【映画の名言で英語学習】ジョニー・デップとレオナルド・ディカプリオ共演映画『ギルバート・グレイプ』

映画の魅力はたくさんありますよね。キャストの魅せる演技や映像美はもちろん、ストーリーなど本当に様々です。私も映画を見るのが好きなのですが、その理由の1つに映画には心に響くような名言がたくさんあるということがあげられます。
映画にはまるでこれから残りの人生ずっと心に残るような名言がたくさんありますよね。もしかしたら皆さんも1つか2つお気に入りの名言があるかもしれません。

私が名言に興味を持つようになったのは英語学習を始めたからです。自分でインターネットで検索して、お気に入りの映画に出てくる名言を読みながら英語学習を行っていました。
映画に出てくる名言は英語学習にぴったりです。会話形式なので長くはなく、使われている表現も身近なものばかり。実際に丸暗記するだけですぐに使えるようになる表現ばかりです。
今回は映画の名言を紹介しながら英語学習を行いたいと思います。使う題材は『ギルバート・グレイプ』です。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

・映画『ギルバート・グレイプ』とは?

皆さんは映画『ギルバート・グレイプ』をご存知ですか?もし今までに1度も見たことがないようでしたら、ぜひ見てください。映画は1993年に公開されました。映画の原題は”What’s Eating Gilbert Grape?”です。直訳すると「何を食べているの、ギルバート・グレイプ?」ですね。原題よりも日本語のタイトルの方が魅力的なように思えます。

今作は隠れ名作として名高いです。多くの方が見たくなるような情報をあげるとするならば、今作では若かりし頃のジョニー・デップとレオナルド・ディカプリオが共演しています。さらに撮影当時19歳だったディカプリオは今作で怪演を見せ、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされています。

<関連広告>ワンセグテレビ予約録画+電子辞書機能付き英語・英会話教材「I talk TV」

あらすじ

早速名言を見ていく前に映画のあらすじを簡単に説明します。
映画の主人公はギルバート・グレイプ(ジョニー・デップ)。彼は今まで1度も生まれ育った町から出たことがなく、いつか他の町で住んでみたいと刺激を求める若者。しかし彼の夢を叶えるのには少々困難が伴います。
彼は父親が自殺したため、一家の大黒柱的な役割を担っているのです。母親ボニーは夫の自殺のショックで過食症になり、家から出ることがない日々。弟のアーニー(レオナルド・ディカプリオ)は知的障害を持ち、ギルバートは多くの時間を彼と過ごします。

刺激のない日々を過ごすギルバートが住む町にトレーラーがやってきます。旅の途中のトレーラーは故障してしばらくギルバートの町に滞在することになるのです。ギルバートはトレーラーに乗っていたアニーという名の少女と親しくなっていきます。町から町へと転々と旅していくアニーは、ギルバートにとって大きな刺激となるのでした。

<関連広告>英単語をすぐ忘れるクセを解消!【祐樹式暗記力養成講座(第8章)】

『ギルバート・グレイプ』の名言・名セリフで英語学習

・I want to be a good person.  Gilbert Grape
いい人間になりたいんだ

アニーはギルバートに欲しいものをいうように言います。その時の2人の会話の様子は以下の通りです。

Anny : Tell me what you want, as fast as it coes to you.
Gilbert: Kay.
Anny : Okay. What do you want?
Faster!
Gilbert: I want a new thing. House. I want a new house. And a family.
I want Momma to take aerobics class. I want Ellen to grow up.
I want a new brain for Arnie. I want…
Anny : What do you want for you? Just for you?
Gilbert : I want to be a good person.

