オーガニック大国オーストラリアでナチュラルコスメを買うときに美容部員さんに訊きたいこと

オーストラリアには、たくさんの優れたオーガニック、またはナチュラルなコスメやスキンケア商品が豊富ですので、せっかくオーストラリアにいらしたら、ご自身でお気に入りのコスメを見つけてお土産にしていただきたいものです。
日本では見かけないコスメもいっぱいありますから、日本に持ち帰ってみたら使い方がわからない!などということがあってはもったいないので、美容部員さんにきっと訊いておきたい英語表現をご紹介しながら、オーストラリアのコスメ事情も一緒に見ていきましょう。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

1、美容部員さんに訊く前に知っておきたいオーストラリアのコスメ傾向

オーストラリアは、「オーガニック大国」と呼ばれるだけに、自然派のコスメがとても充実しています。環境を大切にするオーストラリアの人の傾向として、
・過剰包装されていない、リサイクルできるパッケージでできているコスメ
・動物実験しない、そして動物実験に反対しているコスメメーカー
という点も重要視されています。

そういったエコ・自然の観点からだけでなく、日本と少し違うな・・・と感じるであろう点がいくつかあります。

「泡立つ洗顔料があまりない」
日本では、洗顔フォームや洗顔せっけんのさっぱりとした使い心地が人気がありますが、オーストラリアの人は、クリーム系、ミルク系クレンジングが好きな傾向があります。
石鹸成分で顔を洗うと肌を痛めるのでは、というイメージが強いということもありますが、顔を洗うときに水やぬるま湯で「洗い流す」ことに日本人ほど爽快さを感じていないように思います。汚れを拭き取って終了、という形式の洗顔方法にも抵抗がありません。

「W洗顔という考え方があまりない」
日本では、「クレンジング後洗顔する」と言うと、「メイクを一旦落としてから、何か別の洗顔料で顔を洗う」ことだ、とわかりますでしょう?
オーストラリアでは、スキンケアアイテムの中で、「メイク落とし」というジャンルがありません。クレンザーは、メイクでも汚れでも、とにかく落としたいものを落とすアイテムで、たいていのクレンザーに

A cleanser perfect for removing make-up, and everyday impurities
(メイクや普段の汚れを落とすクレンザーです)

の表示があります。
一度で落ちないときは、もう一度繰り返してください、という指示は多く見かけますが、何か別の洗顔料でメイクを落とす感覚はなく、濃いメイクの時に、オイルベースのポイントメイク落としを使う程度です。普段はあまりメイクをしない、というオーストラリアの人のメイクの好みにも関係があると思います。

「マスカラ命!」
日本では、すっぴんの日も眉毛だけは描かなければ!と思っている方の割合が結構高いと思います。
オーストラリアの人は、さほど眉毛のことは言わない代わりに、あまりメイクをしなくても、マスカラだけは欠かせない!という方の割合がとても高いんです。だから、メイクをしない人も良いマスカラを探している人が多いです。
淡い髪の色の人は特に、マスカラをしないとまつげ自体があまり見えないですものね。その女心はわかります♪

「エクスフォリエイティング大好き!」
日本では、エクスフォリエイティング効果があると聞くと、スクラブが肌を痛めるのでは、というイメージの方が強いように思います。肌を「労わる」ことに重点を置きます。
でも、オーストラリアの人は、もしかしたらフェイスマスク以上にスクラブが大好きです。
不要な角質が蓄積されることで、乾燥するし、スキンケアも浸透しないし、土台がスキンケアを受け入れる状態になってないと意味がない!という考え方が強くあります。

「なるべく小麦肌に見せたい!」
オーストラリアの白人の人は特に、白い肌でなく、小麦色の肌が健康的なイメージがあり、憧れます。でも、紫外線の浴びすぎがいけないということも知っているんです。ですので、ナチュラルな処方のフェイクタンがとても人気があります。

「ボディケア大好き!」
日本の人と同じくらい、しみやしわだって気にしているし、美肌を手に入れたいと思っているけれど、オーストラリアの人は、それ以上に、「気持ち良い!」と感じられるケアが大好きで、日本の人以上にボディケアが大好きです!日本の人が、ボディケアよりフェイスケアに関心が高いのは、「人に見られる部分か」という点でも気になるのだと思うのですが、オーストラリアの人は、人に見られるかどうかはさほど気にしていません。人に見られるから、ボディマッサージをしたり良い香りのボディバターを選ぶのではなく、自分がいかに気持ちよくケアできてリラックスできるかに重点を置きます。

<関連広告>“マネパカード新登場!
両替手数料が格安”

2、美容部員さんに訊きたいあれこれ

美容部員さんに訊きたいことはたくさんあれど、まずは、あとで困らないよう知っておくべき基本的な質問からご紹介しますね。

How long will it keep for? (どのくらい保存できますか)

ナチュラルなコスメだと品質保持のための指示があるものもあるので、

Does it need to be kept in the fridge?(冷蔵庫保存が必要ですか)
Can I keep it at room temperature?(室温保存でいいですか)

などの質問も便利かもしれません。

How much should I apply this at one go?(1回でどのくらいつけたらいいですか)
Is it used straight after cleansing your face?(洗顔後すぐにつけるものですか)
Do I need to apply any facial toner before using this?(これを使う前に化粧水かなにかつける必要がありますか)
Does this have any artificial colours and fragrances?
(人工着色料や香料が使われていますか)

ナチュラルコスメ、と謳っていても、ケミカルな成分がたくさん入っていることもありますから、ご自身にあったコスメが選びたいですものね。

Is this 100% natural?(これは、100%ナチュラルですか)
Does this have---- as an ingredient?
(成分にーーーが入っていますか?)

オーストラリアに限らず、海外から輸入されて日本で販売されているコスメは、海外に比べてとても値段が高いので、海外旅行は、日本ですでに販売されているコスメをお得にお買い物できる楽しい機会でもあります。
予め、下調べしたお目当のオーストラリアコスメがあるのであれば、

I am looking for this brand, do you have any items of this brand in stock?
(このブランドを探しています、何かこのブランドのものをお店に置いてますか)
Do you have more of this item  in stock?
(まとめ買いしたいけれど店頭にあまり在庫がないとき)(もっとこの商品の在庫はありますか)
Do you know any shop who sells this brand?
(このブランドを売っているお店をご存知ですか)

筆者も普段、ナチュラルなスキンケアなどを扱う店を運営しているので、よく訊かれます。

Which product are you using at the moment?(今どれ使っていますか)
Which serum would you recommend?(どちらのセラムがオススメですか)

オーストラリアコスメは、日本に知られていないものがあふれているので、自分で日本未上陸コスメを発掘するのもまた楽しいものです。

What is this item good for particularly?(特に何に良いですか)
How often should I use this?(どのくらいの頻度で使えばいいですか)
Can children also use this?(子供も使えますか)
I am pregnant, is it safe for pregnant women as well?
(妊娠しているんですが、妊婦も使えますか)

オーストラリアでは、デパートやスーパー、バラエティショップ、各メーカーのショップだけでなく、薬屋さんや健康食品店も隠れたスグレコスメの宝庫です。是非お好みの素敵コスメを見つけてくださいね〜

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る