【映画公開】アラジン主題歌”A Whole New World”で英語学習

GoogleAdManager

2019年あの映画『アラジン』が実写映画となって公開されますね。ランプの精霊ジーニーを演じるのはウィル・スミスなど大きな注目を集めている映画です。そして、「アラジン」と言えば名曲中の名曲”A Whole New World”。耳にしたことはあっても、意味まで勉強した方は少ないのでは?今回は”A Whole New World”で英語学習しましょう。

私に言わせれば、文句が多い(笑)オーストラリア人の夫の嘆きをまとめてみました

“A Whole New World”で英語学習

I can show you the world: shining, shimmering, splendid
Tell me, princess, now when did you last let your heart decide?
I can open your eyes, take you wonder by wonder
Over, sideways, and under on a magic carpet ride
君に見せてあげるよ、輝き、きらめき、華麗な世界を
お姫様よ、教えておくれ。最後に自分の心に素直になったのはいつ?
君の目を開いて、驚きの連続へ連れて行こう
魔法のじゅうたんに乗って、上へ、横へ、そして下へと

【単語解説】
・shining – 輝く
・shimmering – きらめき
・splendid – 華麗な
・let your heart decide
「心に決めさせる」と直訳するとなるので、「素直になる」や「心に従う」などの意味になれます。
・wonder – 驚嘆
・sideways – 横に

A whole new world, a new fantastic point of view
No one to tell us "no," or where to go
Or say we're only dreaming
新しい世界へ、新しい素晴らしい光景へ
だめだと言う人はいない、行く場所を言う人もいない
僕たちは夢見ているだけと言う人もいないんだ

【単語解説】
・a whole new world
wholeは「全体の」という意味です。A new worldだけでも成り立ちますが、wholeがつくことでさらに強調されます。
・view – 光景

A whole new world, a dazzling place I never knew
But when I’m way up here, it's crystal clear
That now I'm in a whole new world with you
Now I’m in a whole new world with you
新しい世界へ、今まで知らなかった眩しい場所へ
でもここまで来ると、水晶のようにはっきりと分かるわ
今、私はあなたと一緒に新しい世界にいるって
今、私はあなたと一緒に新しい世界にいるの

【単語解説】
・dazzling – 眩しい
・clear – 明確な

Unbelievable sights, indescribable feeling
Soaring, tumbling, freewheeling
Through an endless diamond sky
信じられない光景、言葉にできない気持ち
舞い上がって、宙返りになって、自由に飛び回るの
ダイヤモンドのように輝く終わりのない星空の中を

【単語解説】
・soaring – 舞い上がる
・tumbling – 宙返り
・freewheeling – 自由奔放に動き回る
・through
様々な意味のある覚えておくべき英単語です。「(~から始まり)ーまでずっと」などの意味がありますが、ここでは通り抜けるイメージのThroughです。

A whole new world (Don't you dare close your eyes)
A hundred thousand things to see (Hold your breath; it gets better)
I'm like a shooting star, I've come so far
I can't go back to where I used to be
新しい世界(目を閉じてはいけないよ)
見るべきものがありすぎるわ(息を止めるんだ、もっと良くなるから)
私は流れ星のように、こんなに遠くまで来たわ
かつていた場所には戻れないの

【単語解説】
・a hundred thousand – 10万
・hold one’s breath – 息を止める
・shooting star – 流れ星
・so far
「今までのところ」という意味が有名ですが、ここでは文字通り「とても遠くへ」という意味です。

A whole new world, with new horizons to pursue
I'll chase them anywhere, there's time to spare
Let me share this whole new world with you
追いかけるべき新たな水平線がある新しい世界
時間はたくさんあるから、どこまでも追いかけよう
この新しき世界を君と分かち合わさせてくれ

【単語解説】
・horizon – 水平線

A whole new world (A whole new world)
A new fantastic point of view
No one to tell us "no," or where to go
Or say we're only dreaming
新しい世界へ、新しい素晴らしい光景へ
だめだと言う人はいないわ、行く場所を言う人もいないわ
私たちは夢見ているだけと言う人もいないんだ

A whole new world (Every turn, a surprise)
With new horizons to pursue (Every moment, red-letter)
I’ll chase them anywhere, there’s time to spare
Anywhere, ooh, ooh (There's time to spare)
Let me share this whole new world with you
新しい世界(いつもサプライズがある)
追いかける新たな地平線がある(一瞬一瞬が記念となる)
時間はたくさんあるから、どこまでも追いかけよう
どこまでも(時間はたっぷりあるわ)
この新しき世界を君と分かち合わさせてくれ

【単語解説】
・red-letter
直訳すると「赤い紙」ですが、red-letterで「記念日」という意味になります。

A whole new world (A whole new world)
That’s where we'll be (That's where we'll be)
A thrilling chase (A wondrous place)
For you and me
新しい世界(新しい世界)
私たちがいるべき場所(僕たちがいるべき場所)
ワクワクを追いかけるの(不思議な世界)
私と君のためのね

改めて見ると、やっぱり素晴らしい歌ですよね。まるで詩のような美しさがあります。歌詞を見ているだけでも、2人が魔法のじゅうたんに乗っている光景や高揚した気持ちなどが伝わってきます。

今回歌うのは、ゼイン・マリクと18歳のシャヴァイア・ワード。MVを手掛けた監督は、ビヨンセの”Halo”を手掛けています。何となく、2作とも雰囲気が似ていますよね。

まとめ

今回は音楽史に残る名曲”A Whole New World”で英語学習をしました。シンプルながらも、光景やキャラクターの心情が伝わる歌詞でしたよね。実写映画「アラジン」はもちろん、アニメ版も英語学習にぴったりなので、ぜひ英語学習がてらに名作を楽しんでください!

私に言わせれば、文句が多い(笑)オーストラリア人の夫の嘆きをまとめてみました

トップへ戻る