20世紀のアメリカンドリーム。ウォルマート創設者の軌跡

8月8日、アメリカ小売企業・ウォルマートはオンラインECのJet.comを買収しました。オンラインのAmazon、実店舗のウォルマートと一線を画していたところ、とうとうウォルマートがオンラインに進出する形でガチンコ勝負となることが発表されました。その買収額は、なんと30億ドル(日本円で3000億円)の価格となっており、衝撃的な買収劇となりました。

ところで、このウォルマートはアメリカの企業のなかでも、1969年に設立された戦後から成長してきた老舗の一つです。世界最大級となったこの企業は、衰えることはなく、未だ各地に存在を示しています。日本でも西友を子会社化して、幅を広げている実態にあります。

ウォルマートを創業したサムウォルトンは、小売業界に名を残した起業家として崇められています。彼は1918年3月に生まれ、1992年、74歳でこの世をさりました。その波乱な人生を垣間見ながら、サムウォルトンが放った名言を見ていきましょう。

「小売業の神様」と呼ばれる開拓精神溢れる起業家は、1918年3月にオクラホマ州の小さな村で生まれました。銀行家のトーマスウォルトン、その妻ナンシーリーにとって、初めての息子になりました。すぐに、彼の家族はミズーリ州へと引っ越していきました。彼はそのまま進級し、高校では文武両道、学問で優秀な成績を収めながらも、フットボールチームの総指揮を務めるなど、周りからも信頼の置かれる人間となりました。結局、彼は1940年にミズーリ大学を卒業しました。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

To succeed in this world, you have to change all the time.
この世界で成功するためには、いつどんな時でも変化し続けなければなりません。

>High expectations are the key to everything.
高い期待こそが、あらゆることへの鍵となるのです。

大学を卒業してからは、会社勤務を経て軍隊に入隊。1945年に軍を除隊したあと、アーカンソーの雑貨屋を購入してチェーン展開を開始しました。しかし、これは上手くはいきませんでした。そのあと、1954年にウォルマートの原型となるディスカウントストア「Walton’s(ウォルトンズ)」を開業し、州を跨り、チェーン展開を始めました。

Set high goals, encourage competition, and then keep score.
高い目標を設定して、競合に打ち勝ち、スコアを出すんだ。

Capital isn’t scare: vision is.
資本では不足、ビジョンこそだ。

1962年、ウォルトンはアーカンソーで、彼が最初に「ウォルマート」と名付けた店舗が開始されました。そこからの成功は早く、1976年までにウォルマートは、1億7600万ドルの価値を見出す公開企業まで成長していきました。1990年代初期までに、ウォルマートの株価は450億ドルまでに急騰しました。とうとう、1991年には最大手であったシアーズローバック社を追い抜くほどになりました。

ウォルトンの大成功には犠牲もありました。ウォルマート以外の一般的な小売店は大打撃を受け、そして、彼は社員に対して結果を求め、人事異動も厭わず、実行してきたといわれています。

不況の中でも、ウォルマートは成功し続けました。1991年には、世界中が大不況に囲まれたのにも関わらず、ウォルマートは40%以上の売り上げを増加させることに成功しました。もちろん、ウォルマートに対するデモも多くありましたが、結果的に顧客がもっとも欲しいものの期待に応えていたので、成長をし続けたわけです。


<関連広告> 日本人講師のオンライン英会話「ワールドトーク」

englista.006 (1)

Do it. Try it. Fix it.
やれ、試せ、そしてやり直せ。

Focus on something the customer wants, and then deliver it.
顧客が欲しいものだけに集中して、それを届けるんだ。

経営者としてだけではなく、ハンターやアウトドア愛好家としての一面も持っているウォルトンは、死ぬまでに人生を謳歌し続けたと言われています。また、1943年に結婚した妻のヘレンと、子供たちに囲まれて、父親としての面も持ち合わせていました。

1985年に、フォーブス誌はサムウォルトンがアメリカでもっとも裕福な男であると選びました。彼は結局、癌を患い、1992年に生涯を終えました。

You can learn from everybody.
あらゆる人から学ぶことができるんです。

サムウォルトンを知らなくても、ウォルマートを知らない人はあまりいないでしょう。経営者として、未だ多くの支持を集めるサムウォルトン。彼は優しい人間ではなかったかもしれませんが、彼が死んでも、彼の残したものが動いている以上は、彼がこの世から忘れられることはないでしょう。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る