シェアハウスは、本当に快適なのか?オーストラリアの共同生活事情

日本でも最近増えてきましたね、「シェアハウス」という新しい共同生活のあり方。
しかし、日本で人気が出るずっと前からオーストラリアではポピュラーな暮らし方の一つです。
いろいろな人に出会える場でもあるので、この機会にシェアハウスという暮らし方を知って、オーストラリアをより楽しむきっかけになればいいな、と思っています。

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°

1、シェアハウスとは

一口にシェアハウスと言ってもその形態はいろいろ。名前通り一軒家の「ハウス」を何人かでシェアし、個々人の部屋以外、シャワーもトイレもリビングルームもキッチンも共同で使う、という場合もあれば、アパートの借主が、2ベッドルームあるから、余っている1ベッドルームを他の人に間借りしてもらおうかな、と考えてシェアメイトを募集する場合もあります。キッチンやリビングルームは共同でも、シャワーやトイレは別々、という作りのアパートも多いです。
ですから、シェアハウスを探すときには、その立地や設備だけでなくオーナーによる条件なども見て、自分に合った共同生活形式を選ぶことが大切です。
シェアメイトを募集する広告は、新聞やコミュニティの掲示板、留学生やワーキングホリデーメーカーが集まるエージェントやカフェなどでも貼り紙広告を見つけることができます。

Room in a share house
(一軒家の中の一部屋)
Furnished room in a share house
(一軒家の中の一部屋だが、Furnished roomとは、すでに家具が揃えられている部屋なので、何も家具の準備もなく住める)
Furnished room in a flatshare
(複数部屋があるアパートの一物件の中の一部屋)
Room with own bathroom
(個室と自分専用のお風呂場)
Furnished room with ensuite in a flatshare
(家具付き個室のアパートでensuiteではバストイレが自分専用にある)

などまずは、部屋の形態を好みで選びます。
そして、家賃や設備も選びたいですね。例えば、

Weekly Rent $180
(1週間の家賃。オーストラリアでは週ごとで家賃を払うのが一般的です)
Bond- 2 weeks rent
(敷金のことです、2週間分の家賃を前払い)
Bills -  Included in rent
(電気代、家賃に含まれます、Not included in rentなら家賃とは別に電気代を払います)
Internet - Available but not included rent
(インターネット、あるけれど家賃に含まれません、Unlimited included in rentなら「家賃に含まれ制限なく使えます」の意味です)
Parking   Off street parking
(駐車場、通りわきに駐車してください)

などの条件を確認できます。
それではここからいくつかシェア募集広告をいくつか見てみましょう。

4 bedroom,2 bathoom
(寝室4つ、バスルーム2つ)
Very spacious
(とても広々)
Air con in bedroom, own bathroom
(寝室にエアコンあり、専用バスルームあり)
Under cover secure parking
(屋根のある安全な駐車場所)

シェアハウスでは、知らない他人と住むことになるので、どんな人と一緒に住むことになるのか気になりますでしょう?だいじょうぶ!シェアメイトの募集広告にはシェアメイトがどんな人かたいてい書かれています。例えば、

40yr old female. Work full time.
(40歳女性、フルタイムワーカー)
I have an indoor dog, super friendly.
(非常にフレンドリーな室内犬がいます)

相手のシェアメイトを募集している方もシェアメイトになる条件を提示していることが多いです。例えば、

Tenant must be a neat, clean & tidy non-smoker. 
(シェアメイトになる方は、整理整頓できるきれい好き、非喫煙者に限る)
No back-packers or short stay tourists. 
(バックパッカーや短期滞在の旅行者お断り)
3 weeks notice required prior to vacation. 
(シェアハウスを出るときは、3週間前に知らせること)
Students accepted
(学生可)
LGBT friendly
(セクシャルマイノリティ可)

条件を読んでいるとどんなおうちか想像できて楽しくなってきますよ♪

ワーキングホリデー用の保険ならAIG損保

2、シェアハウスの利点、欠点

シェアハウス、楽しいこともいっぱいあったけれど、嫌なこともあったな・・・と筆者も思い出します。シェアして暮らすことの良いこと、悪いことを思い付くままに考えてみました。

利点
・いろいろな人に出会え、英語環境が作りやすい
・不動産手続きもなく、手軽に住む場所を決められる
・自分でアパートを借りるより安く済む
・住居以外にもシェアメイトに助けられることも多い

欠点
・いろいろな人が集まっているので、きれい好きのレベルもいろいろ、それでも共同生活だから我慢しないと・・・
・自分のために買った食品がなぜか誰かに食べられ、なくなる
・気の合わないシェアメイトに関わらないようにしたいがどうしても一つ屋根の下では会わないわけにもいかない
・シャワーやトイレも共有だからタイミングが難しい

思い出すのは、細々としたトラブルですが、中には悪質なトラブルもあるのだそう。例えば、
・親切すぎる男性オーナーが実は、交際できる女性を探しているようだ
たいてい、個室に鍵をかけられるようになっているので、プライバシーは守られるのですが、オーナーさんがどんな方か、そして他のシェアメイトとうまくやっていけそうか、事前にインスペクション(下見)をしてから決めましょう。

・家賃の計算が杜撰
決められた家賃の日にキャッシュで手渡しで家賃を払う、というカジュアルな支払い方が一般的なだけに、その分自分がしっかりしていないと、家賃の支払いがうやむやになってしまっては大変!家賃のレシートを作ってもらったり、自分でも記録して管理すると良いでしょう。

・いつも自分ばかりが掃除や片づけをしている
シェアハウスによっては、お掃除当番のようなものがハウスルールとして決められているところもあります。人によってきれい好きかそうでないかの基準はいろいろだからこそ、きちんと役割分担したいものですよね。筆者は、シャワールームやトイレが共同なのがつらかった思い出があります。そのお掃除分担もまた窮屈なことも。自分のお掃除ペースで過ごしたい人は、トイレ、バスルームが別になっている形式のシェア生活が良いと思います。

 共同生活だから、楽しいことも嫌なこともあるけれど、今思い返せば、全部良い経験です!筆者の場合は、ワーキングホリデー時代は、シェアハウスで同じくらいの年代の人とわいわい一緒に住んでいましたが、やはり、疲れている時などは一人の時間が欲しいときもあり、やがて、2ベッドルームのアパートを二人でシェアする、という形態に移行していきました。いろいろな「おじさん」とシェアしましたが、トイレもバスルームも別々でしたし、生活時間も違っていたので、なんとも快適でしたよ。
自分のお好みのオーストラリアライフに従って、素敵な共同生活を楽しんでくださいね!

<関連サイト> スカイプ英会話を探すなら! | オンライン英会話比較360°


トップへ戻る