今晩から使える!ネットワーキング英会話で、一歩リード!

営業は雑談が9割と、昔働いていた課長には教わったものですが、海外では必ずしもそうではありません。
カジュアルなシーンでは、お喋り好きな方も多く、雑談で何時間も過ごしてしまうようなこともありがちですが、ビジネスのシーンとなると伝えたいことを整理して向かわなければなりません。
では、ビジネス絡みのネットワーキングではどうでしょうか。
アメリカでは、面と向かってアポイントを取るようなケースよりも、オープンな場で商談が進むようなことも少なくないみたいです。

逆を言えば、アメリカでネットワーキングパーティを制することができれば、自らのビジネスをスピードアップすることができることもあります。
ネットワーキングパーティの種類は、有料から、無料のものまで。
招待制から、オープンなものまで。
様々ありますが、下調べは十分行うことをお勧めします。
何が目的とされていて、どんな人たちが来るのかは確認しておきましょう。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

◼︎ 挨拶

パーティが始まったら、積極的に声をかけにいきましょう。
もちろん、誰かが話している時に割って入るのは、どこの国でも失礼ではありますが、待っているだけでは誰も声をかけてはくれません。
挨拶用語は、様々なバリエーションを頭に入れておいて、すぐに発信できるようにしましょう。

A: Hello, nice to meet you.
B: Hi, nice to meet you too.
A: こんにちは、初めまして。
B: どうも、こちらこそ初めまして。

<関連広告>海外ビジネス武者修行プログラム

◼︎ 自己紹介

挨拶を終えたら、自分のことを知ってもらうところから始めていきましょう。
自己紹介は長すぎず、分かりやすく、それでいて相手が気になるようなポイントは押さえて説明しましょう。

A: My name is Shun, I work for ABC corporation. You?
B: I am Max, I am currently job searching.
A: 私の名前はシュンで、ABC会社で働いています。あなたは?
B: 私はマックス、今は就職活動中です。

<関連広告>本気で英語をモノにしたいビジネスマンに圧倒的な支持!【Yumiの脱カタカナ英語マニュアル】

◼︎ 会話

オーソドックスな質問を通して、会話のキャッチボールを進めていきましょう。
当たり障りのないような質問が理想となります。
出身地や、どこに住んでいるかなどが一般的です。
相手の出身地へ、旅行で行ったことがあったりすると、話が弾んだりしますよね。

A: Where are you from?
B: I’m from Tokyo.
A: Really? I just went to Tokyo on a business trip 2weeks ago.
A: どこの出身ですか。
B: 東京です。
A: 本当ですか。ちょうど2週間前に出張で東京に行きましたよ。

<関連広告>英語教材「集中5分!スラスラ話せる英会話<ビジネス編>」

◼︎ 何ができるのか

アメリカならではかもしれませんが、相手にどのようなことが出来て、自分にとってどんな利益があるのかは極めて大切な情報交換となります。
ここはきちんと用意して言えるようにしておきましょう。
日本と違って、会社名を言っても全く通用しないところです。

A: What is your background?
B: My background is marketing. I have worked in ABC corporation for 3years as a global marketer.
A: あなたには何ができますか。
B: マーケティングです。私はABC会社で三年間グローバルマーケティングを行ってきました。

<関連広告>ビジネス英語なら日経

◼︎ 別れ際の挨拶

ネットワーキングでは、一人とずっと話す場所ではありません。
ある程度相手との情報交換が済んだら、詳しい話は後日会ってするようにしましょう。
別れ際には、またきちんと会って、繋がっておきたいということを伝えて終えましょう。

A: Thanks for talking.
B: Likewise, I’m looking for seeing you again.
A: お話できて楽しかったです。
B: 私もです、またお会いできるのを楽しみにしてます。

<関連広告>英語教材「集中5分!スラスラ話せる英会話<ビジネス編>」

◼︎ フォローアップ

意外と大切なのは、パーティが終わってからのフォローアップ。
アメリカでは名刺交換よりも、LinkedInやFacebookで連絡先を交換することが一般的ではありますが、メッセージで自分のことをアピールして、周りのライバルに差をつけましょう。

Good to see you today, I really enjoyed learning more about your experience at ABC corporation. Shortly, let’s go coffee. How about 1st May? Let me know when you are available.
今日はお会いできてよかったです。ABC会社でのあなたの体験を聞けて本当に楽しかったです。近いうち、カフェへ行きませんか。5月1日とかどうでしょうか。もし、お時間が可能であれば、教えて下さい。

ネットワーキングの際には、どんな人と知り合いたいか、繋がりたいかを事前に考えた上で無駄な時間を過ごさないようにしましょう。
あくまで、ネットワーキングは出会いの場である為、深い話で盛り上がらず、それでいて、きちんと自分の印象が残るような努力をすることがポイントです。
<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る