ジャーナリストが見た北朝鮮の真実

2009年3月、2名のジャーナリストが北朝鮮に逮捕されました。その1人がEuna Lee。彼女は北朝鮮に拘束された140日間の経験をTEDでシェアします。彼女が見たのは、私たちのイメージする北朝鮮とは異なる姿でした。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

Euna Leeがジャーナリスト、そして北朝鮮で罪人になった理由

I recently read about what the young generation of workers want in Harvard Business Review. One thing that stuck out to me was: don't just talk about impact, but make an impact. I'm a little bit older than you, maybe much older than you, but this is exactly the same goal that I had when I was in college. I wanted to make my own impact for those who live under injustice; it's the reason that I became a documentary journalist, the reason I became a prisoner in North Korea for 140 days.

【和訳】
私は働いている若い世代の人々が求めているものをハーバード・ビジネス・レビューで読みました。1つ目立ったのが「インパクトについて話すな、インパクトを与えろ。」ということです。私はあなたたちよりも年上でしょう、しかし私は大学生の時に持っていた目標と同じものを持っています。私は不公平のもとで生活している人々に影響を与えたかったのです。その目標が私をドキュメンタリー・ジャーナリストにしました。そして、その目標のおかげで140日間北朝鮮の罪人となったのです。

【単語解説】
・recently – 最近
・young generation – 若い世代
・stick out – 目立つ、際立つ、飛び出す
・those who
これは絶対チェックの頻出表現です。those whoは「~する人々」という意味で、whoは関係代名詞。つまり、who以下が人々を表現します。ここでは、those who live under injusticeとなっているので、「不公平のもとにで生活している人々」となります。
・injustice – 不公平、不正
・prisoner – 罪人

スピーカーのEunaは人々にインパクトを与えたいがためにドキュメンタリー・ジャーナリストとなりました。インパクトや及ぼされた影響について話すのではなく、自らが影響を与える人物になる、この信念のためです。そして、彼女はジャーナリストとなり、北朝鮮で140日間罪人となるのでした。

<関連広告>半年で話せるようになることも可能な英語スピーキング習得プログラム(特許申請中)

運命を変える3月17日

It was March 17, 2009. It is St. Patrick's Day for all of you, but it was the day that turned my life upside down. My team and I were making a documentary about North Korean refugees living below human life in China. We were at the border. It was our last day of filming. There was no wire fence or bars or sign to show that it is the border, but this is a place that a lot of North Korean defectors use as an escape route. It was still winter, and the river was frozen. When we were in the middle of the frozen river, we were filming about the condition of the cold weather and the environment that North Koreans had to deal with when they seek their freedom. And suddenly, one of my team members shouted,"Soldiers!" So I looked back, and there were two small soldiers in green uniforms with rifles, chasing after us. We all ran as fast as we could. I prayed that, please don't let them shoot my head. And I was thinking that, if my feet are on Chinese soil, I'll be safe. And I made it to Chinese soil. Then I saw my colleague Laura Ling fall on her knees. I didn't know what to do at that short moment, but I knew that I could not leave her alone there when she said, "Euna, I can't feel my legs."

【和訳】
2009年3月17日のことでした。みなさんにとっては聖パトリックの祝日でしょうが、私にとっては人生がひっくり返った日です。私とチームは中国で人間らしい生活を送る北朝鮮の亡命者のドキュメンタリーを撮影していました。私たちは国境にいて、それが撮影最後の日となったのです。ワイヤーのフェンスもなく、そこが国境を示すサインもありませんでしたが、そこはたくさんの北朝鮮人が逃げ出すルートだったのです。まだ寒い冬の日で、川は凍っていました。川の真ん中で寒い気候と北朝鮮人が自由を得るために通らなければいけない状況を撮影していると、メンバーの一人が「兵士だ!」と叫ぶのです。後ろを振り返ると、緑のユニフォームに身を包んだ、ライフルを持った兵士が私たちを追っていました。私たちは全力で走りました。私は頭を撃たれないようにと祈り、私の足が中国の地を踏んでいることに気づきました。すると同僚のLaura Lingが膝をついているのを見たのです。瞬時に何をすればいいのかはわかりませんでしたが、「Euna、足の感覚がないの」と彼女が言ったとき、私は彼女を置き去りにはできませんでした。

【単語解説】
・turn upside down – ひっくり返る、さかさまになる
・refugee- 亡命者、難民
・border – 国境
・defector – 亡命者
・shout – 叫ぶ
・look back – 振り返る
・pray – 祈る

2009年3月17日、彼女の人生がひっくり返ります。彼女たちは北朝鮮の避難民のドキュメンタリー撮影のため、国境付近にいました。ドキュメンタリーチームはライフルを持った2名の兵士に追われたのです。Eunaは中国の土地(安全地帯)まで逃げることができましたが、仲間のLauraが膝から崩れ落ちているのを見ます。Lauraは「Euna、脚の感覚がないの」と言うのでした。

<関連広告>
42日で話せる実感!「スピークナチュラル」

2人の北朝鮮兵士につかまる

In a flash, we were surrounded by these two Korean soldiers. They were not much bigger than us, but they were determined to take us to their army base. I begged and yelled for any kind of help, hoping that someone would show up from China. Here I was, being stubborn towards a trained soldier with a gun. I looked at his eyes. He was just a boy. At that moment, he raised his rifle to hit me, but I saw that he was hesitating. His eyes were shaking, and his rifle was still up in the air. So I shouted at him,"OK, OK, I'll walk with you." And I got up.

