アメリカの単位やサイズは全く違う!簡単な計算法ってあるの?

アメリカに来て最初に頭を抱えたのが、単位やサイズの計算法。
今ではなんとなく頭で計算しています。
それでもなかなか覚えられませんが…。
今回は、私なりの単位やサイズの簡単な計算法をご紹介します。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

◆温度

americanotaniyasize

実は私にとって今でもわかりにくいのが温度の単位です。
私たち日本では通常使われているのが摂氏(℃)、アメリカは華氏(℉)。0℃は32℉が基準です。
では50℉は何度でしょう? 
答えは10℃です。

若干の差がありますが、簡単な計算方法として、華氏から30を引いて、2で割ると摂氏になります
ここカリフォルニアは平均が大体70℉前後。
計算で行けば(70-30)÷2=20℃前後ということになります。
気温でもそうですが、体温でもほぼ華氏を使う体温計が多く、もちろん病院でも℉で聞かれるので、計算法覚えておくと便利です。

<関連広告>《YouCanSpeak》知っていますか?学習した内容を忘れない仕組み。

◆長さ

americanotaniyasize02

アメリカでは私たちになじみの深いミリやセンチメートル、キロなどはほぼ見聞きされません。
なんに関してもインチ(Inch)、フィート(Feet)、ヤード(Yard)、マイル(Mile)が基準です。
1インチは約2.5センチ、
1フィートは12インチなので約30センチ、
1ヤードは3フィートなので約90センチ
となります。
アメリカでは身長をフィートで答えます。
例えば、5フィートなら何センチでしょう?
5×30=150センチ、となります。
では165センチをフィートで言うと? 
ちょっと難しいのですが、5.6(ファイブポイントシックス)となります。
6インチは6×2.5で15センチなので、150+15=165となります。

マイルは特にスピードや距離で使われます。
車道にある時速規制などの標識もすべてマイルです。
1マイルが約1.6キロ
ということは10マイルが約16キロという計算ですので、それで頭の中でキロへ換算しています。

例えば、標識に時速40マイルとあれば、1.6×40=64キロもしくは16×4=64キロと計算しています。
でも最近の車はすべてキロ表示もされているので、どちらかと言えば距離での計算に使っています。
ここから約20マイル、と言われても、全然距離感がわきませんよね。
簡単に計算すれば、16×2=32キロという計算です。

<関連広告>分かる! 解ける! 英文法!

◆重さ

americanotaniyasize01

軽い順に「オンス(oz.)」、「パウンド(lb.)」を使います。
買い物の際には必ず使う単位ですので、アメリカに初めて来たときに1番にぶつかった壁ですが、日常生活で本当によく使う単位だったので、1番に覚えました!
1オンスは約30グラムの計算です。
どちらかというと、パウンドのほうが使います。
1パウンドは16オンス、約450グラムの計算です。
日本だと、食品などの量り売りの場合、100グラムいくらの計算で表示されていますが、アメリカは1パウンドいくらで表示されています。

自分の子供が生まれた時も、パウンドとオンスで言われたので、ベッドの上で計算していたことを思い出します! 
Your baby’s weight is 6 pound 4 ounce.
赤ちゃんの体重は6パウンド4オンスですよ、と言われても、初めは???ですよね。
大体2850グラム前後の赤ちゃん、ということになります。
大ざっぱですが、(6×450)+(4×30)≒2820ということです。

<関連広告>1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座

◆容積

軽い順に「パイント(pt.)」、「クオート(qt.)」、「ガロン(gal.)」を使います。
ガロンを主に使います。例えば、ミルクやお水もほとんどがガロン計算。

そして、ガソリンスタンドの料金表示もガロンです。
1ガロン=4クオート=8パイントですが、リットルで言うと、
1ガロンが約3. 8リットルになります。
まあ大体の計算で1ガロンを4リットルで計算して、それより若干少なめかな、というような計算をしています。

例えば、ガソリンスタンドで1ガロン3ドル50セントとあれば、4で割れば1リットルいくらかな? という計算をすればいいわけです。
クオートというのは1/4という意味で、クオーターといえばわかりやすいでしょうか。
1ガロンの1/4ということは、1クオートは約1リットル弱、ということになりますね。
パイントはほぼ使うことはありません。

<関連広告> ワンミニッツイングリッシュは1分聞くだけ!の英語プログラム

◆英語でどのくらいかを聞くときはどう言うのでしょう?

・温度の場合
What is the temperature today?
今日の気温は何度くらいですか?

・長さの場合
How long is it?

ちなみに幅の場合は
How wide is it?

・重さの場合
How heavy is it?

ちなみによく体重で使う英文は
What is your weight?
How much is your weight?
あなたの体重はどのくらい?

身長だと、
How tall are you?

・容積の場合
How much is it?

<関連広告> 英語・英会話の上達を目指すなら【ロゼッタストーン】

◆なぜアメリカの単位は日本と違うの?

しばらくアメリカにいると、なぜ日本とこんなに違うの? 他の国はどうなの? と疑問に思ってきます。

実はメートル法を実施していない国は、リベリア、ミャンマー、そして北アメリカだけ。
経済大国としては北アメリカのみということになります。
最初にアメリカに来たのがイギリス人で、その際の単位法が今でも残っているということですね。

実際は、メートル法の表示やグラム表示も見かけることありますが、それでも今のこの単位をメインで使っているのは、やはり国民性なのかな、と思います。

アメリカ人の友人に言わせれば、
Why is it necessary to change it? There is no inconvenience for us though.
「何の不便もないのに、なんで変える必要があるの?」
I think that the foreigners should match it with us.
「外国から来た人が(私たち)アメリカに合わせればいいじゃない」
ということです。
本当に国民性がよく出ている回答ですよね。

一応国としても、メートル法に変えようという案も出ているようですが、結局は予算がかかるということと、特に不自由がないという理由で進みません。

<関連広告>【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材

◆アメリカの単位は慣れれば簡単!

簡単な計算法を頭に浮かべていくうちに、だんだんとアメリカの単位に慣れてきます。
不思議とそれが普通になってきてしまうので、計算法を覚えて、慣れてしまえば簡単です。
アメリカに留学やビジネスでアメリカに来た際にはぜひ参考にしてくださいね!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る