日本の食文化を外国人に説明してみよう(かつ丼編)

ダイエットの天敵と言われる「かつ丼」は、減量者にとっては餃子と同じくらい罪深い食べ物です。しかし、そのおいしさゆえに断ち切ることができない誘惑でもあります。あの独特の甘辛い味付けと、かぐわしい三つ葉のあしらい、プルンプルンの卵でくるまれた豚肉…、こんなふうに豚肉を調理するなんて、レシピ考案者は天才ではないかと思うほどです。
さて、この食べごたえ満点の「かつ丼」はぜひ外国の方にも食べていただきたい日本料理です。ボウルにどんっ!と豪快に盛られるビジュアルは、肩肘張らずにカジュアルに食べられるグルメの1つです。さあ、外国のお友達を「かつ丼」屋さんに連れて行ってあげましょう。
<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

その①何の肉ですか?

 外国人にとっては、「かつ丼」の見た目ではまず何が盛られているのかさっぱりわかりませんね。「何のフライなの?」と大きな茶色いかたまりに不信感を抱くことだってあるでしょう。まずは具材を説明してあげてください。

・Katsudon is a bowl of rice, with a topping of deep-fried pork.
(かつ丼は、丼ぶりに入ったごはんに、油で揚げた豚肉が載っているものを指します。)
・Katudon is a combination word of Katsu (pork-cutlet) and Don (rice bed in a bowl) .
(「かつ丼」は2語の組み合わせです。豚肉のカツレツである「かつ」と、丼に敷き詰められたごはんを指す「どん」を組み合わせています。)
・Cooking the egg half- done is the most important point if you make a perfect Katsudon.
(最高のかつ丼を作るには、卵を半熟にすることが何より肝要です。)
・Katsudon is often served with miso soup and pickles.  Some people add Japanese chili powder “Shichimi” on their Katsudon.
(かつ丼はよく味噌汁や漬物と一緒に出されます。日本風の唐辛子の粉である「七味」をかける人もいます。)
・Many casual Japanese restaurants have Katsudon on menu. (Even a soba noodle restaurant has it on menu!) Katsudon is available all over Japan but it might not be if you visit a high-end restaurant.
(カジュアルな日本料理店ならメニューにかつ丼を載せています。(そば屋にもあるんです!) かつ丼は日本中で食べられますが、高級店には置いていないこともあります。)

その②主に「卵とじかつ丼」で、ときに「ソースかつ丼」

主にガイドブックで紹介されるのは「卵とじかつ丼」ですが、次に続く流派は「ソースかつ丼」です。日本人でも「どっち派!?」なんてよくTV番組でも特集に取り上げられますよね。ちなみに福井県出身の筆者は、「ソースかつ丼」派です。大学進学で東京に出てくるまでは「卵とじかつ丼」があったことすら知りませんでした…! そして愛知に行けば「味噌かつ丼」まであるわけです。「かつ丼」は意外に、日本における自分の出身トークに欠かせない話題のようです。正月にふるまうお雑煮が「だし」なのか「味噌」なのか、というのと同じくらい、「かつ丼」の調理法は日本人には認知度のある食トークだということです。

・Katsudon has some variations in recipes, according to regions. Usually Katsudon is sweet-tasted, with onion slices and egg. There’re also Sauce-Katsudon, Miso-Katsudon and others.
(地域によってかつ丼にはいくつか種類があります。たいていは甘い味付けで、薄切りの玉ねぎに卵を伴って出されるものです。ほかにソースかつ丼や味噌かつ丼なんかもあります。)
・Sauce-Katsudon is served with exclusive sauce for pork cutlet, which is different from demiglace sauce. Sauce texture is more watery, light, and sweet.
(ソースかつ丼はポークカツレツ専用のソースをかけて出されます。デミグラスソースとはまた異なるものです。さらさらしていて軽く、甘い味付けになっています。)
・In Aichi prefecture, people usually eat Miso-Katsudon. Miso sauce is topped on pork cutlet instead of Western sauce. This is known as Nagoya’s speciality.
(愛知県では味噌かつ丼が主流です。味噌ソースが西洋風ソースの代わりにポークカツレツの上にかかっているんです。名古屋名物になっています。)
・People are proud of their favorite Katsudon taste from hometown. This is quite similar to the new year’s topic of “What taste is the best when you eat mochi soup?”.
(人々は故郷のかつ丼の味にプライドを持っています。ちょうど「雑煮の味は何がいい?」という正月の話題に通じるものがあります。)

<関連広告>ゼロからの英語やり直し教室

その③必勝祈願に「かつ丼」を食べる文化

 これは日本だからこそ、の文化ですね。日本語ではwinは「勝つ」なので、大事な試験を受けるときには「勝つ」と同じ韻を踏んだ「かつ丼」を食べてから試験に向かう人がたいへん多いわけですが、ランチタイムに「かつ丼」を食べられない場合は、自宅で朝食として食べる人もいます。でも、朝から揚げ物なんて、なかなかヘビーだと思いませんか?

・Katsu means “win”, “pass the exam”, and “take the chance” in Japanese language. That’s why we have the culture of preparing Katsudon for those who are trying important exams.
(日本語で「かつ」は、勝つ、試験に合格する、チャンスをつかむ、といった意味があります。ですから、重要な試験に臨む人にかつ丼を作ってあげるという文化があるんです。)
・Not only for academic purposes but also for sports, people eat Katsudon wishing for their victories.
(学業のことだけでなくスポーツにおいても、人々は勝利を願ってかつ丼を食べます。)
・To tell you the truth, there’s no relation between Katsudon and good luck. But many people try to complete this food ritual to get rid of anxieties.
(実際のところは、かつ丼と幸運の関連性はありません。それでも、不安感の払拭のために多くの人たちがこの食の儀式をおこなおうとします。)

一般に日本の「丼もの」料理は、外国語のガイドブックでは Japanese fast food なんて書かれています。実際にお店では、5分程度で調理されてしまいますよね。それでもしっかりお腹が満たされて、男性のみなさんにも満足してもらえる点が「かつ丼」のすばらしいところですね。いかんせん高カロリーな食べ物ですから、ダイエット中の方には食欲をそそる酷な記述が続きました。謹んでお詫び申し上げます!
<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°


トップへ戻る