【和訳】
私たちは2名の北朝鮮兵士に囲まれました。彼らは私たちよりも大きくありませんでしたが、基地に連れていかれることは明らかでした。私は助けを求め叫びました。中国から誰か来てくれると望んだのです。私は訓練された兵士に対してとても頑固になりました。彼の目を見つめました。兵士は少年だったのです。その瞬間、彼はライフルで私を殴ろうとしましたが、ためらいが現れました。彼の目は揺れていて、ライフルは宙に掲げられたまま。だから私は「OK、OK、あなたについていくわよ」と叫び立ち上がりました。

【単語解説】
・determined – 意志の強い
・army base – 基地
・yell – 叫ぶ
・stubborn – がんこな

彼女たちはライフルを持つ2人の北朝鮮兵士に囲まれてしまいます。兵士のうち1人が少年だったということに驚きですよね。

<関連広告>フリートークに飽きたならベストティーチャー(Best Teacher)

私たちは敵だ

When we arrived at their army base, my head was spinning with these worst-case scenarios, and my colleague's statement wasn't helping. She said, "We are the enemy." She was right: we were the enemy. And I was supposed to be frightened, too. But I kept having these odd experiences. This time, an officer brought me his coat to keep me warm, because I lost my coat on the frozen river while battling with one of these soldiers.

【和訳】
基地についたとき、私は最悪のシナリオを考えていました。同僚は「私たちは敵だ」と言いました。彼女は正しかった。私たちは敵だったのです。そして、私は北朝鮮を怖がるはずでした。しかし、奇妙な経験が次々と私を襲うのです。今回は、1人のオフィサーが凍え切った私にコートを渡してくれました。私はコートを川でなくしていたのです。

【単語解説】
・spinning – ぐるぐるする、混乱する
・frightened – おびえる
・odd – 奇妙な

北朝鮮の基地に連れていかれた2人。そこで同僚は「私たちは敵だ」と言うのです。Eunaもまたおびえるべきなのに、奇妙な経験をします。オフィサーがEunaにコートを渡すのです。

<関連広告>スカイスキャナー

北朝鮮のイメージ

I will tell you what I mean by these odd experiences. I grew up in South Korea. To us, North Korea was always the enemy, even before I was born. South and North have been under armistice for 63 years, since the end of the Korean War. And growing up in the South in the '80s and '90s, we were taught propaganda about North Korea. And we heard so many graphic stories, such as, a little young boy being brutally killed by North Korean spies just because he said, "I don't like communists." Or, I watched this cartoon series about a young South Korean boy defeating these fat, big, red pig, which represented the North Koreans' first leader at the time. And the effect of hearing these horrible stories over and over instilled one word in a young mind: "enemy." And I think at some point, I dehumanized them, and the people of North Korea became equated with the North Korean government.

【和訳】
私が得た奇妙な経験について話しましょう。私は韓国で育ちました。私たちにとって、北朝鮮は常に敵です。北と南は朝鮮戦争から63年間休戦状態でした。80年、90年代の韓国では北朝鮮のプロパガンダについて教えられました。小さな子どもが「僕はこのコミュニティーが嫌いだ」と言っただけで残虐に殺されるグラフィックストーリーを見たり、北朝鮮の初代総書記を表した太った大きな赤い豚のアニメも見ました。これらの効果は抜群で、私たちには「敵」という単語が植えつけられました。そして、ある時点で私は北朝鮮の人々を軽視するようになり、北朝鮮の人々=北朝鮮政府という考えを持つようになりました。

【単語解説】
・under armistice – 休戦状態
・Korean War – 朝鮮戦争
・propaganda – プロパガンダ
・brutally – 残酷に
・instill – 徐々に教え込む、しみこむ

Eunaは韓国出身。彼女は幼いころから北朝鮮に対する教育が行われます。そして、彼女が持ったのは北朝鮮=敵という考え。

<関連広告>スカイスキャナー

待ち受けていたのは、意外な現実

Now, back to my detention. It was the second day of being in a cell. I had not slept since I was out at the border. This young guard came to my cell and offered me this small boiled egg and said, "This will give you strength to keep going." Do you know what it is like, receiving a small kindness in the enemy's hand? Whenever they were kind to me, I thought the worst case was waiting for me after the kindness. One officer noticed my nervousness. He said, "Did you think we were all these red pigs?"referring to the cartoon that I just showed you. Every day was like a psychological battle. The interrogator had me sit at a table six days a week and had me writing down about my journey, my work, over and over until I wrote down the confession that they wanted to hear.

