【洋楽】ハリー・スタイルズの2年ぶりとなる新曲”Lights Up”で英語学習

GoogleAdManager

ワン・ダイレクションのメンバー、ハリー・スタイルズが2年ぶりとなる新曲を発表しました。タイトルは”Lights Up”で、発表からすぐにツイッターのワールドトレンド入りしました。今回は、全世界が待ち望んだハリー・スタイルズの新曲で英語学習しましょう。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

”Lights Up” – Harry Styles

What do you mean?
I'm sorry by the way
Never coming back down
どういう意味なんだい?
悪かったとは思ってる
決して戻ってこなくてさ

【単語解説】
・What do you mean?
そのまま覚えておくべき頻出フレーズです。意味は「どういう意味?」で、相手の言っていることなどが理解できなかった時に使います。また、怒りのニュアンスを含めて「どういう意味!?」と使われることもあります。

・by the way
おもな意味は2つ。1つ目は「ところで」と会話の内容を変更させる役割。話している時に、急に思い出して、「ところでさ~」のような感じですね。2つ目の意味が「ちなみに」。これは情報追加の働きですね。

・come back down
直訳すると「下に降りてくる」という意味になりますよね。Come back downだけよりも、Come back down to earthで使われることが多いです。意味は「現実に戻る」や「夢見心地が覚める」など。

Can't you see?
I could, but wouldn't stay
Wouldn't put it like that
分からないかい?
留まることはできるけど、僕は去るよ
そんなふうに言わないんだ

【単語解説】
・put it like that
「置く」という意味で有名なPutですが、この歌詞だと「そんな風に置かない」だとちょっと前後のつながりがなくなってしまいます。実は、Putには「言う」という意味があるのです。そして、この意味で使われることは多々あります。また、セットで「書く」という意味があることも覚えておきましょう。

What do you mean?
I'm sorry by the way
Never coming around
It'd be so sweet if things just stayed the same
La-da-da-da-da
どういう意味なんだい?
僕も悪かったとは思ってる
決して戻ってこなくて
何もかも変わらなければ、素敵なのに

All the lights couldn't put out the dark
Runnin' through my heart
Lights up and they know who you are
Know who you are
Do you know who you are? (Oh)
どんな光でも暗闇を完全にはかきけせない
僕の心にいつも流れているから
明かりを灯せば、彼らは君の正体を知る
君を知るのさ
君は自分が何者か知っているかい?

【単語解説】
・put out – 消す
・run through

「~に浮かぶ」や「~を走り抜ける」という意味です。また、run through my mindで「ふと頭をよぎる」や「考えるのを止められない」などの意味になるのです。This song has been running through my mindで「この曲が頭から離れない」、You have been runnning through my mindで「君のことをずっと考えている」と訳します。

Shine, step into the light
Shine, so bright sometimes
Shine, I'm not ever going back
Shine, step into the light
Shine, so bright sometimes
Shine, I'm not ever going back
Shine, step into the light
Shine, so bright sometimes
Shine, I'm not ever (Ooh)
輝け、光の中に踏み込むんだ
輝け、時には眩しすぎる
輝け、僕は決して戻らない
輝け、光の中に踏み込むんだ
輝け、時には眩しすぎる
輝け、僕は決して戻らない

【単語解説】
・step into – ~の中に踏み込む
・bright – まぶしい、明るい
・not ever

Everは「これまで」や「今まで」の意味で有名ですよね。もう1つ重要な使い方があります。否定の単語+Everとなった場合、このEverは否定を強める働きになるのです。意味は「絶対に~ない」や「決して~ない」など。

What do you mean?
I'm sorry by the way
Never going back now
It'd be so sweet if things just stayed the same
La-da-da-da-da
La-da-da-da-da
La-da-da-da-da (Oh)
La-da-da-da-da (Oh)
La-da-da-da-da (Oh)
どういう意味なんだい?
それよりもごめんね
決して戻ってこなくて
何もかも変わらなければ、素敵なのに

All the lights couldn't put out the dark
Runnin' through my heart
Lights up and they know who you are
Know who you are
Do you know who you are?
どんな光でも暗闇を完全にはかきけせない
僕の心にいつも流れているから
明かりを灯せば、彼らは君の正体を知る
君を知るのさ
君は自分が何者か知っているかい?

ミステリアスなMVに加えて、歌詞も神秘的ですよね。特に印象的なのが、Do You Know Who You Are(君は自分が何者か知っているか)という一節。私たちは意識していないだけで、心のどこかでは自分の知らない一面を持っているかもしれません。例えば、近年多くの方が認識している、そして声を挙げているのが性の多様性。

ハリー・スタイルズのファンならご存知かもしれませんが、彼はLGBTQの活動にも熱心です。メットガラなど公の場でジェンダーレスの格好で登場することも多々あります。今曲でハリーは、もしかすると私たちは性に正直になれているのか、と問いかけているのかもしれません。というのも、今曲が発表されたのは「ナショナルカミングアウトデー」だから。

毎年10月11日は、自身の性的指向や性自認をカミングアウトした人々を祝う日なのです。そんな大切な日にリリースしたからこそ、LGBTQへのサポートも感じられる一曲となっています。

まとめ

今回はハリー・スタイルズの新曲”Lights Up” で英語学習しました。ポップやロック、そしてファンクも感じられる曲です。新作アルバムはまだ未発表ですが、ハリーによると「セックスと悲しい気持ち」が詰まったアルバムになっているようです。新作アルバムも待ちきれませんね。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

トップへ戻る