UntilとByの違いから、Untilの否定文まで徹底解説

GoogleAdManager

突然ですが、下の2文の違いは分かりますか?

・I have to write the letter until 5.
・I have to write the letter by 5.

UntilかByの違いですが、意味は大きく異なります。でも、英語に精通した方ならわかるかもしれません。それでは、以下の文章はどうでしょうか?

・We don't open until 13.
・We open until 13.

肯定文か否定文かの違いですが、これもまた意味が異なります。Untilは複雑な単語で、一度はじっくり勉強しておくべきです。今回はUntilについて見ていきます。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

UntilとByの違い

結論から言うと、UntilとByの違いは、期限を示すかどうかです。Untilの意味は「~まで」、対してByは「~までに」という意味になります。「に」がつくかどうかで、意味は大きく異なるのです。

例えば、「5時までにエッセイを書いてください」と「5時までエッセイを書いてください」だと意味は違いますよね。「5時までに」となっているなら、エッセイを終えなければいけません。でも、「5時まで」なら、エッセイを5時まで書き続ける必要があり、終わったかどうかは関係ないのです。
つまり、By+時間を示す単語だと、特定の時間までに終了させておく必要があります。Until+時間を示す単語ならば、特定の時間まで動作を継続させる必要があるのです。少し複雑ですよね。例文を見て、理解を深めていきましょう。

I have to write the letter until 5.
5時まで手紙を書かなければいけない
I have to write the letter by 5.
5時までに、手紙を書き終えなければいけない

これは冒頭で尋ねた英文の意味。正直、Untilを使った最初の文は微妙です(申し訳ありません)。というのも、時間にもよりますが、5時までひたすら手紙を書き続ける必要があるから。今、昼の1時なら4時間も手紙を書き続けるということ。いったい、何枚手紙を書くんだという話ですよね。

対して、Byを使った文章は自然な意味となっています。5時までに、手紙を書き終えていれば問題なし。

Taro can swim by Friday.
太郎は金曜日までに泳げる
Taro can swim until Friday.
太郎は金曜日まで泳げる

もう違和感に気づけますよね。Untilの文章では、「金曜日まで泳げる」という超人的な太郎君が登場しました。Byの方だと、太郎君はケガでもしているのでしょうか。でも、金曜日までには泳げるだろうという意味になっています。

見てきたように、Byは期間までの終了を示し、Untilは期間までの継続を示すのです。Byがあれば「その時間までに終了だな」、Untilがあれば「その時間まで継続だな」と考えると良いでしょう。

Finish cleaning your room by 2.
2時までに部屋掃除を終わらせなさい

You can not go out until you finish your homework.
宿題が終わるまで、遊びに出かけてはいけない

Can you send me a report by Tuesday?
火曜日までにレポートを送ってくれるかい?

You can sleep until 4.
4時まで寝てもいいよ

肯定文と否定文のUntilの違い

UntilとByのとの違いが分かったところで、次は肯定文と否定文におけるUntilの違いを見ていきます。まずは、記事の冒頭で紹介した例文を見てみます。

We open until Saturday
私たちは土曜日まで営業しています。

この文章は特に問題ありませんよね。お店は土曜日も営業しているのです。しかし、否定文になると意味は異なります。

We don't open until Saturday.
私たちは土曜日まで営業しません。

上の文章では、お店は金曜日まで休みで、土曜日は営業開始となります。否定文のUntilは訳し方に要注意。例えば、以下の文章を見てみましょう。

I couldn't relax until he stop arguing with a guy.
彼が男と口論するのを止めるまで、リラックスできなかったよ。

You can not leave here until you finish the work.
仕事が終わるまで、ここから出てはいけないよ。

I didn't start to learn English until 2019.
2019年まで英語の勉強をしてなかった(2019年から英語の勉強を開始した)

このように、否定文のUntil+期限は、期限を含まないので要注意。The bar was not opend until Fridayで、「金曜日までバーは閉まっていた」と訳しては間違いとなります。正しくは、「木曜日までバーは閉まっていた」や「金曜日にバーは開いた」などのように訳します。

よく、否定文のUntil + 期限の文は、「期限になって初めて~した」と訳されます。先ほどの例文と、同じ文章を「初めて~」の意味で訳してみましょう。

I couldn't relax until he stop arguing with a guy.
彼が見知らぬ男と口論するのを止めて、初めてリラックスできた。

You can not leave here until you finish the work.
仕事が終わったら(終わって初めて)、ここを出ていいよ。

I didn't start to learn English until 2019.
2019年に(なって初めて)、英語の勉強を開始した。

どうでしょうか?同じ意味でも、訳し方によって少し印象が異なりますよね。どのように訳すべきかは、文章内容によります。ただし、常に自然な訳になるように心がけるといいですね。

She won't arrive here until 10.
She won't arrive here by 10.

上の文章は、どのように訳しましょうか?まずは、Byの方から見ていきましょう。Byは「期限」を示す単語なので、「10時までに到着しない」、つまり「彼女は10時以降に到着する」という意味になります。

対して、Untilの文はどのように訳しましょうか?困ったときは、「~になって初めて」の意味を当てはめてみましょう。すると、「10時になって初めて彼女は到着する」という意味になるので、「彼女は10時に到着する」と訳せます。

否定文のUntilは少し訳し方が複雑です。もし意味の取りかたなどで迷ったら、「~になって初めて」に当てはめて考えてみましょう。

まとめ

今回は英語学習者を悩ますUntilについて見てきました。大切なので、最後にもう一度ポイントをまとめましょう。

・Untilは継続を表し、Byは期限を表す
・否定文のUntil+期限は、期限を含まなくなる
・否定文のUntilの意味で迷ったら、「期限になって初めて~した」に当てはめる

英語中上級者でも迷うポイントですので、ぜひ一度じっくりと学習してみてください。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

トップへ戻る