ビジネスで使う英語Part.1

グローバル化が進み、世界は昔より狭く、そして密接にかかわるようになってきました。
そのため、これからはどんな職業であっても英語は必要になってきます。
すでに観光地のお土産屋さんでさえ、外国人に対応するために英語を覚えている時代です。
そうなると、当然ビジネスの世界ではより英語の需要が高まります。
今回はそんなビジネスの場で使える英語をまとめました!

元気な部下を育てる!フィードバックの英語表現

この記事では、部下や後輩へのコーチングの時に使える英語表現を紹介しています。
後輩や部下がプレゼンをしてフィードバックをしてあげることはとても大切ですよね。
ビジネスではこういったことがよくあると思います。
ぜひ実践できるようにしてみてください!

英語でできますか?病欠・遅刻・早退の正しい連絡方法

この記事では遅刻・早退・休暇の表現方法を紹介しています。
社会に入って大切なことは報告・連絡・相談といわれています。中でも遅刻・早退・休暇は自身にも、会社にも重要なことです。
単純に謝るだけでなく、休む代わりにどうするかなど、引継ぎなども大切になります。
しっかりおぼえておきましょう。

<関連広告>Bizmates

上司や同僚を取引先に紹介する時の英語表現

この記事は取引先への紹介の仕方についてです。
これはビジネスだけでなく、友達の輪を広げるときなども大切になります。
ただ、ビジネスの際は紹介する人物がどんな人間かも伝える必要があります。その表現方法についてもしっかり書いてくれているので確認しておきましょう。

仕事でよく使う「前倒し」「先送り」・・・英語でどう言いますか?>

この記事では日本語で使うけれど、いざ英語で使おうとすると出てこない表現を紹介しています。
例えば、納期を先送りしたい、の“先送り”。どんな風に英語にするかご存知ですか?
自分の伝えたいことが100%伝えられるように、しっかり覚えていきましょう!

<関連広告>初心者から確実に上達を実感したいなら『イングリッシュベル』

ビジネス英会話で絶対外せない10の形容詞

最後はビジネスで多用される形容詞について。
普通に英語を勉強するうえでは頻出のものではないので、いざ出てきたときに、意味が分からない、となってしまうかもしれません。
しっかりここで意味を確認して、出てきたら対応できるようにしておきましょう。

どこでも対応できるように

英語が仕事場で使われることはもはや当然になりつつあります。
会社に入るにしてもTOEICのスコアが求められたり、また、社員であってもTOEICを受けて、ある程度の成績を納めなければならないということもあるという時代です。
しっかりビジネスに対応できる英語を覚えて、活躍していけるようにしていきましょう!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る