AI対人間~世紀の囲碁対決

グーグルが開発した囲碁の人工知能(AI)「アルファ碁(AlphaGo)」が、韓国のトッププロ囲碁棋士イ・セドル氏と五番勝負で対戦し、4勝1敗と完勝しました。セドル氏が唯一勝った第4戦は、初戦に敗れた時と同じほど大きく伝えられました。

世界を驚かせたAIに関する英語表現にも触れましたので、英語学習にもご活用ください。(英文は、” Go board game champion Lee Sedol finally beats Google’s AI” Rueters 2016/3/13付)

South Korean Lee Sedol won his first match against a computer program developed by a Google subsidiary on Sunday in the ancient board game Go, denying a clean sweep for the artificial intelligence in a five-match series.
 韓国のイ・セドル棋士が、グーグルの子会社が開発したコンピュータープログラムとの囲碁対局に初めて勝利した。この勝利によって、人工知能のプログラムが五番勝負に全勝する可能性がなくなった。

・subsidiary:子会社
 企業系列用語では、subsidiary(子会社)とaffiliate(関連会社)は重要です。

・deny:否定する
 人が主語なら「否定する」と言えますが、ここでの主語はAIの勝利で、否定されたのはclean sweep(全勝)なのでその可能性が「なくなった」ことになります。「物・事」が主語の英文を日本語に直す場合には注意が必要です。

・artificial intelligence:人口知能、AI

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

☆世界的トップ棋士がやっと全敗を免れる

Lee, one of the world’s top players and a holder of 18 international titles, recovered from three consecutive losses against the AlphaGo program developed by DeepMind.
 イ氏は世界のトップ棋士の1人であり、国際的なタイトルを18回獲得している。彼はディープマインド社が開発した「アルファ碁」に3連敗したが、この勝利で一矢を報いた。

・recover from:〜から回復する
 けがや病気からの回復にも使いますが、「脱する、持ち直す」の意味で広く使われます。ここでは連敗をストップしたことです。

・consecutive:連続した
 同じ意味でstraightも使うことができ、特にスポーツでは頻出です。
 Consumer price index fell for three consecutive months.
  消費者物価指数は3カ月連続で下落しました。
 His goal was enough to make it four straight wins
  彼のゴールが4連勝に貢献した。

“This win is invaluable and I would not trade it for anything else in the world,” a jubilant Lee told reporters after the match, thanking fans for their support.
 「この勝利の意味は計り知れないほど貴重で、世界中の何物にも代えがたい。」とイ氏は対局碁大喜びで報道陣に語り、応援してくれたファンへの感謝を伝えた。

・invaluable:計り知れない(それほど貴重な)、非常に価値がある
 価値が高いことを表すvaluableに否定の接頭辞in-が着いた単語ですが、価値が低いのではなく「(価値をつけられないほど)貴重な」の意味になります。同じような発想の単語に、priceless(値段がつけられないほど価値が高い)があります。

・trade for:〜と交換する
 tradeは「商売する、取引する、交換する」などですが、ここではプロスポーツで使う「トレード」と同じ交換の意味です。
経済記事によく出てくるtrade-offは、失業率を抑えると物価が上昇し,物価を抑えると失業率が上昇するというような、日本語の「あちらを立てればこちらが立たず」の状況を表します。

・jubilant:喜びに満ちた

<関連広告>英会話のための英文法

☆アルファ碁の弱点

アルファ碁の作者は今回の初の敗戦も、さらに完璧なプログラムための一歩になると前向きです。

DeepMind founder Demis Hassabis told reporters the loss was a valuable learning tool and would help identify weaknesses in the program that his team needed to address.
 ディープマインド社の創業者デミス・ハサビス氏は報道陣に対し、敗戦は貴重な学びの機会であり、同社が取り組まなければならないプログラムの弱点を明らかにしてくれるものだと語った。

・address:〜に取り組む
 address a program / an issue / needs といった単語とともに使われます。

Lee’s first win came after an engrossing game where AlphaGo played some baffling moves, prompting commentators to wonder whether they were mistakes.
 イ氏の初勝利は熱戦の末のことだったが、この試合でアルファ碁は何度か不可解な手を打ったため、それはアルファ碁のミスなのかと観戦していた解説者は考えた。

・engrossing:面白くてたまらない
 動詞engross(夢中にさせる)の-ing形が形容詞となったもの。
 interest(興味を持たせる)→interesting(面白い)と同じ関係ですね。

・baffling:不可解な
 これも動詞baffle(迷わせる)→形容詞baffling(不可解な)

アルファ碁は試合の進行を自分で評価しながら戦略を変更します。そのため「79手目に犯したミスを87手目になってようやく認識した」ことが敗因だとハサビス氏も認めています。

<関連広告>■英会話上達のコツが判明─。

☆アルファ碁のすごさと将来

当初、コンピューターが碁の世界トップ棋士のレベルに達するのは不可能と思われていました。それは

due to the high level of intuition required to master its intricate strategies
 高度な直感の働きがなければ碁の複雑な戦略は習得できないため

・intuition:直感
・intricate:複雑な

しかしそれをついに克服したアルファ碁のAIの正体を一言で言うとこうなります。

its advanced system based on deep neural networks and machine learning
 深層ニューラル・ネットワークと機械学習の先進的なシステム

・neural network:ニューラルネットワーク
 訳語は「神経回路網」。人間の脳の神経回路の仕組みを模したモデルで、コンピューターに学習能力を持たせることにより、様々な問題を解決するためのアプローチ。

・machine learning:機械学習

 ついに世界のトップ棋士を圧倒したアルファ碁ですが、このプログラムの本来の目的は、AIの精度を高めて医療などの分野に展開することだそうです。世界の囲碁ファンにとっては寂しいことかも知れませんが、アルファ碁が強ければ強いほど世の中のためになるのかもしれません。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る