日本にいながら”英語を使える場”へ飛び込もう!MEETUPを使ってみよう!

英語力を向上させたい人にとっても、海外から帰ってきて英語力を維持したい人にとっても、最も困難なところは「日本には英語を使うような機会」が明らかに少ないことです。日本で、日本語を使うことができない人と遭遇するような機会なんてほとんどありえません。やってくる機会がない以上は、自分から動いてみなければ、英語を向上させる場面と出会うことは日本でないでしょう。

インターネットが普及したことによって、随分と多くの”英語が使える”コミュニティを見つけることができるようになってきました。そんなものあるの?と思った方に、オススメしたいWEBサービス『Meetup』の使いかたをご紹介します。まず、このMeetupは2002年に創業したばかりの企業。「共通の興味・関心を抱いていて、かつ近くに住んでいる人たちが集まるためのチャンス」をサービス化したものとなります。個人が、オンライン上でMeetupのコミュニティを作ることができ、その打ち出しているテーマに関心がある人たちが集まり、リアルなイベントやら、会合を開き、直接集まるまでを担当してくれます。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

1. サインイン(アカウント登録)をしてみましょう

meetup_01
アカウントの登録は簡単な3ステップ。名前、メールアドレス、それに対応するパスワードをいれます。そこから、住所や性別を入力していきます。これらの情報は、Meetupを探す時に女性限定のイベントであったり、住んでる場所の近くで開催されているイベントを紹介する為に必要な情報となってきます。最後に、アイコン写真をいれます。これは、イベントでどんな人が来るかを事前に知る時に、アイコン写真があった方がいいという理由からです。スキップをすることもできます。FacebookやGoogleのアカウントを持っている人は、そこから登録をすることもできちゃいます。

<関連広告> テキストいらずの聞くだけ学習 英会話教材【ネイティブイングリッシュ】

2. 興味のあるカテゴリー/ワードから、グループを探しましょう

meetup_02
登録が済んだら、さっそくグループを探してみましょう。探し方は、主に3つあります。まず、位置情報です。自分の住んでいる地域から、幾つかオススメを受けて、グループを見つけることができます。次に、カテゴリーです。スポーツやアート、あるいは教育といった一般的なものから、LGBT、宗教的なものまで、約40種類のカテゴリーが用意されています。最後は、自由に検索することができます。また、友達からオススメを受けるなんてこともあります。初心者の方は、カテゴリーから探してみることをまずオススメします。

<関連広告>
DMM英会話は、時間や場所に縛られずに自由にレッスンできます!

3. グループを見つけたら、入ってみましょう

meetup_03
グループに入るのは、とっても簡単です。JOIN MEETUPを1クリックするだけです。グループによっては、自分のバックグラウンドや、なぜそのグループに入りたいかといった意見を求められることもありますが。基本的には、1クリックで入ることができます。このグループページから、どのような人たちがグループに入っていて、今までどのようなイベントが開催されてきたかを知ることができちゃいます。

<関連広告>英語教材「集中5分!スラスラ話せる英会話<ビジネス編>」

4. さっそく、直近のイベントへ行ってみましょう

meetup_04
カレンダーをみて、直近のイベントにさっそく行ってみましょう。「すぐに」行くことが、重要なポイントです。Meetupのグループへ入っただけで満足してしまうことが多く、その場でイベントに参加しなければ、なかなかまた開いて、カレンダーをチェックするようなことはありません。知らない人たちの場へ飛び込むのは勇気が必要なことかもしれませんが、はじめの一歩をその場で踏み出してみましょう。友達を誘ってみるのもありかもしれませんね。

ちなみに、オススメするのは、日本にいる時だけではなく、海外へやってきた時なんかも使ってみてほしいです。筆者が初めて、サンフランシスコの地で住み始めた時は、学校や仕事へ行くこともなく。ただ、ひたすらMeetup内で開催されているイベントへ参加し続けていました。そこで出会ったことをキッカケに、今もまだ続いているような人もたくさんいます。学校のような、同じ境遇の人よりも、同じ関心を持っている人の方が長く続くものなんですよね。

海外に旅行でも訪れた時には、ぜひ挑戦してみてください。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る