色んな場面で使ってみよう!便利な動詞 ”wonder”

頼みごとをしたいけど、押しつけがましくならないようにしたいとき。

また、「明日は雨かなぁ」など、自分の疑問を口にしたいとき。

あなたは何と言いますか?

今日は、便利な動詞”wonder”の使い方について紹介します。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

■ “I wonder if~”を使った丁寧な頼みかた

「~してくれませんか?」と頼むとき、多くの人がすぐに思いつくのが、

“Can you~?”/ “Could you~?”

という表現ではないでしょうか。

例えば、「これを運ぶのを手伝ってくれませんか?」と言いたい時。

“Can you help me carry this?”

と言うことができます。

目上の人に頼むなら、

“Could you help me carry this?”

と言うのが良いでしょう。

もちろん上記二つを使っても全く問題はないのですが、より丁寧で、柔らかい感じの表現があります。

“I wonder if you could carry this.”

動詞“wonder”には、「あれこれ思いをめぐらす」「~かなと思う」という意味があります。

なので直訳すると、「私はあなたがこれを運んでくれるだろうかと思っている」となります。

つまり「これを運んでくれませんか?」と同じことなのですが、あくまでも主語は “I”。

疑問形で直接聞くのではなく、「私はこう思っています」と伝えることで依頼の意志を表す、婉曲表現なのです。

また、これを “I was wondering if you could carry this.”と過去進行形にすると、さらに丁寧な言い方になります。

英語圏では日本と違ってストレートに物を言う、ということが多いですが、こうした婉曲表現もあるんですね。

ちなみに、 “I wonder~”で尋ねられた場合には、 “Can you~?”のときと同じで、

“Of course.”, “Sure.”, “I’d love to.”などと答えます。

<関連広告>
簡単!わかりやすい!DMM英会話

■「~かなぁ」と言いたいときの使い方

「明日は雨かなあ」と言いたいときは、

“I wonder if it will rain tomorrow.”

となります。

他にも、

「彼女は今何をしてるのかなあ」

“I wonder what she is doing now.”

「これは正解かなあ」

“I wonder if this is correct.”

など、独り言のように「~かなあ」と言いたいとき・誰かに疑問の意味で投げかけたいとき、どちらにでも使うことができます。

考え事をしていて、「どうしたの?」と尋ねられたときなど、意外に使える便利な表現です。

■他にもある “wonder”を使った便利表現

会話の中で、「どうりで君が疲れてるわけだ」

こんな風に言いたいときも、 “wonder”を使うことができます。

“No wonder you are tired.”

“wonder”には、「不思議な」という意味もあります。「不思議の国」は 、“wonderland(ワンダーランド)”といいますよね。

なので “No wonder”で、「不思議ではない」=「道理で~」という意味になるのです。

これは “It is no wonder that~”(~は不思議ではない/明らかだ)という形でもよく使われます。

(例文)It is no wonder that he passed the exam.(彼がその試験に合格したのは当然だ。)

<関連広告>本気で英語をモノにしたいビジネスマンに圧倒的な支持!【Yumiの脱カタカナ英語マニュアル】

■まとめ

場面によって、色々な使い方ができる “wonder”。

今日から実践で使ってみて、ぜひ使い方をマスターしてくださいね。

<今回ご紹介した内容を要約すると>

・丁寧に依頼したいときは、 “I wonder if~”を使ってみよう

・「~かなあ」の言い方を知ろう

・「どうりで~だ」は “No wonder”

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る