英語による勘違い連発(笑)初心者の勘違いから熟練者の勘違いまで、笑い飛ばして英語上達!

GoogleAdManager

母国語の日本語でも聞き違い、勘違いはよくあることですから、外国語として使う英語では勘違いは日常茶飯事。「自分の英語は間違っているんじゃないか」と恥ずかしがることはありません!筆者のほうが変な間違いいっぱいしていますから。オーストラリア暮らしで出会ったいろいろな勘違いを見て、リラックスして英語に向き合っていただけたら、と思います。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

1.聞き間違いもよくあります!

筆者の夫は、少し日本語がわかります。でも本当に少ししかわからないので、今でも「さかな」が魚だったか、「せなか」が魚だったかわからなくなります(笑)。
英語には、日本語にない発音もありますから、聞き間違いもよくします。筆者も、最近、やってしまいました、聞き違い。
小学生の娘が、国語(英語)の授業でグレートバリアリーフの生態系についてBob Manning(ケアンズの市長)に手紙を書いている、と言っていたのですが、筆者はずっと、Bob Marley(かの有名なレゲエミュージシャン)に手紙を書いているのかと思っていて、「なんで、ボブ・マーリーを選んだのかしら?」と本気で考えていました(笑)。
これは、Lと Nとでは、舌の位置も似ているので、似た音に聞こえてしまって間違えたのだと思いますが、英語の聞き間違いは、発音のせいばかりではないのですよ。

英語では、いくつか連なる単語を流れるようにつなげて読みます。
例えば、first of allを発音するとき、英語初心者の方は、「ファースト オブ オール」と3語に区切って読みがちなのですが、実際の言い方では、カタカナで書くと「ファーストヴォール」に近い言い方をします。ですから、まるで「festival」と発音しているかのように聞き間違えてしまうことが多いのです。

せっかくですから、いくつか、単語がつながって聞こえる例をご紹介しますね。
・want to
これは、「ウォントゥ トゥ」とは発音せず、「ウォントゥ」のように発音します。このように、前の単語の最後の子音と次の単語の先頭の子音が重なるときには、スムーズに発音しにくいので、前の単語の最後の子音は発音せず、つながっているように発音します。
black coffee(「ブラック コーヒー」でなく「ブラッコーヒー」), good day(「グッド デイ」でなく「グッデイ」)なども同じ例です。
この例は、youとつながる例がとっても多いような気がします。
get youも「ゲット ユー」とは言わず、「ゲッチュー」に近い感じの発音になります。
want you「ウォンチュー」、 thank you「サンキュー」など、思えばすっかり日本語でも馴染んでいる発音のものも多いですね!

・first of all
先ほども出てきたfirst of all は、子音と母音がつながって聞こえる例ですね。子音と母音の組み合わせもかなりあります。
a lot of「ア ロット オブ」でなく「ア ロットブ」t+母音の例
talk about「トーク アバウト」でなく「トーカバウト」k+母音の例
in it「イン イット」でなく「イニット」n+母音の例
far away「ファー アウェイ」でなく「ファーラウェイ」r+母音の例

ここに挙げているのはほんの一部ですが、こういった法則があることを意識しながら発音していると、英語らしい発音に近づきますし、リスニング力がアップしますよ!

2.言い間違いもよくします!

言い間違いでも恥ずかしいことがありました!なんのきっかけだったか、「選挙」の話をしていた時のこと。真面目な話です。選挙は、英語でelectionと言うのですが、つい言い間違えて、erection(勃起)と言っていたのです!真面目な話をしていただけに、相手の方たちも、「この人は外国人だから」という変な気遣いで、全然笑わないで最後まで聞いていましたよ。これがもっと恥ずかしい!夫だけが、「勃起って、おまえ、笑える~」と失礼にもいつまでも大うけしていて、真面目な話台無しです。

こんな間違いもあります。医者にもらった処方箋の話をしていました。処方箋は英語でprescriptionというのですが、今でも時々間違って、description(描写)と言ってしまいます。だって、subscription (購読)などscriptionが付く言葉って似ているんですもの!

こんな間違いもあります。「このカメラの説明書(instruction)がさ~」と夫に言おうとして、distraction(注意散漫)と言っていて、You are distracted!(君が注意散漫だろ!)とつっこまれることも(笑)。
ちなみに、distractionが、一文字違ってdestractionとなると、破壊という意味になるのですよ。ややこしいでございましょう?

英語のボキャブラリーを増やす一方法として、接頭辞や接尾辞が同じものを一気に覚えてしまう方法もあり、筆者もその方法でたくさんボキャブラリーは増えたはいいけれど、時々どれがなんだったかはき違えてしまいます(笑)。

3.意味の勘違いだってあります!

これまで見てきた間違いは、英語をよく聞き、話すことで、ある程度解消できる間違いですが、文の意味自体を勘違いしていたこともあるんです!!
それは、筆者がオーストラリアで結婚し、永住ビザを申請するために、健康診断に行ったときのこと。その時点で、オーストラリアには5、6年住んでいたので、英語にも慣れていたはずです。
健康診断には、子宮頸がんを発見するためのパップテストも含まれており、その際、お医者さんが、こんな質問をしてきました。
“Are you sexually active?”
筆者は、「性的にアクティブかって?」と思ったわけです・・・
アクティブかな~、そんなこともないよな~、いや、普通の人はどれほどアクティブなんだろうか・・・
と心の中で、何と答えたら良いものかだいぶ迷いました。
そうしましたら、お医者さんが、察してくださいましたよ(笑)。
sexually activeとは、最近性交渉をしたかどうかを確かめる質問で、もし答えがイエスであれば性感染症などもチェックすることができますでしょう?お医者さんがよく使う訊き方なので、英語環境に慣れていてもその時まで聞くことがなかった表現だったのです(笑)。
うちに帰ってから、夫にこのことを話したら、夫大爆笑。それから1週間くらいこのネタで笑っていました・・・

こんなお医者さんの英語表現に出会うことはあまりないから、と油断することなかれ。英語初心者の方でも勘違いすることはあるのですよ!それは、筆者が英語を教えていた時のこと。当時の生徒さんがおっしゃっていました。「boy friends, girl friendsという言葉があるけれど、自分は長らく、男の友達、女の友達、と思っていて、彼氏、彼女のことだとは思わなかった。」と。確かに!間違ってはいないですよね、boy、 girlのフレンドですから!実際、「女友達」の意味でgirl friendと使うこともありますし。

いかがでしょうか、英語初心者でも、英語に慣れているつもりでも、間違えることはいっぱいあるんです!みんな間違って、笑い話にしながら上達しているんです。恥ずかしがらずに、おおらかに英語を楽しんでくださいね~。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

トップへ戻る