“Yes”で「いいえ」、“No”で「はい」の意味になる答え方に慣れよう!

英語と日本語の面白い違いのひとつに、「疑問文に対する答え方」があります。

例えば、以下の2つの会話を見てみましょう。

①“Do you know who he is?”(彼が誰だか知っていますか?)

“Yes, I do.”(はい、知っています)/ “No, I don’t.”(いいえ、知りません)

②“Don’t you know who he is?” (彼が誰だか知らない?)

“Yes, I do.”(いいえ、知っています)/ “No, I don’t.”(はい、知りません)

①は特に問題ないと思うのですが、問題は②です。

日本語で「いいえ」と答えたいときは “Yes”、「はい」のときは “No”と答えなければなりません。

“Don’t you~?”という形で尋ねられることは結構ありますが、意識しないで誤って答えてしまうと、全く逆の意味になってしまうため注意が必要です。

今回は、“Yes”で「いいえ」、“No”で「はい」の意味になる答え方について紹介します。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

■日本語と英語の考え方の違い

疑問文に答えるとき、日本語と英語とでは考え方の違いがあります。

「猫が好きですか?」

と聞かれた場合、

好きであれば、「はい」

嫌いであれば、「いいえ」

と答えます。

これは英語も同じで、

“Do you like cats?”に対し、

好きであれば“Yes”

嫌いであれば、“No”

となります。

しかし、「猫が好きじゃないんですか? “Don’t you like cats?”」という風に聞かれた場合、

好きであれば、日本語では「いいえ(好きですよ)」と、「好きじゃない」と言われた部分を否定する形で返事をします。

一方で、英語では

“Yes(I like cats).”と、あくまでも “Do you like cats?”と聞かれたときと同じ答え方をします。

英語の場合は相手の質問の言葉を肯定・否定するのではなく、猫が好きかどうかという事実について “Yes”か“No”で答えているのです。

<関連広告> テキストいらずの聞くだけ学習 英会話教材【ネイティブイングリッシュ】

■ 「“Yes”と肯定文」、 「“No”と否定文」は必ずセットになる

先ほどの会話例で出てきたように、日本語では「いいえ、好きですよ」や、「はい、好きじゃないです」という風な答え方が可能ですが、

英語には“No, I like cats”や“Yes, I don’t like cats.”といった答え方はありません。

“No”といえば、必然的にそのあとに続くのは否定文になるので、聞き手は “I don’t like cats.”という意味だなととらえます。

そのため”No, I like cats.”と答えた場合、嫌いなのか好きなのかわからず、「どっちだよ!」と聞き返されるハメになってしまいます。

<関連広告>今だけ、無料体験レッスン50%増量中!オンラインレッスンのレアジョブ英会話

■色々な場面を参考に練習してみましょう

以下の会話文の( )に入る返答を考えてみてください。

①A: “Don’t you want to eat this?”(これ食べたくないの?)

B: “(     )” (うん、食べたくない)

②A: “Aren’t you going to come to the party?”(パーティーに行かないの?)

B: “(         )”(いや、行くよ)

③A: “Don’t you have something to drink?”(飲み物持ってないの?)

B: “(    )” (ううん、持ってるよ)

いかがでしたでしょうか。

答えは以下の通り。

① “No, I don’t.”

「食べたくない(I don’t want to eat.)」という否定文の事実を言うため “No”で答えます。

② “Yes, I am.”

「行くよ(I’m going to come to the party.)」という肯定文の事実を言うため “Yes”で答えます。

③ “Yes, I do.”

「持ってるよ(I have something to drink.)」という肯定文の事実を言うため “Yes”で答えます。

<関連広告>初心者から確実に上達を実感したいなら『イングリッシュベル』

■慣れるまでの便利な答え方

問題は解けても、実際の会話で突然でてきたときには、「あれ?どっちで答えるんだっけ?」と混乱する場合もあると思います。

そんなとき、間違えずに答えらえる簡単な方法があります。

“Yes”、“No”を言わずに答えればいいのです。

例えば上記①~③の会話であれば、

①A: “Don’t you want to eat this?”(これ食べたくないの?)

B: “I don’t.” (食べたくない)

②A: “Aren’t you going to come to the party?”(パーティーに行かないの?)

B: “I am.”(行くよ)

③A: “Don’t you have something to drink?”(何か飲み物持ってない?)

B: “I have.” (持ってるよ)

慣れてきたら、ここに “Yes” 、“No”をつけていけばいいと思います。

<関連広告>Bizmates

■まとめ

何事もそうですが、最初は難しくても、慣れてしまえばなんでもないこと、というのは多いものです。

留学帰りの友人に、「これいらない?」と尋ねたとき、頷くのではなく首を横に振られたのを覚えています。

「いらない」という事実に対して “No”と答えるやり方に慣れているのですね。

みなさんも、色々な英文に触れて、英語の考え方にどんどん慣れていくといいかもしれません。

<今回ご紹介した内容を要約すると>

・否定疑問文のときは“Yes” “No”の答え方に注意

・混乱したときは、“Yes” “No”を外して答えても大丈夫

・慣れるまで色んな英文に触れて練習することが大事



トップへ戻る