【和訳】
拘留生活に戻りましょう。牢屋に入れられて2日目のことです。私は国境を越えてから一睡も取っていませんでした。若い看守が私の牢屋に着て、小さなゆで卵を渡しながら言うのです。「これで乗り越える力をつけるんだ。」と。敵から親切心を受け取ることがどんなものか分かりますか?彼らが私に親切でも、私はいつも最悪のケースを考えてしまいます。1人のオフィサーが私の緊張を見抜きました。彼は「あなたは、私たち全員があの赤い豚と思っていたのですか?」あのアニメの豚に言及したのです。毎日心理戦みたいなものでした。尋問者は私を1週間のうち6日間座らせて、旅について書かせるのです。何度も何度も、彼らが聞きたい告白を私が書くまで。

【単語解説】
・detention – 拘留、留置
・cell – 牢屋
・boiled egg – ゆで卵
・nervousness – 緊張
・interrogator – 尋問者
・confession – 告白

敵である北朝鮮人から、親切を与えられたEuna。最悪のシナリオを想定した彼女にとっては、意外な出来事でした。彼女が持つ北朝鮮へのイメージが少し変化します。

12年の労働キャンプ

After about three months of detention, the North Korean court sentenced me to 12 years in a labor camp. So I was just sitting in my room to be transferred. At that time, I really had nothing else to do,so I paid attention to these two female guards and listened to what they were talking about. Guard A was older, and she studied English. She seemed like she came from an affluent family. She often showed up with these colorful dresses, and then loved to show off. And Guard B was the younger one, and she was a really good singer. She loved to sing Celine Dion's "My Heart Will Go On" --sometimes too much. She knew just how to torture me without knowing.

【和訳】
3か月の留置の後、北朝鮮の裁判所は私に12年間労働キャンプに行くように判決しました。だから私は部屋で移送を待っているだけでした。そのときは本当にすることがなかったので、2人の女性看守の会話に耳を傾けました。看守Aは年上で英語を勉強していました。おそらく裕福な家庭の育ちでしょう。鮮やかなドレスで現れては、自慢気に見せていました。看守Bは若く、歌が上手でした。セリーヌ・ディオンの”My Heart Will Go On”が大好きで、ときに歌いすぎていました。彼女は私を痛めつける術を無意識のうちに知っていたのです。

【単語解説】
・sentence – 宣告する
・transfer – 移送する
・pay attention – 注意を払う
・affluent – 裕福な

Eunaは労働キャンプで12年間働くように法廷で宣告されます。当時、何もすることがなかった彼女は女性守衛を観察します。1人は裕福な家庭出身ぽく、もう1人はセリーヌ・ディオンの歌を歌いすぎます。彼女の歌がEunaを痛めつけたようですが

<関連広告>
クレカの準備は大丈夫?「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード」

北朝鮮の日常

And this girl spent a lot of time in the morning to put on makeup, like you can see in any young girl's life. And they loved to watch this Chinese drama, a better quality production. I remember Guard B said, "I can no longer watch our TV shows after watching this." She got scolded for degrading her own country's produced TV shows. Guard B had more of a free mind than Guard A, and she often got scolded by Guard A whenever she expressed herself.

One day, they invited all these female colleagues -- I don't know where they came from -- to where I was held, and they invited me to their guard room and asked if one-night stands really happen in the US.

そしてこの女の子は朝にたっぷりの時間をかけてお化粧をします、ほかの国の若い女の子のように。彼女らはクオリティーの高い中国のドラマを見るのが大好きでした。私が看守Bがこういったのを覚えています。「このドラマを見た後じゃ、私たちのドラマ見れないよ」。彼女は叱られました。看守Bは看守Aよりも自由な精神を持っていたようで、思ったことを表現してはよく叱られていました。
ある日、彼女らは同僚全員を集めます。そして私を看守室に招待し、アメリカ合衆国ではワンナイトラブがあるのかどうかと尋ねるのです。

【単語解説】
・put on makeup -化粧をする
・no longer – もはや~できない
・scold – 叱る
・one-night stands – 一夜限りの関係

Eunaが見た北朝鮮の女性は私たちと変わりませんでした。化粧をし、ドラマを楽しみ、危ない一線にワクワクする。看守Bに関しては、より自由を求めているように感じたのです。

<関連広告>駅前留学のNOVA まずは体験レッスン!

Eunaが学んだものとは

今回はここまでで終了いたします。続きが気になる方は、以下のリンクから視聴することができます。続きは、08:29からです。TEDは英語学習にも最適です。公式サイトには、英語スクリプトも付いているので、単語を調べながら英語学習できるはずです。残酷なイメージという北朝鮮ですが、そこに住む人々は違いました。ぜひ続きを視聴して、北朝鮮の真実の姿を見てください。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る