ボーダフォンがイギリス脱出!?「ブレグジット」の高すぎる代償

世界最大の多国籍携帯電話事業会社、ボーダフォンがイギリスのEU離脱を受けて、本社をロンドンから国外に移すことを検討しています。企業のイギリス離れについて、英語で読んで行きましょう。
(英文は、”Vodafone could move London HQ outside UK post-Brexit” BBC.com 2016/6/28)

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

☆ イギリスで1万3000人を雇用

The telecoms giant said in an emailed statement it was important to retain access to the EU's free "movement of people, capital and goods".
 電気通信業界の超大企業であるボーダフォンは、電子メールで配信された声明の中で、EUの自由な「ヒト、カネ、モノの移動」へのアクセスを保つことが重要だと述べた。

(単語チェック)
telecoms:telecommunication(電気通信)の省略(複数形)
retain:維持する

ボーダフォンは、日本では2001年に携帯電話事業「Jフォン」の日本テレコムを買収して、「ボーダフォン」のブランドで日本に参入しましたが、結局2006年に携帯事業をソフトバンクに売却して撤退しました。

このため、短期間で撤退した企業というイメージだけが残ったかもしれないボーダフォンですが、英国を代表する企業の一つで、全世界で従業員数は11万人。そのうち1万3000人が英国で働いています。そんな企業が国外に出て行ってしまったら、イギリスの経済に与える影響はかなり大きいでしょう。

<関連広告>本気で英語をモノにしたいビジネスマンに圧倒的な支持!【Yumiの脱カタカナ英語マニュアル】

☆ 利益の半分近くが欧州大陸から

It was too early to "draw any firm conclusions regarding the long-term location for the headquarters".
 ボーダフォンはしかし、「長期的に本社をどこに置くかというはっきりとした結論を出す」のは時期尚早だとしている。

(単語チェック)
draw conclusion:結論を引き出す
firm:確固たる
headquarters:本社

このように、本社移転が決まったわけではないと言いますが、他の多くのイギリス大企業と同様に、ボーダフォンの実際の事業の基盤はすでにイギリスの外にあります。

Vodafone said that 55% of group profits in the last financial year came from its European operations, with the UK providing just 11%. The company is also to start reporting its financial results in euros, rather than pounds.
 ボーダフォンによれば、昨会計年度の連結利益の55%がヨーロッパでの事業によるものであり、うち英国は11%だ。同社は財務諸表をポンド建てからユーロ建てに変更することになっている。

(単語チェック)
group profits:連結利益
financial year:会計年度
financial results:決算結果、財務成績

ボーダフォンは昨年11月に、今年の決算から決算報告をユーロ建てにすることを公表していました。収入の半分近くがユーロ建てなので、従来のポンド建て決算では、ユーロの為替変動の影響を大きく受けてしまうからです。

同じ理由で、イギリスの大企業であるBP(ブリティッシュ・ペトロリアム)とロイヤル・ダッチ・シェルはドル建てで決算報告をしています。石油は世界的に取引がドル建てで行われるため、明らかにその方が合理的です。

<関連広告>英語教材「集中5分!スラスラ話せる英会話<ビジネス編>」

☆ EU共通市場の枠組みが欠かせない

The company said: "It remains unclear at this point how many of those positive attributes will remain in place once the process of the UK's exit from the European Union has been completed," it said.
 ボーダフォンはまた、「英国のEUからの離脱が完了してもこうした望ましい市場環境が存在し続けるかどうか、現時点では依然不透明だ」としている。

(単語チェック)
attributes:(元々備わっている)特質、特性、性格
remain in place:依然として有効である
 in place:環境が整って、全て準備万端に整って
  Everything is in place and ready to go.
   出かける準備は全て整っている。

ボーダフォンは、ヨーロッパ全体で事業を展開するには、ヒト、カネ、モノの自由な移動だけでなくEU加盟国間に共通な法的なフレームワーク(枠組み)も欠かせないと言っています。このため、将来「イギリス企業」であることがEUで事業展開する上で不利になる可能性を懸念しています。

Vodafone said it would strengthen its regulatory and public policy activities in Brussels "to ensure the group's substantial businesses within the European Union continue to be represented appropriately".
 ボーダフォンは今後(EU本部がある)ブリュッセルで規制や公共政策に関する活動を強化すると述べた。「グループ内企業のEU内での権利が適切に守られるようにする」ためだ。

(単語チェック)
regulatory:規制の
substantial:かなりの、相当な
represented:代表される、権利が守られる
appropriately:適切に

<関連広告>ビジネス英語なら日経

☆ 他企業のイギリス離れにも拍車?

Other businesses have expressed alarm at the vote to leave the EU and the consequences of not being part of the European single market.
 他の企業も、EU離脱を問う国民投票や欧州単一市場からの離脱に対して不安を表明してきた。

(単語チェック)
businesses:企業(companies)
 The tax hike hit small businesses much harder than it did big companies.
  増税は、大企業よりも中小企業にはるかに大きな打撃を与えた。
alarm:警告、不安
consequences:結果

企業が不安になるのは当然ですが、イギリス政府も将来国内の産業が縮小してしまわないか、大きな不安を抱えています。

Mr Javid said: "The biggest issue raised was the need to secure continued access to the single market." 
 ジャビッド(英国ビジネス・イノベーション・技能担当)大臣は、「単一市場へのアクセスを引き続き確保しなければならないというのが、最大の懸案だ」と語った。

イギリス離れの可能性は、海外からイギリスに進出している企業にもあります。たとえば日本のトヨタ、日産、ホンダといった自動車メーカーは英国内に生産拠点があります。

投票結果を受けて、EUを離脱したイギリスでの生産は大陸向けに関税がかかるので大打撃、テレビのニュースで説明されていました。しかしEUにおける彼らの拠点はイギリスだけではありません。たとえばトヨタの場合、2015年のヨーロッパでの生産実績は、フランス、チェコ、イギリスの順でした。

今後イギリスからEU向けに関税がかかれば、イギリスでは国内向けの生産を行い、大陸EU向けを拡大するという方向は十分考えられます。またそれほど難しいことではないでしょう。

反対に、世界からの投資で成り立っているイギリスにとって、こうした動きは大打撃です。投資が本格的に逃避しはじめたら、イギリスは一気にヨーロッパの小国になってしまうかもしれません。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°


トップへ戻る