単語解説
・What you want
「君の欲しいもの」。これは名詞として主語にも目的語にも使える便利な表現です。応用としてWhat I want to do is~.「僕のしたいことは~」のようにも使えます。

・As fast as it comes to you.
これは直訳すると「それがあなたに来るのと同じくらい速く」。意味が分かりませんね。このItはWhat you want「あなたの欲しいもの」です。つまりこれは「欲しいものが思いついたらすぐに」という風に訳せます。

文章全体を訳すと、「欲しいものが思いついたらすぐに言って」です。

・What do you want?
「何が欲しいの?」という意味で有名ですよね。実はもう1つ使い方があります。それは「何の用だ?」という使い方です。相手が話しかけたときに答える失礼な言い方です。

ギルバードは欲しいものは全て家族のためです。家族の大黒柱としてからの責任から、望むものは全て家族のため。自分だけのために欲しいものを尋ねられた時、彼は「いい人間になりたい」と答えるのでした。

・ That word big is so small. Beckey
「大きい」って言葉は小さいのよ

ベッキーは旅をしながら生きる自由奔放な女性。そんなベッキーの名言は彼女の性格を表しています。

Beckey: I love the sky. It’s so limitless.
Gilbert: It is big. It’s really big.
Beckey: Big doesn’t even sum it up, right? That word big is so small.

単語解説
・Limitless
LimitがLessということでLimitlessは「無限の、限りない」という意味になります。

・Sum Something Up
Sum Upには「~を要約する」という意味があります。今回の文は「「大きい」ってどころじゃないわ」という意味になります。

よく使われるのがThat sums it up.です。意味は「そんなところです、要はそういうことだ」などです。

・ You’re shrinking, Gilbert! Arnie
君が縮んでいるんだよ、ギルバード!

 
知的障害を持つアーニーはとても純粋な少年。彼の放つ言葉には全く穢れが見られません。今回の名言はギルバードにおんぶされているときに言った言葉です。

Gilbert: Arnie, you’re getting so big. I ain’t gonna be able to carry you no more.
Arnie : No, you’re getting littler, Gilbert. You’re getting littler, you’re shrinking!
You’re shrinking, Gilbert!

単語解説
・Carry
Carryというとモノを運ぶというイメージが強いですが、人にも使えます。特に小さな子供がCarry me.というと「抱っこして」という意味になります。

・Shrink
Shrinkは「縮む」という意味の単語です。衣服が縮んだときにもこの単語が使われます。実はShrinkには名詞としての意味もあるのです。あまり知られていませんが名詞では「精神科医」という意味です。

・The big boy is gonna wash himself! Arnie
大きな少年は自分を洗うんだ!


ある日ギルバードはアニーはもう1人で何でもできると教えようとします。ギルバードはアニーに自分の洗濯物は自分でするように教えるのです。しかしアニーはちょっと違った解釈をしてしまいました。2人のユーモアあるやり取りは以下の通りです。

Gilbert: You know what? You are such a big boy.
Arnie : I’m a big boy!
Gilbert: You know what? I bet you could do this all by yourself if you really wanted to.
Could you do this by yourself? Take this. Wash everything, your towels are there.
Arnie : Okay!
Gilbert: And your robe is there!
Arnie : Okay! The big boy is gonna wash himself!

単語解説
・By yourself
By yourselfは「自分で」という意味を持つ頻出表現です。便利な表現なので使えるようにしましょう。

いかがでしたか?今回は数ある中の名言と名セリフの中から厳選したものを紹介させていただきました。映画の名言を使って学習する際に便利なのがIMDbやRotten Tomatoesなどの海外映画レビューサイトです。英題で映画やドラマ名を検索するとその映画に関する情報が出てきます。
そしてQuotesというコーナーがあるので、そこをクリックしてみると映画内で実際に言われた名言や名セリフが出てきます。

今回紹介したように名言・名セリフは短いものばかりです。おすすめは丸暗記すること。文法などそれほど気にせずに気に入ったセリフは丸暗記して実際に使えるようにしましょう。
表現集が増えていくと自然に文法の力もついてきます。ぜひ好きな映画の名言で英語学習を行ってみてください。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る