洋画・海外ドラマで「らくらく」英語勉強

yougakaigaidoramaderakurakueigobenkyou

英語が話せるようになりたいと多くの人が思っています。「英会話」はやってみたい習い事アンケートで常に上位に入っています。

訪日中の外国人観光客や留学生になにかを尋ねられたときに、英語で答えられるようになりたい、海外旅行に出かけて、現地で困らない程度に英語ができるようになりたい、など動機は様々です。

英語が話せるってカッコイイ、という憧れの気持ちもあるでしょう。

たいていの大型書店やネット書店の語学コーナーは充実しています。

独習できる英語教材がいろいろ出版されているので、このような教材を使って英語を身につけようと思う方はたくさんいらっしゃいますが、途中でくじけてしまった方もまた、たくさんいらっしゃるのが実情でしょう。

人が何かを思い立つとき、脳は「楽観モード」にはいっているのだそうです。
この時の脳は、「何でもできる、大丈夫だ」という気持ちになりやすい状態です。

けれども、脳のこの状態は長くは続きません。
脳が普段の状態に戻ったら、劇的に成果が見えないものをやり続けるにはかなりの根気が必要です。

語学を身につけるには、インプットの時間が不可欠なのですが、その段階では毎日着実な成果が自覚できるわけではないので、残念ながら、ものにできるまで待てずに止めてしまう方がとても多いのです。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

■しんどいことを続けるには

毎日決まった時間を必ず英語の勉強に使うと決めて、それが実行できるコツコツタイプの方はいいのですが、多くの人にとって、「勉強しよう」と気負って取り組むのはしんどいことです。

しんどいことを続けるには、かなりのエネルギーが必要 
 ↓
途中でエネルギーがきれてやる気がなくなってくる 
 ↓
しかも成果が見えない 
 ↓
挫折 

これを食い止めるためには、発想を転換しましょう。

続かないのは、それがしんどいことだからです。
しんどいと感じないことなら、もっと楽に続けられるはずなのです。

しんどいと感じない英語教材、それが映画やドラマです。

<関連広告>
簡単!わかりやすい!DMM英会話

■おもしろいと思える作品をくり返し観る

興味の持てない教材で2時間勉強するのは苦痛ですが、自分の観たい映画であれば、2時間はあっという間に過ぎます。
内容がおもしろければ、同じものを繰り返して観ることも苦にならないはず。
映画や海外ドラマなら、楽しみながら英語に触れる時間をもつことができるのです。

毎週映画を1本観る時間がとれれば、1年間で2時間×52週=104時間になります。楽しくて、週に2回、3回と繰り返して観れば、この時間は2倍、3倍に増えます。

最初は日本語字幕付きで観て内容をつかみましょう。
そして、気に入ったシーンやセリフがあったら、その場面を何度もくり返して観ます。
一時停止を使って、セリフをディクテーションしてみるのもいいでしょう。

最近の作品、とくにアメリカ作品のDVDには英語字幕が付いているものが多いので、ストーリーを把握した後は英語字幕に切り替えて、文字と音を照らし合わせて観るのもいいと思います。
どうしても意味がわからない語、気になる語を辞書で調べるときにも、英語字幕は役立ちます。

おもしろいドラマなら、どんどん先が知りたくなります。
視聴時間=英語に触れている時間 と考えて、そんな作品は、繰り返しにこだわらず先に進んでもいいでしょう。
話の込み入ったドラマなら、ストーリーを完全に理解するためにも2-3回見たくなるかもしれません。
使われている英語に意識を向けて観ていれば、どちらでも気にすることはないでしょう。

<関連広告>海外でクリエイターを目指す人達の留学サポート【Frog】

■日常会話ならホームドラマ

英会話の教材として使いたいのなら、現代もののホームドラマがお勧めです。
生活のなかで使うモノや食べものの名前、普段の会話で使う表現が豊富に現れます。
親子で交わす会話と恋人同士の会話では言葉遣いや表現が違ってきますが、文章で学んでいてもその違いは分かりにくいもの。目で見てモノや場面を確かめることができるのも、映画やドラマならではのよいところです。

ホームドラマは趣味じゃないという方は、刑事ドラマのバディものはいかがでしょうか。大人同士の距離感は会話に現れます。
言葉づかいの変化やジョークによって、新コンビが本物のバディになっていく過程をうかがうことができます。
あまり親しくない段階で使っている表現と、すっかり相棒になって使うようになった言い方を分けて覚えておくと、相手との関係によって、自分も使い分けることができるようになるでしょう。

<関連広告> ワンミニッツイングリッシュは1分聞くだけ!の英語プログラム

■まとめ

英語が使えるようになるためには、自分のなかに英語をためておく必要があります。
そのインプットがたくさんたまってきたら、アウトプットできるようになってきます。
映画や海外ドラマを英語に注意を向けて観ることは、英語のインプットの時間です。
楽しみながらインプットを増やすことで、アウトプットできる日が近づきます。

ぜひ、楽しみながら英会話を学習し、長く続けてものにしてください!

<この記事を要約すると>
楽しみながら英語を学習する教材が映画や海外ドラマ
自分が好きな作品をくり返し観るといい
日常会話を学ぶにはホームドラマがいい

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る