私の思う一番使用頻度の多い英会話フレーズとは

留学をしていた時のことを振り返ってみると、一番使用頻度の高かった英会話のフレーズと言えば「Hi how are you?」だと思います。

とにかくこのセンテンスは、様々な場面で使われ、スーパーのレジやレストラン、病院の受付けなど、日本人の感覚でいうと「こんにちは」や「いらっしゃいませ」のような使い方なのではないかなと推測できます。

留学当初は、流れが掴めず相手から「Hi how are you?」と言われるがままでしたが、慣れるに従い条件反射のように誰かに会うと、このセンテンスが口をついて出てくるようになりました。

答え方と言えば、多くの方が「I’m good」と無難に答えていたように思います。その言葉に「Yourself?」とつなげると「あなたは?」と相手に疑問を投げかける言葉になり、相手も当然のように「I’m good」と答えます。
時々変化球で「Not bad」と答える方もいらっしゃいました。

また、病院で受付で待っている時に受付の方より「Hi how are you?」と聞かれていた方が、明らかに具合が悪そうなのに「good」と答えていたのを聞いた時は、具合が悪くてもgoodって答えてしまうものなのだろうかと疑問に思ったものです。

このフレーズさえ、すぐに口をついて出るようになれば、空港のイミグレーション等でも、良い印象を持ってもらえるのではないかと思います。

ponちゃん、女、40歳

トップへ戻る