定ですが、アメリカでは2019年5月10日に公開予定です。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

トップへ戻る