留学生として扱ってくれない大学

大学の交換留学で留学をしたいと思っている人はたくさんいます。提携を結んでいるので何かあった時にも連絡がとりやすいし、優遇してくれることがあるので人気となっています。
このような大学から留学する場合、学校内で選抜が行われることがあります。また、募集人数に達していないとしても、その海外の大学で授業を受けられるかどうかを確かめる意味として英会話がどの程度できるかを試されます。ただ受験英語ができるだけでは全く太刀打ちできないからです。
私も試験を受けましたが、これを通っても満足してはいけないなと強く思いました。私が行った大学は、留学生が多く、英語で話せて当たり前で、留学生だからという特別な処置は何もとってくれなかったからです。日本の大学での試験には合格したものの、そのレベルがまだまだ低かったということでしょう。よって、もし交換留学をしようとしている人がいるのであれば、英会話だけはどこまで行っても満足することなく準備しておいた方が良いです。訛りがあるならその訛りまでマスターしておかないと会話になりません。サポートがあるかないかによってもかなり変わるので、現地の大学の情報は事前にチェックしておくことも忘れないようにしましょう。

吹き屋 女 25歳

トップへ戻る