外国で英語が学びたい! どうせならステキな街がいいよね。

GoogleAdManager

英語を勉強するための留学なんだから、飾り気のない田舎町でもいい?
それはご家族やご友人への建前までにしておきましょう。
街選びは重要です。街の雰囲気は人の雰囲気にもつながります。英会話とは対人関係であることを忘れないでください。
経験上、おすすめの都市を紹介します。

アメリカに行ってみたいのならば、ボストンがおすすめです。歴史の古い学術都市で有名です。冬は雪景色が見られるうえに、海もあります。京都やストラスブールと姉妹都市でありながら、都市部は東京のようで日本人にもよくなじみます。アメリカなので、何かあったときも対応してもらいやすいという安心感があります。
もう一つは、スコットランドのエディンバラ。風光明媚な古都でありながら、歴史ある学術都市でもあります。石畳の敷かれた城下町には、世界遺産もたくさん。留学費用は比較的安く、住みやすい町です。観光地のため、治安もよく、外国人にフレンドリー。なにより、「日本人が少ない」ことも見逃せません。

英会話能力を伸ばすためには、徹底的に日本語を排除すること。ニューヨーク・ロンドンは日本人が多く、日本語でばかり会話してしまい、語学学校の友だちから白い目で見られたなんて話もききます。初学のうちは、心を鬼にして日本人と距離をおくことも大切です。
行きたい語学学校から土地を選ぶというのもアリです。
「勉強するぞ!」という気持ちが強いなら、チェーンの大手はおすすめ。KaplanやRegentが有名ですね。ブリティッシュカウンシル認定のところを選びましょう。
人数が多いとやりづらいので、できるだけ少人数制で。
スポーツジムのような感覚で通いつづけられることが重要です。
「継続は力なり」とは、まさに語学のためにある言葉でしょう。

PN.ニルギリ・男性・30代

トップへ戻る