【逆の発想】英語をマスターするのが簡単な理由

英語学習をしていると何度も困難にぶつかります。「なかなか言いたいことが英語で言えない」、「相手の言っていることが聞き取れない」、もしくは「毎日学習しているけど本当にスキルが伸びているか不安」など。
毎日英語学習していたら必ず英語のスキルは伸びているのでご安心ください。たくさんの悩みがあると思いますが、今回のタイトルは日本人が英語を話すのが簡単な理由です。

そもそも皆さん1度は「日本人が英語をマスターするのは難しい」や「日本語と英語は全く違う言語だから学ぶのは不利だ」等聞いたことはありませんか?私は何度もあります。実際に私も日本人が英語を話すのは無理だと思っていました。
よく英語に関する記事でも日本人は英語を話すのは難しいと書いているものを見かけます。しかし本当にそうでしょうか?
私が英語学習をしていて思ったのは「英語って思ってたほど難しくないじゃん!」ということでした。語学学習を行う上でポジティブに考えることはとても大切です。「日本人にとって英語は難しい」と思っていたら、いつまでたっても英語は難しいもののままです。しかし1度「英語って意外と簡単!」と思えば、本当に英語の上達スピードは速くなってきます。
今回は皆さんに英語は簡単なものだと思ってもらうべく、日本人が英語をマスターするのに有利な理由を大紹介します。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

1.英語は日本人にとってとても身近なもの

我々の生活には英語がごく自然にあふれていますよね。あまりにも自然すぎて元々これが英語だったのかと忘れてしまうほどです。
例えばごく身近なものでいえば「テーブル」や「インターネット」、その他にも「レストラン」、「トイ」、「ドライブ」など我々の生活には英語が欠かせないものとなっています。実は英語学習を行う上で、この事実はかなり有利となります。

2.たくさんの日本語がそのまま英語になっている

先ほどは我々の生活には英語が溢れていっるといいました。それだけではなく、日本語がそのまま英単語になっていることがあるのです。しかもその数はかなり多いです。主なものは以下の通り。
・Bonsai 盆栽
・Haiku 俳句
・Kabuki 歌舞伎
・Karaoke カラオケ
・Manga 漫画
・Origami 折り紙
・Otaku オタク
・Kimono 着物
・Bento 弁当
・Dashi だし
・Edamame 枝豆
・Mirin みりん
・Miso 味噌
・Nori ノリ
・Sake 酒
など。ほかにもたくさんあるので挙げていたらきりがありません。英語が日本人にとって身近になっていること、そして日本語が英語圏の国で身近になっていることはかなりのメリットですよね。

<関連広告>たった60日で英語が話せる!?楽天3部門1位の英会話!<七田式>

3.英語の文化が日本にやってきている

近年では英語圏の文化も日本にやってきています。語学を学ぶ上で文化を学ぶことはとても重要です。どれだけ英語のスキルがあっても、英語圏の文化が全く分かっていないとコミュニケーションをとるのに苦戦するかもしれません。
英語の文化と言っても様々あります。例えば新作映画、海外ドラマが日本に上陸することも文化であれば、ハロウィーン等のイベントも文化ですよね。最近では感謝祭の時期に行われる大がかりなセールイベント、ブラックフライデーが日本で行われていますよね。
またまだあまり注目されていませんがAmazonなどは、これまた大掛かりなセールイベントのサイバーマンデーも取り入れています。

4.英語を話す機会が増えた

これはかなり大きなアドバンテージですよね。今では日本に訪れる外国人の数は年々増えています。
また2020年に東京オリンピックが開催されることから、今後さらに多くの外国人がやってくることが期待されます。つまり普通に考えて以前よりは明らかに英語を話す機会が増えました。

確かに昔は英語を話す機会はほとんどなかったでしょう。しかし現代は違います。今は英語を話そうと思えばいくらでも話す機会を作ることができます。その顕著な例がオンライン英会話です。
ほとんどのオンライン英会話運営会社は格安で質の高いサービスを提供しています。何より英語を話すには絶好の機会です。現代では英語をあまり話す機会がないという言い訳はできなくなりました。

