出会い系で英語レッスン?デーティングアプリ「TINDER」で英会話相手を見つけてみましょう

今回は、TINDER(ティンダー)での会話に使えるフレーズを紹介します。

TINDERは、2012年にアメリカで創業されたデーティングアプリです。

内容は、Facebookを経由した登録を行えば、恋愛対象にあたる ユーザーのポートレートが画面に表示され、これをHOT or NOT(好きか嫌いか)で判断をし、スワイプを行うというもの。

お互いがHOTと判断した瞬間にはじめて、メッセージのやり取りが可能となります。

「なんだ、ただの出会い系か。」と思う人もいるかもしれませんが、登録者に外国人が多いことから、日本では英語を実践で使う機会としても使われています。

さて、そんなTINDERでマッチしても、何を話したらいいのでしょうか。
見てみましょう。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

■普段は何をしているか(仕事・学校など)を聞くフレーズ

|Hi there ! What are you doing for your life?

|こんにちは!普段は何をしているのですか?

社会人なのか、それとも学生なのか。
まずは、相手の身元を聞いてみると安心しますね。

明らかに学生だと見えるときには、「Are you a student?」と尋ねてみるのもありです。

今回の聞き方だと、どちらかというと相手が社会人であることが前提となっています。

■休日は何をしているかを聞くフレーズ

|What do you like to do on weekends?

|休日は何をしているのですか?

お見合いのフレーズでもありがちですが、休日何をしているのか尋ねることは海外でも変わらず、初対面時によく使われるフレーズの一つとなっています。

間接的に、相手の趣味を聞いていることにもなる為、話が広がりやすいです。

<関連広告>ラングリッチで英語のある生活
すぐに試せる無料体験レッスン×2回

■出身を訪ねるフレーズ

|Where are you originally from?

|あなたの出身はどこですか?

自分がどこの生まれであるかは、少しプライベートになるかもしれません。

しかし、プライベートな質問は相手とより親密になることができます。

相手の出身地に行ったことがあったり、友達が住んでいたり、もしくは自分と同じであったりなんかしたら、一気に仲良くなれますよね。

僕は静岡が出身なのですが、海外では知らない人も多いので、「Near Tokyo(東京に近い)」と答えたり、「Do you know Mt.Fuji?(富士山わかる?)」とイメージしやすいように答えています。

■最後に会ってみたいと思った時のフレーズ

|Shall we drink some coffee ?

|コーヒーでもどうですか?

会話を幾つか重ねたら、やっぱり会ってみたいと思いますよね。

相手が男性の場合は多少の危険も付きますので、相手を信頼して、最初は安心できる日中に会うのがオススメです。

食事やデートよりも、コーヒーに誘ってみてはいかがでしょうか。

<関連広告>英語教材「集中5分!スラスラ話せる英会話<ビジネス編>」

■まとめ

TINDERは、世間のイメージよりもクリアな出会い系アプリです。
チャットだけでも英語を実践する良い機会となるので、空き時間の活用として、ぜひ使ってみてはどうでしょうか。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

トップへ戻る