知っていると便利!「Beyond me」という英語フレーズを知っていますか?

「Beyond me」という英語フレーズを知っていますか?この英語フレーズを知っていると、日常会話で結構使えてとても便利です。「Beyond me」とは、自分には出来ません、分かりませんということを率直に伝えるときのフレーズです。

「そんなこと僕にはできないよ。」「私には理解できないことだわ。」
そんなおしゃべり上のニュアンスでも使えますし、正式に「それは私の理解を超えていることでした。」あるいは「自分には不可能なことでした。」なんて重々しく訳したいときにも使えます。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

1.どんな風に使うの?

短いフレーズですが、その分使いやすいかもしれませんね。直訳しますと、me つまり自分を超えている、自分のはるか向こうにあるということですよね。私には分かりません、出来ませんということです。

「来るべき米朝首脳会談の結果はどういうことになるだろうね?」
What do you think the conclusion of the meeting between US president and North Korean leader? It will be held shortly. 
「難しい問題ですね。どうなるのでしょう。私には分かりません。」
Oh, it's a very difficult issue. I have no idea. It's beyond me. 
「この三元連立二次方程式の解をもとめたまえ?」
Please  solve this three way simultaneous quadratic equation.  
「私には無理です。」
It's beyond me.

<関連広告>■英会話上達のコツが判明─。

2.使うときは注意が必要!

大人同士の会話ではあんまり簡単に使ってはいけませんよ。なんの考えもないやつだなあって思われてしまったら大変です。仕事に関わる質問については、何とかして答えを出しましょう。
仮に間違っていても構いません。上司や同僚、あるいは取引先なんかに、考えのないおバカさんと思われるよりはいいのです。ただ、どうしても正解以外をいうことが許されないようなシチュエーションではやむを得ないかもしれませんね。

お酒の席なんかで冗談の受け答えとしてはいい台詞ですね。

「もしオリンピックで金メダルを取ったらマンハッタン島をあげるよ。」
If you will be an olympic champion, I will give you Manhattan island.  
「ありがとうございます。でも無理ですよ。」
Thank you very much but it's beyond me.

先生と生徒という関係では、使いやすいかもしれません。難しい質問をされたときは、本当に分からなければ、こういう答えもありですよね。

音楽の先生から、

「フランスの作曲家でピアニストであったドビュッシーとサティのそれぞれの音楽性および特徴について述べよ」
Tell each musicality and characteristics of Debussy and Satie who both were French composers and pianists.

なんていわれても、

体育の時間に先生から

「鉄棒の大車輪をやってみたまえ」Can you do the giant swing on the high bar?

なんていわれて、

できるのならばさらっと答えますしまた軽々とやって見せますが、分からなければ、出来ないのであれば

Oh, it's beyond me.

ということになりますよ。しょうがないです。

まだるっこしい説明抜きにさらっと結論だけを告げられるフレーズです。

分かりません、出来ませんという表現はいろいろありますよね。

I don't know. 
I can't do it.
It is impossible for me. 

それらに比べると少し婉曲的な表現かも知れません。
しかしケースバイケースですから決めつけない方がいいですね。

どんなに難しくても、困難なことでもやり遂げなければならないことがあるのが人間の社会ですよね。
映画、ゴッドファーザーPart2にとても印象深い場面がありました。敵対している大物を殺したいのです。生かしておくわけにはいかないのです。しかし大物で世間にもよく知られておりチャンスがありません。必要があってアメリカに飛行機で戻ってくることになったようです。着いたときに空港で仕留めたい。

マイケル・コルレオーネは手下の殺し屋に「出来るか?」と聞くのです。そんなに深刻な表情ではありません。「どう思う?」っていうような気楽な感じです。

手下には分かっています。これは質問ではないのです。命令なのです。このチャンスを絶対に逃すなという意味なのです。その手下、一番の殺し屋です。さらっといいます。

It's very difficult but not impossible.

ご命令ならばやりますよ。どんなに難しくても、不可能なんてないですよ。このときにIt’s beyond me. なんていってしまったら、その夜の内に自分が殺されてしまいますからね。
でも同じことではあるのです。

空港でその殺し屋、せっかくですから名前をいっておきましょう。ロッコです。古くからの組織の重鎮です。新聞記者に変装して近づきます。多くの新聞記者や警官が取り囲むなか、チャンスをみて至近距離から射殺しました。不可能と思われたことをやり遂げたのです。
すぐに逃げようとしましたが、そばにいた警官に銃撃され死亡しました。覚悟の上です。不可能じゃないと答えたときからこうなることは分かっていました。しかし自分は死んでも、コルレオーネファミリーが一生家族の面倒をみてくれますから大丈夫なのです。使ってはいけない場合を長々と説明しました。

<関連広告>海外ドラマ・映画が字幕なしで理解できるようになる

まとめ

beyond と似た意味の単語にoverや across がありますね。それぞれだけを比べてみますとover とacross は物理的に空間あるいは平面上で何かを越えて行くという感じでしょうか。
beyond はそういった概念を超えてはるか遠くへという感覚かもしれませんね。ですから能力としてもおよびもつかないところといった意味となるのでしょう。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°



トップへ戻る