<関連広告>NTTとアルクの【バーチャル英会話教室One to Oneレッスン】

5.6年間以上の英語教育がある

おそらく多くの方が中学・高校で英語を学んできたと思います。私たち日本人のほとんどが6年間英語を学んできているのです。しかし話す英語と学校で学ぶ英語は全然違うという意見もあると思います。学校で習う英語が日常会話で役に立つかどうかというと、はっきりと役に立つとは言えません。
しかしこの6年間の英語学習は本当に大きな財産です。ちゃんと使えるかどうかは別として、6年間で我々は多くの表現を学んできました。基本の文の形から比較級や動名詞などの応用まで。この6年間の知識がある状態で英語学習を行うのと、全く英語の知識がない状態で学習するのでは大きな差があります。
英語が話せない理由に学校での英語教育を挙げることはできないと私は思います。6年間の英語教育は本当に大きな財産です。

6.他の言語と比べると圧倒的に簡単

これは私の経験から言うことなので、全ての人には当てはまらないかもしれません。しかし私は他の言語と比べて圧倒的に簡単だと思います。
私が大学1年生のときには中国語のクラスを受講していましたが、中国語はかなり難しくてすぐに挫折しました。中国語は読めないのはもちろんなのですが、声のトーンも変えなければいけないので覚えることがたくさんありすぎます。

そして日本人には比較的簡単だと言われるスペイン語も話せるようになるまでは苦労しました。なぜならスペイン語(他のヨーロッパの言語のほとんどにも)には男性名詞、女性名詞というものがあります。また主語によって動詞の形が変わるので、覚えることが本当にたくさんです。
他の言語と比べると英語は比較的シンプルで学びやすい言語だと私は思います。

<関連広告>半年で話せるようになることも可能な英語スピーキング習得プログラム(特許申請中)

7. 失敗を恐れるな

これは日本人が英語をマスターするのが簡単な理由ではありません。多くの方が「失敗をしたくない」、「失敗は恥ずかしい」と思っているはずです。頭ではそれは違うと分かっていても、実際に英語を話す場になったら失敗をしたくないと感じる方が多いのではないでしょうか?この失敗に対する恐れこそが英語学習を行う上での最大の敵なのです。

私もオンライン英会話を行うときはいつも失敗したくないと思い、あまり積極的に英語を話そうとできませんでした。
しかしある時ふと思ったのが、失敗したときのことはよく覚えているということです。3年経った今でも失敗したときのことは鮮明に覚えています。よく言われますが失敗は上達のもとです。失敗という行為をネガティブに恥ずかしいものと捉えるのか、それともポジティブに上達のチャンスと捉えるのかで全然違ったものになります。
どんどん失敗してください。英語ネイティブはわれわれ日本人に完璧な英語を話すことなど期待していません。

いかがでしたか?少し見方を変えると英語は我々の生活にあふれていて非常に学びやすい言語です。
確かに英語と日本語は違う点がたくさんあります。特に苦しむのは発音ですよね。日本語にはない音があるから発することができない、もちろん自分で言えない音は聞き取るのが難しいことは言うまでもありません。
しかし解決策は簡単ですよね。勉強して弱点を埋めればいいだけです。特に私は当初発音の学習を重点的に行いました。それと並行してフレーズや単語を増やしていくという形です。

学校で6年間文法を学んでいるとある程度の基礎はついているはずです。そのため文法は重点的に学習する必要はないと私は思います。その代わりに短い文をたくさん覚えていき、口から自然と出るようになるまで暗記してください。

英語はそれほど難しいものではありません。私たちが勝手にハードルをあげているだけです。今回の記事であがってしまったハードルが下がってくれたら幸いです。ぜひポジティブ思考で英語学習を行ってください。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る