英語学習者必見! リーディング力をアップするコツ

TOEICやTOFELのスコアを上げたい、大好きな海外小説を英語で読みたい、仕事で使う資料を難なく読みたい・・。
英語を勉強している目的は様々でも、日本語を読むのと同じように英語が読めるようになりたいという目標は同じです。

英語を読む力、つまりリーディング力をアップするためのコツについて今回はご紹介していきたいと思います。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

(1) 簡単すぎるかな?と感じる本から始める

リーディング力をアップさせるために読む英文であっても、自分の好きな内容や興味のある分野の記事のものなど自分が読み続けられるものを選ぶことがおすすめです。
とはいえ、今自分が日本語で読める文章も英語にすると結構難しいと感じるものです。
あまりに難しいものを選んでしまうと、知らない英単語がたくさん出てきて話が中々分からなくなっていき、最後まで読み切らずに挫折しまいがちです。
英語の勉強に使う時は「はちょっと自分には簡単すぎるかな?」と感じるものから選ぶようにしましょう。

<関連広告>分かる! 解ける! 英文法!

(2) 読みながら辞書は使わない

知らない単語が出てくるとすぐに辞書を引きたくなるかもしれません。
けれどもまずは辞書を使わないまま、通して読んでみることを心掛けてみてください。

文章の細かいところまで理解できればベストですが、細かいことよりも話の大枠をつかむことが第一です。細かい単語にとらわれずにどんどん読み進めて話の大枠を理解しようとする力を伸ばすことでリーディングの力はアップします。

また、このような読み方を繰り返すうちに、知らない単語が出てきても文章の前後からその意味を推測する力をつけることができます。

<関連広告>TOEICスコアアップ!イーラーニング英会話】スピードスピーキング習得

(3) ペンを片手に文章を読もう

外国語の文章を読む時にはペンを片手に読みましょう。
持ったペンで何をするのかというと、知らない単語に丸を付けておくのです。
先ほど(2)で「読みながら辞書は使わないこと」をおすすめしましたが、知らない単語の意味を調べないままだと単語力やボキャブラリーは伸びないままですよね。
英語力を伸ばすためにも「知らない単語を調べる」ことはとても重要なのです。

では文章に登場した知らない単語を全部引いて、単語帳を作ればいいのかというと、その方法は時間があまりにもかかりすぎるためおすすめしません。
文章の中であなたが「この単語よく出てくるな。」と感じた言葉だけチェックして調べるようにしましょう。

<関連広告>たった60日で英語が話せる!?楽天3部門1位の英会話!<七田式>

まとめ

まだ日本語に訳されていない素敵な本や記事がたくさんあります。
リーディング力をつけることで日本語だけでなく英語の本やホームページからも情報を得ることができるようになります。
英語力でなく、たくさんの力がアップするチャンスになるかもしれませんよ。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る